Pure Digital Audio

デジタルオーディオ、ホーンスピーカー、真空管アンプによるピュアオーディオシステム

完全分離6電源方式 FN1242A4パラ 完全ツインモノDAC

部品も揃った。



こういう配置かな。



前からやりたかった事を全て実施。シンプルを極め、ノイズとジッターを元から絶つ。

• 全てのステージの電源を完全に絶縁して分離。ノイズとステージ間の干渉を削減。六電源方式。

• DAIも含めて完全ツインモノ化して、信号線を短くするとともに、DAIの負荷を軽くし、I2Sの波形を整えてジッターを減らす。

• 電源の流れを最短に水平にし、信号の流れを最短に垂直にし、電源ラインと信号の干渉を無くし、さらに電源トランスを極力基板から離す。

• コンデンサアレーにファインメットビーズを組み込みにし、ノイズを元から絶つ。


  1. 2014/09/27(土) 18:15:32|
  2. DAC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

完全分離6電源方式 FN1242A 4パラDAC用電源トランス

電源トランスが来た。
なかなか良い感じだ。



  1. 2014/09/25(木) 09:03:16|
  2. DAC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

完全分離6電源方式 FN1242A 4パラDAC DAI

完全分離6電源方式 FN1242A 4パラDAC用のDAI基板: WM8804基板も2枚手配中。

WM8804-kiban.jpg

FN1242A 4パラDAC基板とその部品は手元にあるので、あとはショットキーダイオードとコンデンサーアレーと三端子だな。バスバーも手ごろなのが無いかな? 秋月と海神無線に買出しか。

ショットキーダイオード      12個
5V 3端子              4個
3.3V 3端子            2個
保護ダイオード          12個
大容量コンデンサー       36個
中容量コンデンサー       30個
小容量コンデンサー       42個
ACインレット(ヒューズ付き)   1個
ワイヤー               適量
バスバー
XLRオス               2個
ファインメットビーズ        適量

  1. 2014/09/22(月) 00:01:37|
  2. DAC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

完全分離6電源方式 FN1242A 4パラDAC 用電源

完全分離6電源方式 FN1242A 4パラDAC 用に電源トランスを6個手配した。色々探したが、これが安いし良さそうだ。 大きさも結構でかいし、重さも0.4Kgあり、2次出力が2A取れるから十分だろう。

電源トランス

基板トランス


基板トランス-spec

DAI基板も手配中。電源回路は3端子でディスクリートで作るかな。コンデンサアレーを使えば、電源回路はあまり関係ないように感じる。むしろグランドや+ラインの引き回しをどうするか。銅板のバスバーでも使うかなー?


  1. 2014/09/20(土) 23:43:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

完全分離6電源方式 FN1242A 4パラDAC

マルチの低音用に、FN1242A 4パラDAC第2弾の製作を始めた。

今までで最高のDACを目指して、電源を徹底的に分離する。
DAIも2系統にし、完全分離6電源方式。

ブロック図はこんな感じ。

DAC系統図4

低コストに完全分離電源にするには、コストパフォーマンスの良いトランスを探すのが必須だ。
こんなのが使えそう。

  基板用電源トランス

これなら安く済むな。
  1. 2014/09/15(月) 23:26:50|
  2. DAC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再度マルチに構成し直した。(今のシステム図)

すばらしい分圧抵抗(TDO RSN2S)が手に入ったので、スピーカーをマルチに再構成。

やはり中高音がすばらしくなった。瑞々しくて深みがある。ヘッドホンで聞いたときと同じだ。
普通のゲインのパワーアンプでホーンスピーカーを駆動するなら、この抵抗は必需品だ。

高品質で低ゲインのホーン(ヘッドホン)専用アンプを用意出来ない限り、この抵抗無しではマルチシステムはありえない。分圧しないで普通のパワーアンプを超高能率のホーンスピーカーに繋いだらどうなるかは、ちょっと考えればわかること。。。質の良い分圧抵抗としてはこれが最高だ。

ずいぶん時間がかかったが、
低ジッターのデジタルプレーヤー、最高のデジタルチャンネルデバイダー、4パラツインモノDAC、全段分離電源パワーアンプ、最高の分圧抵抗。ここまで追い込んでやっとマルチの真価が発揮できる。ただマルチにしただけでは音は良くはならない。この抵抗の価値は計り知れない。

このレベルのクオリティーがマルチのスタートラインだ。そうでないならネットワークを工夫して使ったほうが良い。

次は、
低音用のDAC、低音用全段分離電源パワーアンプを製作しなくては。

block58.gif


  1. 2014/09/13(土) 22:30:47|
  2. システム解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

TDOのRSN2S抵抗は最高だ! ヘッドホン用分圧回路その4

TDOのRSN2S(3.3Ωと1Ω)が届いて早速聞いてみたが、これは素晴らしい! 

一言で言うなら、”瑞々しくて深みのある音”。

アクティブなノイズフロアががくんと下がった感じで、気になっていた音のコナコナ感が無く、楽器のディテールもすごい分解能で聞け、ホールトーンの消え入るときの音が素晴らしく長く綺麗だ。バイオリンやシンバルなどの高音も ”かすまずにじまず” 綺麗に聞ける。低音も締りが良く音量も程良い。すべてに言うことなく最高だ。

とりあえずNS-2Bと比べてみたが、圧倒的に良かった。 RSN2Sは特に信号電流をストレートに流すときに効果的だそうだ。

ヘッドホンやスピーカーネットワークの分圧抵抗など信号電流をストレートに流す場合で、クリアで奥行きのある音の抵抗が必要な場合に超お勧めだ。 

抵抗でこんなに音が変わるんだねー。びっくり。 値段も安いし言うことなし。あまり話題になっていないのが不思議だ。

アンプの抵抗を全部これにしたくなった。 あー、やっとAH-D7100でバランスの良い綺麗な音が聞けた。時間かかったなー。 AH-D7100でその最高の音を出すのはかなり難しいんだね。

これでやっと次のテーマに移れる。。。




  1. 2014/09/07(日) 14:16:17|
  2. ヘッドホン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

音の良い抵抗が無いものか?

色々探しても、TDO以外になかなか良さそうな抵抗が見つからないなー。

そもそも抵抗で音が悪くなるって何でなんだろう?誘導性?振動?

これなんか感覚的には良さそうな気がすんだけどね。硬そうだし、無誘導だし。。。

NH-25.jpg

良い抵抗(1オームと4オーム)を自作するとか出来ないのかな?

  1. 2014/09/04(木) 00:03:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヘッドホン用分圧回路その3

色々いじっていて、音の経路に入る抵抗は音をすごく変える、しかも音が粒立った感じ(コナコナした感じ)になることがわかってきた。

ヘッドホン用分圧回路の抵抗がすごく気になってきたので、音の良さそうな抵抗を探していると、引っかかってきたのは、

ビシェイのZ201 TDOのRSN2S

残念ながらビシェイは10オームからしかないし、1本4000円なのでとても使えない。
RSN2Sは70円(100本なら1000円)で買えるので早速手配した。どうかな?

Z201.gif

TDO.gif


  1. 2014/09/01(月) 22:44:11|
  2. ヘッドホン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

JBL: 3160 + トランス式アッテネーター その2

昨日の回路だとトランス式アッテネーターの一次側には50オームの補正抵抗(3160内に有る)が入っているだけなので、アッテネーションの値が正確ではないので変更を加えてみた。

一応基本にのっとって、3160の高域用コイルの後に入っているいくつかの部品(50オームの補正抵抗を含む)をバイパスした上で、トランス式アッテネーターの一次側にインピーダンス補正用の16オーム抵抗をかましてみた。

予想どうり、フラットな感じでHiFi感はあるが、おとなしい感じで色気の無い音に変貌。アッテネーターレベルは-15dBでちょうど良くなった。明らかにオーバーダンピングな、JBLのスピーカーシステムのような音だ。 (念のため申し上げると、私はJBLのスピーカーユニットや部品は好きだが、スピーカーシステムの音は好みではない)

だがこのままでは聞いていて楽しくないので、16オームを24オームに変更してみた。アッテネーションは-16dBでちょうど良くなった。音は、これも思ったとうり良い感じの色気が出てきた。これでちょうど良い感じだ。

スピーカーの音が楽しく聞けるようになった。:-)




  1. 2014/09/01(月) 16:25:13|
  2. スピーカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

cocoパパ

Author:cocoパパ
 30年前の本当に楽しかったオーディオを取り戻しませんか?自分でいろいろなことをやってみて、どんどん良い音を探していた楽しいオーディオを。最近は色々な技術がメーカーのノウハウになってしまって、ちっともオーディオがたのしくありません。自分で作り上げられる楽しいオーディオを取り戻しましょう。


また、
オーディオは総合技術・芸術だと思っています。スピーカー、アンプ、音源(PCやD/Aコンバータ)、電源、部屋、音楽など全てがうまく整って初めて良い音で鳴るようになります。一朝一夕に実現出来ることではありません。


つまりオーディオほどハードルの高い趣味は無いと思います。車と違い、いくらお金を出しても買ったとたんに良い音がでることはまずありません。いかに使いこなすかは買った人ががんばるしかありません。そんな事に役に立つノウハウを書いていけたらと思っています。
  
ここでは、私が知ったいろいろなノウハウを公開したいと思っています。

FC2カウンター

カテゴリ

システム解説 (292)
アンプ (140)
真空管アンプ (99)
クロスオーバー (60)
スピーカー (87)
ノウハウの集大成 (37)
ポリシー (38)
電源回路/アイソレーション (58)
音の比較/技術解説 (45)
Voyage (23)
ケーブルなど (19)
その他 (40)
音楽ソース (15)
SDトランスポート (29)
再生ソフトなど (12)
ジッターについて (42)
蓄音機 (6)
アナログ (3)
独言 (5)
周波数特性測定 (8)
車 (2)
未分類 (15)
企画倒れシリーズ (1)
FireFace (9)
DAC (116)
直感アンプ塾 (28)
ヘッドホン (24)
ネットオーディオ (91)
クロック (48)

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード