Pure Digital Audio

デジタルオーディオ、ホーンスピーカー、真空管アンプによるピュアオーディオシステム

KBLの電源コネクタ

とりあえず、電源ユニットの出力電圧を調べた。
どうやら電源はゼナーダイオードとパワートランジスタだけのシンプルな物のようだ。
  
  1N5369 と1N5360
  F15030 と F15031

本体側の放熱器に付いたパワートランジスタも同じだった。

fc2blog_20170226232153566.jpg

fc2blog_201702262321583df.jpg


 


  1. 2017/02/26(日) 23:28:10|
  2. アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KBLの電源

KBLの電源ユニットと本体の電源部の写真。

Webで調べたら、電源ユニット内に2段のレギュレーターが入っており、さらに本体の基板上に1段のレギュレーターが入っているそうだ。

 ±77V ---> ±58V ---> ±48V ---> 本体へ ---> ±44V

と降圧しているそうだ。

実機を測ったら、±49Vくらいの電圧が本体の基板上に来ていたので、記事の内容と合っている。
本体に来ているのは、それだけなのか?

こんな昔から多段レギュレーターが有効だと言う事を知っていたんだね。びっくり。 さすがKRELL。

今日も音を聞いてみたが、やっぱりこいつはすごく音が良い。音がしっかりと高密度になる感じだ。



この写真は電源ユニット。左右chで分かれているのかと思ったが違うようだ。。。?

KBL-PS1.jpg

左下のDC電源コネクタから繋がって、ここいら辺りが本体基板上のレギュレーターのようだ。本体に来ているのは±48Vだけなのか? レギュレーターを左右のチャンネルで分けて、まっすぐに各chのアンプに供給しているようだ。

KBL4.jpg
  1. 2017/02/22(水) 23:08:54|
  2. アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

名プリアンプ: KRELL KBL を入手

プリアンプ: KRELL KBL を入手。(写真には写っていないが電源ユニットが別にある)
KRELL 中期のプリアンプの中で最も人気があり良いと言われるプリアンプ。 『KBL』 とは、KRELL BALANCED LINEの略。
KRELLファンとしてはこれ以外には考えられない感じだ。

オークションで動作未確認のものが安く出ていたので、一か八か修理覚悟で入手してみた。
意外なことに何事も無く動作してくれたし、ボリュームも高そうなアッテネーターでガリもなく、音も素晴らしい。全く手を入れる必要性を感じない。(念のため通電前に蓋を開けてチェックしたらねじが1本落ちていて、危なかった。フロントパネルに基板を止めているねじだった。)

多分業者さんは振ったら音がしたので、通電しなかったんでしょう。正解でした。皆さんもオークションでアンプなど買ったときにはまず振ってみるのが良いですよ。今までに何度かそれで助かっている。

プリアンプにこだわった理由は二つあって、

  (1)本当にプリアンプを入れた方が音が良いのか?
  (2)DACとの接続はバランスとアンバランスのどちらが音が良いのか?

まず、(1)についてだが、確かに入れた方が音の品位が上がる感じだ。ガサツな感じが減ってきれいな音になる。特に高域。
また、(2)については、アンバランスの方が圧倒的によい。

世間一般ではバランスの方が良いと言う事になっているようだが、私はいままで何十回もバランスとアンバランスを比較しているが一度もバランスが良いと思ったことは無い。今回それに最終結論を出そうと思って実験してみたが、やっぱりアンバランスの方が良かった。おそらく、バランスだと正負の出力がツイストペア線で伝送されるから正負の信号がお互いに殺しあうことになるんでしょう。大人しいつまらない音になってしまう。

Webを調べていたらこんな記述もあった。どちらが良いか、自分の耳で客観的に感じ取る必要がありそうだ。

  『デジタルマスタリングの第一人者といわれるバーニー・グランドマン氏が使用される機材は、
   音が良いとの判断から全てアンバランス接続で統一され、チューニングされているそうです。』

オリジナル文は下記だそうだ。いずれにせよ、アンバランスが良くないという事ではないのが分かる。

  『多くの回路やデバイスを通れば、それだけ音質が落ちてしまいます。
  だから、できるだけシンプルにシステムアップしています。このスタジオは、実はすべてアンバランス接続なんですよ。
  通常のバランス接続にすると、それぞれの機材の間で抵抗値をそろえるためにトランスを介さないといけません。
  それによる音質の劣化をさけるために、エンジニアがすべての機材を改造して、アンバランス接続でシステム構築しています』

バランスはむしろ取り扱いが難しいと言う事だと思う。シンプルなアンバランスが良さそうだ。

最初DACとプリをバランスで繋いでいたときは、音が穏やか過ぎてプリを入れない方が良いと思ったのだが、アンバランスにしたらプリを入れた方が良い事が分かった。

一方、プリアンプの出力はバランスでも変わらないようだ。おそらく出力インピーダンスが極端に低いのでしょう。スピーカーでも駆動できるほどだそうだ。プリアンプの役割が分かった気がする。今度ヘッドホンを駆動してみようと思う。

   『プリアンプ』の意味は、『プリ駆動力アンプ』という意味なんだね。

素晴らしいプリアンプだと思う。使い道が無ければ動作確認してからオークションに出そうと思っていたのだが、定着しそうだ。

KBL1.jpg

KBL2.jpg

KBL3.jpg


  1. 2017/02/20(月) 23:38:14|
  2. アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プリアンプは高度な双方向ノイズフィルター か?

セパレートアンプを使う真のオーディオマニアの皆様は、必ずプリアンプを使わないと音が整わないとおっしゃる。

私の様なデジタルなオーディオマニアは機能的に無くてもよい物は取ってしまえと考えがちなのだが、最近思っているのは、パワーアンプという究極のノイズ発生源たるアナログ機材に、繊細なデジタル機器であるDACの出力を直接繋ぐのはいかがなものかと思うようになってきた。

という考えに至ったのは、デジタル系でもノイズをいかに減らすかが音を改善する最大の課題であることが分かってくるにつけ、アンプからのノイズがDACに伝わるのは良くないと思うし、またアナログアンプでもノイズによる時間的な変調(アナログジッターと呼びたい)が起きているに違いないと思っているからだ。

実際音を聞いていても、時間的な揺らぎによる音の悪化がどういうものか判ってきたように思っていて、電圧的な歪は耳はほとんど聞き分けられないけど、時間的な揺らぎは耳にすごく不快に(うるさく)聞こえると思っている。

良いDACと良いパワーアンプの組み合わせで聞く音は音量を上げてもうるさくない。音色や好みがどうこう言う以前の問題で、うるさくないのだ。

DACにパワーアンプからのノイズを伝えないという点と、パワーアンプでのノイズによる時間的な変調(アナログジッターと呼びたい)をどうやって減らすかを考えると、DACとパワーアンプを直結するのは得策ではない様に思えてきた。

プリアンプを入れてアンプの段数が増えることによるデメリットを嫌うか、DACとパワーアンプを直結してノイズの影響を嫌うかの究極の選択の様に思えてきた。(もちろん良質なプリアンプでないとダメなのは明白だが)

だが、多くの真のオーディオマニアの先輩方がプリアンプを入れないとダメだと仰っているから、多分それが正しいのだと思う。おそらくプリアンプは高度な双方向ノイズフィルターになっているのだと思う。そう考えるとプリアンプの役割が明確になる。

プリアンプっていう名前が意味不明でいかんよな。 『シグナルコンディショナー』って言えば意味が分かるのに。
良質なプリアンプを手に入れて実験してみるしかないなー。。。


  1. 2017/02/16(木) 22:04:58|
  2. アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

X350 vs FPB350M の続き

DACの電源を改良して、アンプの音の聞こえ方が変わったので再度ヘッドホンで比較してみた。
かなり差が無くなってきたなー。

X350はFETだからだと思うけど、中高域のきれいさが際立つ。FPB350Mはモノラルだからだろうが、セパレーションが凄く良い。FPB350Mの方が少し重心が低くダイナミックな感じだが、それ以外はかなり差がなくなってきた。

X350の方がソースの差をはっきり出すのかもしれないね。今回ソースが良くなった分音質の差が少なくなったってことだと思う。

項目X350FPB350M
低域の豊かさ
低域の歯切れよさ、充実感
中低域の豊かさ
中域の滑らかさ、きれいさ
高域のきれいさ
アタック音の鋭さ、充実感
空気感、臨場感
楽器の立体感
フォーカスの良さ
セパレーション



fc2blog_20161220194838371.jpg



FPB350M1.jpg






  1. 2017/01/25(水) 22:31:04|
  2. アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

X350 vs FPB350M

今日は、X350でホーンを駆動し、FPB350Mでウーハーを駆動して聞き比べてみたけれど、やはりFPB350Mでホーンを駆動した方が良いなー。楽器の立体感、音場の広がり感が全然よい。不思議だねー。何が違うのかねー。



X350は調整をしてから発熱も以前ほどでなくなったし、少しどこかに引っかかったような音だった中高音ものびのびと鳴る様になったので、FPB350Mと比べてどっちが良いか本当にわからなくなってきた。だが、音の個性は全く違っていて、一聴してその差は誰にでもわかると思う。FPB350Mはモノラルだからその分有利な面が多いかな。

X350はストレートで素直できれいな音で鳴っているし、FPB350Mはダイナミックで臨場感たっぷりに鳴っている。

比較するとこんな感じ。明日、X350でホーンを鳴らしてみよう。(調整以前はあまり良い音ではなかったのだが)

項目X350FPB350M
低域の豊かさ
低域の歯切れよさ、充実感
中低域の豊かさ
中域の滑らかさ、きれいさ
高域のきれいさ
アタック音の鋭さ、充実感
空気感、臨場感
楽器の立体感
フォーカスの良さ
セパレーション



fc2blog_20161220194838371.jpg



FPB350M1.jpg






続きを読む
  1. 2016/12/29(木) 16:47:40|
  2. アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PASS X350 調整

X350 は、本来の音が出ていない様に感じたので、理由を探ってみた。

内部の部品配置はいたってシンプルで良い感じ。調整もしやすい。信号入力、電源、出力FETへの接続が最短で繋がっている。PASSさんの設計思想を感じる。

FPB-350とは対照的に、どでかいトランスが1個と どでかいコンデンサーが6個も使われている。

Webで見ても回路図などの情報がまったくないので調整方法が判らなかったが、手探りで何とか判明。 
このアンプは発熱が大きいので、1時間くらい通電してから調整を開始する。

オフセットが500mV くらいあったので、どのトリマーがそれの調整用か探った結果、小さな基板上のトリマーがそれと分かった。一つはプラス側のオフセット、もう一つがマイナス側のオフセット。スピーカー端子のプラス端子、マイナス端子それぞれが対Gndで0Vに近くなるように調整して、最後に片側のトリマーを調整して±端子間が0Vに近づく様に調整する。

バイアスの調整法は、よく見たら基板上に書いてあったね。しかも基板上で調整のための電圧が測れる親切設計。楽ちんだ。それぞれ(4か所)のテストポイントの電圧が175mVに近づく様に各トリマーを調整するだけ。

調整個所はこれだけだ。
トリマーの調整は結構微妙なので、慎重にちょっとづつ動かす必要がある。グイと回すというより少しづつ力を加えて押す感じ。

これらの調整で音は全く別物になって、ベールが完全に剥がれた感じ。これが本来の音だね。かなり好みの音に変貌。

ダイナミックさも申し分なくなったし、空気感も立体感も良くなった。終段がMOS-FETなので高音はとても滑らかで、こちらの方がベターだな。FPB-350の方がのびのび感は上だ。

X-350は、劣化しそうな部品は無いので、調整が重要でしかも結構ナーバスな感じだね。ちょこちょこ調整しないとダメそうな気がする。マニア好みなアンプか。

このシリーズをお持ちの方は是非お試しを。びっくりしますよ。:-) 
 (ただし、自己責任でお願いします。当方は一切責任持ちませんので。)

週末にFPB-350といろいろ比較してみよう。楽しみだ。









  1. 2016/12/20(火) 19:51:02|
  2. アンプ
  3. | コメント:0

FPB-350M の内部

トルキスドライバーを仕入れて、内部を覗いてみたが、とてもきれいだ。
トランスの大きさが凄い。モノラルアンプならではの配置かな。

構造もシンプルで良いね。このアンプすごく気に入っている。長い付き合いになりそうだ。

音は、ダイナミックではっきりくっきり、且つ滑らかできれい。この両方が成り立っているアンプは初めてだ。

このアンプは FPB-350M なんだけど、CAST入力(電流入力)が付いているから、オプションで付けたものなのでしょう。FPB-350MC と同等と思われる。おそらく後期製の物でしょう。

FPB350M1.jpg

FPB350M2.jpg

FPB350M4.jpg

これに負けないモノラル構成の真空管アンプを作ってみたいものだ。
やっぱりトランス命だよねー。。。

  1. 2016/12/18(日) 13:30:49|
  2. アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

A級アンプとAB級アンプの音の違い

前記事で、アンプの音を実際に聞いて感じたことを下記の様に書いたが、

  『 A級アンプをいくつか聞いてみてわかってきたのは、A級は音の細部までよく聞き取れるのでついボリュームを上げて聞いてしまう。一方AB級は音の輪郭の再現性が良いので、音楽の雰囲気を味わうには良いが、細部は滲む傾向がある。』

A級はどんな時も±の2つの素子で駆動しているので、波形が大きい時の方が音が滲みやすく、それに対しAB級は波形が大きい時は一つの素子で駆動するから、小さい音は滲みやすくて、大きな音の輪郭ははっきりするんだと思う。

続きを読む
  1. 2016/12/14(水) 22:58:44|
  2. アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最強のヘッドホンアンプ登場

最強のヘッドホンアンプ登場。:-)

  KRELL FPB-350M


A級のモノラルアンプのペア。1個ずつなら一人で持てる限界の大きさ・重さだ。 2個並ぶと、X350が小さく見える。
  
音は、雄大で力強くディテールの再現性が素晴らしく良い。すごいねーやっぱりこのクラスは全然違う。当分これがリファレンスになるのは間違いない。
  
A級アンプをいくつか聞いてみてわかってきたのは、A級は音の細部までよく聞き取れるのでついボリュームを上げて聞いてしまう。一方AB級は音の輪郭の再現性が良いので、音楽の雰囲気を味わうには良いが、細部は滲む傾向がある。
  
このアンプは、暴れがちなホーンスピーカーも上手く抑えて綺麗な音で鳴らしてくれる。ホーンを駆動するには緻密な音のA級の方が良いようだ。(そう言えば、我が家の真空管アンプもA級だった。)
  
最近、我が家のシステムの弱点がパワーアンプであることが判明したので、改善を急いでいた。このアンプを入れてハッキリ判ったのは、イノキーさんのDACが他のDACより一段と良く聞こえる様になったこと。やっぱりどこかに弱点があると他の機器の評価が難しいんだよね。これくらいの音のレベルのパワーアンプを使わないとイノキーさんのDACの評価は難しいって事でもある。
  
ヘッドホンも最高の音で鳴っているが、スピーカーもやっと全体が一つで鳴っている感じがする。ユニットを単体で買ってきて組み上げるマルチは本当に難しい。どこか一箇所でも弱点があると一つのスピーカーとして鳴らなくなってしまう。
  
やっとスピーカーから基準となる様なイケてる音が出る様になったので、次は何をしようかな? システムの質を落とさずに小型化・安価化していく方法を考えるのも面白そうだ。
  
  1. 2016/12/11(日) 20:10:11|
  2. アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マークレビンソンやらKRELLやら、良さげなアンプが有るねー。

オークションで探すと、マークレビンソンやらKRELLやら、良さげなアンプが有るねー。
  
2000年前後のアンプが、当時の定価の1/5くらいが目安だなー。
  
それに比べるとAccuphaseは高すぎるね。いくらなんでも定価の1/2は高すぎる。
  
だけど、実際買うならモノラルアンプを2個にしたいね。ステレオアンプだとこのクラスのアンプは50~60Kgあるから、とても一人では運べない。モノラルアンプなら1個は35Kg位だし比較的小型だ。それが私の腰が運べる限界だ。ヘルニア再発が怖い。
  
X350は60Kgあるから平台車で移動させるしかない。手で持ち上げての移動は全く不可能だ。X350は勢いで買っちゃたけど、その手のステレオアンプは怖くて2度と買えないな。。。
  
MarkLevinsonNo335L.png
  1. 2016/12/08(木) 22:33:11|
  2. アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

パワーアンプを物色中

パワーアンプで恐ろしく音が変わるので、やっぱり良い物を探してくるしか無いようだ。

ACCUPHASEも良いんだろうが、意外に中古品が高価でありがたみが少ないなー。
20年位前の物でも定価の50%くらいで取引されている。ちょっと高すぎるなー。

マークレビンソンとか、KRELLとか探してみるかなー。

  1. 2016/12/05(月) 00:09:08|
  2. アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

X350 vs P-600 低音駆動対決

X350 vs P-600 低音駆動対決 をしてみた。
中高音は真空管アンプに固定して、低音の駆動のアンプを切り替えて試聴してみた。

これに関しては想像どうり、X350が断然よかった。P-600は低音の量感は良いが、少しキレが甘い感じで、一方のX350はキレが良く、どの音程でもはっきり分離して聞こえる。深い所から湧き上がってくるような感じで、やはりX350の低音駆動力はダントツだ。これに勝てる低音駆動アンプは当分出てこないような気がする。(P-600の低音駆動力も定評あるはずなんだけどね)

このX350、ダンピングファクターは30だそうだ。低音駆動力とダンピングファクターは何の関係もないというのが証明された。私が思うに、低音駆動力とはエネルギーの供給能力の事だと感じる。我が家では特に軽量コーンのツイン大口径ウーハーだから、切れの良い低音を出すには、それに負けないエネルギーを瞬間的に供給する事が必要なんだと思う。(回路の内部抵抗値とは少し意味が違うと思う。回路だけでなく電源トランスの大きさなどを含んだファクターで評価しないとダメなんでしょう。)

一方、P-600はホーンを駆動させると最高だ。抑えが聞いて実にきれいな中音を奏でてくれる。高音もすごくきれいだ。言う事ない。

低音:X350 中高音:P-600 の組み合わせが今の我が家では最高の音だ。

アンプでこんなに音が変わるなんて不思議だが、我が家のスピーカーは自分が想像する音の理想を追求してパーツを決めているので、それを駆動するにはアンプ選びが大変なんだと思う。最近やっとスピーカーが良い感じで鳴る様になってきた。

ACCUPHASEの ”A-” シリーズがFET駆動だし、A級で評判も良いみたいだから試してみたくなってきたなー。

X350-3.jpg


  1. 2016/12/03(土) 23:30:53|
  2. アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

P-600 の Low Impedance 駆動用スイッチ

P-600には、低インピーダンスの負荷駆動用の切り替えスイッチがあって、切り替えると1Ω負荷まで駆動出来るそうで、何を切り替えているのかと思ったら、終段の電源電圧を下げてパワートランジスタが過負荷にならない様にしているそうな。

音的にどっちが良いのかと思い切り替えてみた。もしかしたら低インピーダンス用の方が良いのかな?と思ってやってみたのだが、期待に反して高インピーダンス用の方が良かった。まあ、電源電圧が高いほうがダイナミックレンジ的に良いってことですかね。。(ヘッドホンのときの負荷は、今は2.5Ωになっている。)

もしかしたら低インピーダンス用の電源はエージングされていないってこともあるかもしれないが。。。

あとやってみたいのは、ホーン駆動時に入れている分圧抵抗が現在5Ωなんだけど、それを2.5Ωまで下げること。これはそのほうが良いと思うんだけどなー。。。

P-600.gif


  1. 2016/12/02(金) 23:00:03|
  2. アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

P-600 vs X350

ヘッドホンで比較してみたが、やはり印象は同じで、P-600 は繊細さでは多少劣るがノビノビした感じ(立体感や空気感)で聞きやすい。一方X350は中高音の細部がとても綺麗で、音量を上げて細部に聞き入ってしまう感じだ。B級アンプとA級アンプの違いがベースにあると思うが、X350のディテールの再現力と低音駆動力はずば抜けて素晴らしい。

それぞれ個性が有って素晴らしいが、ホーンを駆動するとP-600に軍配が上がるのは、ノビノビした感じのおかげかと思う。スピーカーとの相性が有るのだろう。暴れやすいスピーカーだとX350の方が抑制のきいた綺麗な音を聞かせてくれるのだと思う。

今週末にP-600とX350の低音駆動競争をしてみるつもり。楽しみだ。
我が家の低音スピーカーは軽量コーンの大型ウーハーなので、X350の方が抑えが効いて良いかと思うが。

fc2blog_20161121144753585.jpg

20160831194003243.jpg

  1. 2016/11/30(水) 16:32:48|
  2. アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

cocoパパ

Author:cocoパパ
 30年前の本当に楽しかったオーディオを取り戻しませんか?自分でいろいろなことをやってみて、どんどん良い音を探していた楽しいオーディオを。最近は色々な技術がメーカーのノウハウになってしまって、ちっともオーディオがたのしくありません。自分で作り上げられる楽しいオーディオを取り戻しましょう。


また、
オーディオは総合技術・芸術だと思っています。スピーカー、アンプ、音源(PCやD/Aコンバータ)、電源、部屋、音楽など全てがうまく整って初めて良い音で鳴るようになります。一朝一夕に実現出来ることではありません。


つまりオーディオほどハードルの高い趣味は無いと思います。車と違い、いくらお金を出しても買ったとたんに良い音がでることはまずありません。いかに使いこなすかは買った人ががんばるしかありません。そんな事に役に立つノウハウを書いていけたらと思っています。
  
ここでは、私が知ったいろいろなノウハウを公開したいと思っています。

FC2カウンター

カテゴリ

システム解説 (294)
アンプ (140)
真空管アンプ (99)
クロスオーバー (60)
スピーカー (87)
ノウハウの集大成 (37)
ポリシー (38)
電源回路/アイソレーション (58)
音の比較/技術解説 (45)
Voyage (23)
ケーブルなど (19)
その他 (41)
音楽ソース (15)
SDトランスポート (29)
再生ソフトなど (12)
ジッターについて (42)
蓄音機 (6)
アナログ (5)
独言 (5)
周波数特性測定 (8)
車 (2)
未分類 (15)
企画倒れシリーズ (1)
FireFace (9)
DAC (116)
直感アンプ塾 (28)
ヘッドホン (24)
ネットオーディオ (91)
クロック (48)

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード