FC2ブログ

Pure Digital Audio

デジタルオーディオ、ホーンスピーカー、真空管アンプによるピュアオーディオシステム

A3000の音

あー、本当に良い音だ。(エージングも進んで、低音のキレも良くなってきたみたいだ)

全ての点で 『 ちょうど良い HiFi 感 』 と言ったらよいだろうか。

高忠実度?過ぎるアンプだとどうも耳が疲れるし、音楽が楽しめなくなってしまう。

そうでない耳にやさしい忠実度のアンプと言うのが有るのは以前からわかっていたが、
今まで聞いたそういったアンプは、例えばセパレーションが悪いとか、
低域のキレが悪いとか、高域が出ないとか、何かほかの理由でダメな場合が多かったのだが、
A3000に関してはそういう他のマイナス面を感じない。

全ての点で合格点なのだが、どこか過剰に頑張っているところが有るわけではなく、
全ての点で程よい合格点なのだと思う。

ものすごく気に入った。

(A3000でも出力管が8045Gだと硬い音になるそうだ。僕はKT88がぴったりだった。)

fc2blog_2019061311052368d.jpg

  1. 2019/06/24(月) 22:38:52|
  2. システム解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

理想的なオーディオの音

前からずっと思っているんだけど、理想的なオーディオの音って、

  隣の部屋で聞こえる音がきれいな響きで穏やかで耳にやさしい落ち着く音
  その音にひかれてオーディオルームに入っても耳にやさしいきれいな音
  ボリュームを上げると各楽器が綺麗に分離して聞こえてHiFiな感じになる

といった感じだと思う。正直なところ、隣の部屋で聞いていた方が音の良し悪しがすぐわかるくらいだ。(気持ち良いか悪いかと言う本能で聞くからだと思う。)

パワーアンプをA3000に変えてから正にこういう感じの音に変身した。大満足。
ホーンシステムはアンプが貧弱だとなかなかこういう鳴り方をしてくれない難しいシステムだ。
(うるさい感じになりがち)

今オーディオルームの隣の部屋でPCに向かって記事を書きながら聞いているが、空間的な音の広がりが凄く美しい良い音だ。ピアノがその部屋にあるみたいな感じ。

-
名称未設定-3

  1. 2019/06/22(土) 14:36:08|
  2. システム解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今のブロック図

LUXKITのA3000が、ヘッドホンで聞いてもホーンを鳴らしてもまぎれもなく今まで聞いたすべてのパワーアンプの中で一番となった。

しばらく聞きこんだら一段と良くなったような気がする。

僕が理想とする、『ラジオの様に聞きやすくて、良く聞くとHiFi 感が凄い。』

をほぼ満足していて、
ほとんど100点と言っても良いぐらいだと思うが、あえて弱点を探すと低音の歯切れよさと、高域のきらめくような輝きが若干トランジスタアンプに負けるかなと言うくらいだ。

でもこの弱点は非常にわずかで、この程度なら電源ケーブルを強力なのに変えれば改善されるかもしれない。
全体のハーモニーと言う点では無敵だ。

一気にクオリティーが上がったので、僕もびっくりしている。

block111.gif


  1. 2019/06/16(日) 23:23:11|
  2. システム解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

A3000でホーンを鳴らしてみた

LUXKITのA3000

予想以上に良い音でびっくり。
いままでどこかうるさい感じもあったホーンが全く綺麗に鳴っている。
(今思えば、トランジスタアンプでも無帰還アンプでもちょっとうるさい感じだったんだな。)

電源入れた直後は低音もいまいちだったし、分解能もホール感もいまいちだったが、
1時間くらい鳴らしこんだら、今までで一番の美しい音になった。
FPB350Mも温まるまで時間かかるんだよね。

ホールの広がり感も素晴らしいし、楽器のきれいさも素晴らしい。
音楽が楽しくてしばらく聞きこんでしまった。とにかくうるさくない上に楽器が綺麗に鳴っている。
やっとウーハーとホーンが綺麗につながって境目を全く感じなくなった。

JBLのホーン用に作ったのではないかと思うほどの相性の良さ。
これでジャズ喫茶も名曲喫茶も開けそうだ。

これを基準に、もう一歩キラッとする部分が有ったら最高かな。頑張ろう。

unnamed (1)

  1. 2019/06/15(土) 16:18:44|
  2. システム解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今のブロック図

DACのデジタル回路の電源が改善したら、アンプはL-07MⅡの方が良くなった。
音の分解能が高いので音がピュアで細部までよく聞き取れるし、空間表現も十分だ。
アンプが超高分解能でも音が破たんしないくらい、デジタル部での音のまとまりが良くなったって事の様だ。

これを超える様に真空管アンプを改善しよう。

block110.gif

  1. 2019/03/25(月) 23:05:49|
  2. システム解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今のブロック図

DMX-R100とDMX-E3000の間に、SPDIF iPurifier も使うとさらに良くなる事が分かった。
楽器の立体感や空気感が良くなって音が3次元的に広がる感じ。

DACU-500 は音の密度を上げて無駄な音を無くしてピュアにしてくれる感じだが、SPDIF iPurifierは音をより3次元的にしてくれる感じ。どちらも素晴らしい。手放せない。

さらに、デジタル部が凄く進化したので、パワーアンプをとっかえひっかえ聞いてみたが、久しぶりにEL34 P.P. アンプが復活した。真空管アンプらしく音が緻密で充実しており、立体感や空間表現も素晴らしくなった。以前は立体感や空間表現が足りないと思っていたのだけれど、実はデジタル部の問題だったんだね。

block109.gif


EL34-1-190216.jpg

EL34-2-190216.jpg

EL34PP-circuit.gif

このアンプは、電源部に強力なコンデンサーアレーとフィルムコンが山ほど入れてある。真空管アンプでもコンデンサーアレーは有効だ。特に出力段用は左右のchで分けてあるのが効いていると思う。真空管アンプとは思えないダイナミックでキレのあるハイスピードな音だ。

スペースが有ればもっとコンデンサー入れたいのだが、セパレーションの良さから考えるとまあ足りているのかなとも思える。もう少しいろいろと手を入れる価値が有ることが判って良かった。TANGOのFW-100は素晴らしいトランスなんだね。これと2A3 P.P.アンプを改善していこう。

EL34-3-190216.jpg


TANGO-CA.jpg


  1. 2019/02/15(金) 22:55:30|
  2. システム解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今のシステム図

DMX-E3000の電源を内部のスイッチング電源ではなく、外部のシリーズ電源にした。
音は素晴らしい深みのある音になった。

block107.gif

  1. 2019/02/03(日) 00:13:49|
  2. システム解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホーンをガンガン鳴らしてみた。

ホーンをガンガン鳴らしてみた。

綺麗な音で大満足。特にクラシックの綺麗さが今までと全然違う。ピアノのリアル感が素敵。

隣の隣のキッチンで料理中の奥さんからも、うるさくない綺麗な音だからいやじゃないとお墨付きをもらった。(今までオーディオ鳴らすと文句言われたんだけどね。)

これなら、ジャズ喫茶も名曲喫茶も開けそうだな。

クロスオーバーの設定もいろいろいじって、450Hzが良い事を確認。このウーハーは大口径だけど軽量コーンなので、結構中音まで綺麗に出てる。あまりクロスオーバーを下げずに使った方が良い事が分かった。

fc2blog_20181229133058d79.jpg


下の写真は 6227B の内部。シンプルで部品も良さそうで良い感じ。Sprague のデッカいコンデンサーが嬉しい。やっぱり良い音は良い部品からだね。オーディオは物量が大事だと思うな。こういう良い電源は最近の製品には無いね。古い物を探すしかない。残念だが。。。あとは自力でLED電源でも作るかだ。 6227Bを少し高めの電圧にして、それ+LED電源が一番良さそうだな。

少しトランスの唸りがケースに伝わって音がするが、ゴムマットに乗せて鉛を置けばほぼ聞こえなくなった。

6227B-1.jpg

6227B-2.jpg

  1. 2019/01/27(日) 20:10:30|
  2. システム解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年末年始の成果

デジタル部も随分すっきりした。
DMX-R100の置台を別のデスクにしてもっとスッキリさせる予定。

あと、早めにやりたいのはDMX-E3000の電源の変更だな。
どう見てもスイッチング電源だから、どうしてこれで良い音が出るのか不思議だ。
だが、今まで聞いたDACの中で一番良いのは確か。

僕はハイレゾ対応機器は音が悪いと思っているから、それを実証してくれた感じだ。
ハイレゾ対応にするにはどうしてもICを高集積化しないといけないし、ディスクリート部品で
回路を組むことも難しくなる。チップ部品は嫌いだ。

音質を取るか、ハイレゾをとるかって選択だと思う。44.1KHzを極めないでハイレゾやDSDなんぞやったって、ちゃんちゃらおかしいって事だと思う。

PCM :44.1KHzの音質を極めるなら、昔のIC(PCM63Pみたいな)に戻れって事なんだな。昔のバーブラウンのDA専用チップに戻れって事かも。それが真のハイグレード(ハイレゾではない)オーディオだ。

そういう事が出来ないならオーディオはアナログに戻った方が良いよ。アナログは判りやすかったからね。

もう能書きだけのデジタルオーディオのマーケッティング戦略にだまされるのは嫌だ。

DMX-E3000の電源をシリーズレギュレーターに変えればきっと大変身してより繊細な音になるに違いない。(困っているのは、DMX-E3000のサービスマニュアルが見つからないこと。。。まあ、電源だけなら回路を追えばわかるけどね。)

楽しみだ。究極の44.1KHzになると思う。

system190106.jpg

system190106-2.jpg

system190106-3.jpg


  1. 2019/01/06(日) 18:50:50|
  2. システム解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いやー、すごい!

夜になってしっかり聞いてみたけど、やっぱりすごい!こんな音がするんだと感動する事しきり。

はっきりクッキリでDレンジがメチャクチャ広くて、低音も歯切れ良いし中域も綺麗な音だし、かつ高域も繊細。曇りが無く、どこかに引っかかっている感じが全くない。音がスーッと流れて消えていく場所をしっかりとらえることが出来る。

デジタル系を磨けばここまで行くのかとびっくり。。。驚いたとしか言いようがない。

night-Huukei.jpg

  1. 2018/12/30(日) 23:28:59|
  2. システム解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DMX-R100 復活!

良かった! いろいろやったら復活した。
リチウム電池の交換とIF375基板の電源コネクタを抜き差ししたら直った!

IMG_5687.jpg

立ち上がらなくなる前にタイムコードのエラーが出ていたので、おそらくタイマー系の不良も有るなと目星をつけ、日時を保持しているRTCのバッテリーを疑った。CPU基板にリチウム電池が乗っていて簡単に交換出来た。電源を再投入するとBIOSの設定モードになって、日時が設定できる。PCに慣れた人なら簡単。

さらに電源投入時にパネルにあるLEDが全部点灯するような状態だったから、リセットが上手くかかっていないと思われた。3.3Vの電源の電圧も測ったが、3.33Vだったから特に異常なし。OSも立ち上がっているので、CPU基板の問題ではなさそうだった。ブロック図を見るとIF375基板がフロントパネルの回路を制御しているので、そこが怪しいとにらんで、電源コネクタをグリグリやったら見事に復活。

良かったー!うれしい! 巨大な粗大ごみを購入してしまったかと思ってひやひやしていた。

このセットはケースがすごく大きい(120cmx70cm)から、電源ケーブルも長いし、その割には電線はあまり太くない。電源トラブルは多そうなセットだね。逆に良く安定して動いているなと感心してしまう。

DSPの乗ったMIX基板(信号の流れを全て制御)がリアのスロットのMBに直結していて、その脇にCPU基板があり、少し離れてパネルやIOの制御をするIF基板がパネルの方に付いている。電源も離れて設置されている。なかなか優れた配置だと思う。パネルもドンと開けられてメンテもしやすい。(スイッチ類のノブがフロントパネルの穴にぴったり入るのもすごいと思う。こんなに大きなケースがゆがまないのが驚きだ。)

後ろのコネクタ類やスロットも上に持ち上げられるようだ。(今晩試しにやってみよう)

良いデザインだと思う。いろんな意味で力作だなー。。。
ソニーがこの手の業務用機器から撤退してしまったのが残念だ。ソニーは短気だからなー。。。別の会社なら十分やれたのではないかな。。。(YAMAHAは頑張ってるもんね。YAMAHAに事業壌渡してしまえばよかったのに、ソニーはそういう事もしないしね。)

Li_Battery.jpg

IF-connector.jpg
  1. 2018/12/25(火) 10:34:28|
  2. システム解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今のシステム図

かなりシンプルになった。
今のところクロスオーバーが出来ないし、ジッターのクリーニングの意味もあって828Xも有った方が良いようだ。

block105.gif

  1. 2018/12/15(土) 23:38:13|
  2. システム解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

L-07MⅡをホーン駆動に使ってみた

L-07MⅡをホーン駆動に使ってみた。

思ったとうりで凄く良い。
中高音がとてもきれいで空間の広がりも良いし、楽器の定位感も良く立体感もいままでで一番だ。
ホーンはアンプが弱いと凄くうるさくなるんだけどそれがほとんどない。
クラシックの弦の音が最高だ。これでジャズ喫茶も名曲喫茶も開けそうだな。

D-70の入力にも iPurifier をいれた。これも凄く効く。 D-70にTOSLINKで繋ぐと音が凄く甘くなるんだけど、それがかなり改善される。

こうすればもしかしたらWORDCLOCKは要らないかとも思ったのだが、聞き比べたらWORDCLOCKの方が良かった。やっぱりジッターを減らすのはいろいろな対策の積み重ねなんだね。



block104.gif




  1. 2018/12/02(日) 16:37:47|
  2. システム解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホーンをガンガン鳴らしてみた。

夏休みなので、このシステム構成でスピーカーをガンガン鳴らしてみたが、すごく良い感じになったねー。今までと全然違う。たかが数万円でこの音の変化は数十万円に相当すると思う。超お勧めだ。

DACの直前にはDACU-500を入れるのがベストで、ノイズ感のまったく無い音にしてくれる。

そして、アクティブなジッタクリーナ―の前には iPurifier を入れるのが良いようだ。理由は判らないが、iPurifierはジッタークリーナーをより活性化してくれるようだ。

さらに、もう一個 iPurifier を買ってTOSLINKのクリーニングもした方が良さそうだ。低音がより締まると思う。(TOSLINKのクリーニングをしたときはもっと低音が締まっていた)

ホーンはシステムの悪い点をすぐに出してくれるとても難しいスピーカーだと思うけど、すごくきれいな音で鳴る様になってきた。うるささがまったくなくて、音楽を楽しめるという点で、やっとジャズ喫茶も開けそうなレベルになったと思う。

僕の理想は下記の様な、HiFi感があるけどラジオの様に聞きやすい音。

(1)ボーカルなど中音が充実していてきれい。人の形が見えるようにフォーカスがぴったりしてる感じ。
(2)ドラムなどパーカッションのアタック音とその残響がしっかりしてる
(3)ピアノやギターなどの楽器の立体感がある
(4)ホールトーンが綺麗に回り込む。楽器の音と分離して聞こえる。
(5)ウッドベースが弾けるような軽さがある
(6)重低音

これが実現出来るのは大型ホーン+大型軽量コーンのウーハーしかないと思っている。

かなり理想に近づいてきたのは間違いない。

さらに名曲喫茶も開けるレベルまで頑張りたい。もう一歩だと思っている。
デジタル系は理想に近づいたように思うので、ケーブルや電源系をブラッシュアップした方が良いと思う。

まあ、一番変えなきゃいけないのは部屋なんだけど、まあそれは当分無理だなー。。。

block101.gif
  1. 2018/08/17(金) 13:07:58|
  2. システム解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ifi オーディオの SPDIF iPurifier の使い方

DACU-500はDACの入力に入れたままで、ifi オーディオの SPDIF iPurifier をMOTU828Xの入力に入れたら凄く良い感じだ。

一瞬、凄く大人しい音になってしまったかと思ったのだが、よく聞くと音像は大きいし、刺激的な音はしない(混変調が無い感じ)し、細部は聞き取れるし、音楽が凄く楽しく聞ける。これはすごい音なのではないかと思う。

MOTU828Xはなかなか優秀なジッタークリーナーなのだと思うが、 SPDIF iPurifier でより良くなった感じ。

僕が目指しているのは、HiFiでありながらジャズ喫茶や名曲喫茶の様なアナログ的な音なので、もしかしたらそのレベルに到達したのかもしれない。

block101.gif
  1. 2018/08/09(木) 00:06:04|
  2. システム解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

cocoパパ

Author:cocoパパ
 30年前の本当に楽しかったオーディオを取り戻しませんか?自分でいろいろなことをやってみて、どんどん良い音を探していた楽しいオーディオを。最近は色々な技術がメーカーのノウハウになってしまって、ちっともオーディオがたのしくありません。自分で作り上げられる楽しいオーディオを取り戻しましょう。


また、
オーディオは総合技術・芸術だと思っています。スピーカー、アンプ、音源(PCやD/Aコンバータ)、電源、部屋、音楽など全てがうまく整って初めて良い音で鳴るようになります。一朝一夕に実現出来ることではありません。


つまりオーディオほどハードルの高い趣味は無いと思います。車と違い、いくらお金を出しても買ったとたんに良い音がでることはまずありません。いかに使いこなすかは買った人ががんばるしかありません。そんな事に役に立つノウハウを書いていけたらと思っています。
  
ここでは、私が知ったいろいろなノウハウを公開したいと思っています。

FC2カウンター

カテゴリ

DMX (21)
システム解説 (310)
アンプ (146)
真空管アンプ (104)
クロスオーバー (60)
スピーカー (87)
ノウハウの集大成 (37)
ポリシー (38)
電源回路/アイソレーション (60)
音の比較/技術解説 (45)
Voyage (23)
ケーブルなど (19)
その他 (42)
音楽ソース (15)
SDトランスポート (29)
再生ソフトなど (12)
ジッターについて (42)
アナログ (6)
独言 (5)
蓄音機 (6)
周波数特性測定 (8)
車 (2)
未分類 (18)
企画倒れシリーズ (1)
FireFace (9)
DAC (120)
直感アンプ塾 (28)
ヘッドホン (24)
ネットオーディオ (91)
クロック (48)

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード