Pure Digital Audio

デジタルオーディオ、ホーンスピーカー、真空管アンプによるピュアオーディオシステム

P-600 vs X350

ヘッドホンで比較してみたが、やはり印象は同じで、P-600 は繊細さでは多少劣るがノビノビした感じ(立体感や空気感)で聞きやすい。一方X350は中高音の細部がとても綺麗で、音量を上げて細部に聞き入ってしまう感じだ。B級アンプとA級アンプの違いがベースにあると思うが、X350のディテールの再現力と低音駆動力はずば抜けて素晴らしい。

それぞれ個性が有って素晴らしいが、ホーンを駆動するとP-600に軍配が上がるのは、ノビノビした感じのおかげかと思う。スピーカーとの相性が有るのだろう。暴れやすいスピーカーだとX350の方が抑制のきいた綺麗な音を聞かせてくれるのだと思う。

今週末にP-600とX350の低音駆動競争をしてみるつもり。楽しみだ。
我が家の低音スピーカーは軽量コーンの大型ウーハーなので、X350の方が抑えが効いて良いかと思うが。

fc2blog_20161121144753585.jpg

20160831194003243.jpg

  1. 2016/11/30(水) 16:32:48|
  2. アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

P-600でホーンを鳴らしてみた。

P-600でホーンを鳴らしてみた。

P-600.gif

良い感じだ。初めてトランジスタアンプでホーンが良い感じで鳴っている。
ボーカルなどもきれいだし、クラシックの弦もきれい。ピアノも良い感じだ。空気感が上手く出ている。
真空管アンプと較べると高音はよりきれいだ。中音はもう一歩かな。。。
でも良い勝負だ。もしかしたら上回っているかもしれない。

他のトランジスタアンプでは、ホーンスピーカーは全くうまく鳴らなかったのに、なんでだろうね?

このころのACCUPHASEはパワートランジスタのドライブ段にFETが使われている。
これがこの頃のACCUPHASEの音(アキュトーンと言われるやつ)を特徴付けているんではないかな。
その後の製品の回路図を見るとトランジスタに変わっている。

そんなことと関係があるのかな? 少なくとも私好みな音なのとは関係ありそうだ。
実はホーン愛好家にとっては、この頃のACCUPHASEのパワーアンプは貴重なのかもしれない。

こんな記事もあるね。  BLUE CITY

P-600-diagram.gif

メーカーがどんなスピーカーをターゲットにしてアンプの音造りをするかで変わってくるのかもね。
最近は無味無臭なアンプが多いのは個性の強いスピーカーをターゲットにしているからかな?

それにしてもX-350の発熱はすごい。マジにオーディオルームは暖房が要らない。^_^;

  1. 2016/11/23(水) 13:30:35|
  2. アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

パワーアンプの七不思議

ヘッドホンを繋いで聞く場合、SANSUIのMOS-FETアンプ:B-2102が今まで聞いた中では最高に良い。
音が綺麗ですっきりさわやかな感じだ。

だが、中高音のホーンに繋いだ場合は真空管アンプの方がはるかに明瞭かつきれいな音を聞かせてくれる。B-2102はなんか濁った音になってしまう。X-350も同じような感じ。

何でだろう?私の経験ではホーンスピーカーがトランジスタアンプで上手く鳴った試しがない。何か間違っているのかなー???

また本当は、AKG:K812をB-2102で鳴らしたいのだが、残念ながら繋げない。

小型のヘッドホンアンプもピンとこないし、K812を鳴らすにはバランス型でない(ちょっと古い)良いアンプを探すしかないのかなー。。。困ったものだ。

また、X-350はヘッドホンも中高音ホーンも悪くはないがどちらも今一歩だが、ウーハーを鳴らすと最高だ。歯切れよく、どの音程でも安定してスピーカーを鳴らしてくれる。

不思議だねー。。。

20160807115706642.jpg

続きを読む
  1. 2016/11/12(土) 16:41:18|
  2. アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

X350:冷却ファンを付けてエージング中

X350:冷却ファンを付けてエージング中。
段々に音がハッキリクッキリしてきた。しばらく使われていなかったのかな。

アイドル時でも600W食うんだって。熱いわけだ。

素晴らしい音のアンプだと思う。とにかく音に濁りがない、混ざらない。



  1. 2016/09/02(金) 22:36:03|
  2. アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

往年の名機シリーズ第三弾 PASS X350

定価で100万円以上クラスのアンプの音が聞いてみたくなった。
PASSのX350は当時の定価は150万円。

聞いてみたが、すごくいけてる。音の安定感が凄い。
低音は低音、中音は中音、高音は高音とクッキリ分離して出てくる感じ。音が混ざらない度合いは最高だ。
大きいし、重さ60Kg。アメリカンな物量優先な感じが漂っている。だが、中を見ると思いっきりシンプルだ。好みだなー。

B-2102と較べると、A級らしい?若干穏やか系の音。この辺の感じが好きでないと言う人もいるようだ。(音が熱くないという評価。LUXMANのB-10辺りは熱い音らしい。)

不思議だが、分解能が高い音と穏やかな音は同居できるんだね。

低音用に使うと、我が家の大型ウーハーからやっと切れの良いバスドラの音が聞けるようになった。ボンボンじゃダメなんだよね。

噂どうり、オーブンの様に熱い。シャーシのサイドパネル(分厚いアルミ)にパワーMOS-FETが固定されていて、その外側に放熱器が付いている。凄くシンプルな構造。PASSらしい構造だ。

いくらなんでも熱すぎるので、中の部品がへたっちゃうよ。冷却ファンを考えよう。

今回、X350のほかに、LUXMAN M-10、B-10、Accuphase、MarkLevinson など比較検討したけど、PASSが一番個性的な様だったので、私好みと判断した。

一方で、B-2102 もかなりいけてる事も再認識。B-2102の音は今10万円以下で買えるアンプでは最高レベルだと思う。みずみずしくて美しい中高音だ。ほとんど熱持たないし、入力セレクタもボリュームもスピーカーセレクタもあって、扱いやすい。名器だと思う。

この週末は我が家の2WAYマルチに、真空管アンプ、B-2102、X350 をどう組み合わせると音が良いかやってみる。 
楽しみだ。




  1. 2016/08/31(水) 20:15:06|
  2. アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

HMA9500を入手

往年の名機シリーズ第二段。

オークションでオーバーホール済みの物を入手。基板上のケミコンは全てニチコンのオーディオ用になっている。その他の疲れた部品も交換済み。リレーなども清掃してある。ありがたや。

最初は荒い音だったが、一日エージングしたら良くなった。
実にハッキリクッキリな音。こういうのを押しの強い音と言うらしい。深みも立体感もあるし良い感じ。MOS-FETアンプは素晴らしいね。好みだ。 もう一晩のエージングでもっと良くなりそうな気がする。

B-2102 との比較では、音の綺麗さではB-2102がベターで、ダイナミックさではHMA9500 だな。ウーハー駆動にはこれが一番のような気がする。 HMA9500は構造がシンプルで、メンテしやすいのも良いなー。

どちらも捨てがたい。





  1. 2016/08/11(木) 21:21:33|
  2. アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

SANSUI B-2102

久しぶりにパワーアンプを入手。
サンスイのMOS-FETアンプ:B-2102。 B-210Xシリーズの中では一番良いという噂だ。
昔からサンスイのアンプは気になる存在。 長岡鉄男さんはこのシリーズも愛用していたそうだ。

外観も新品のように綺麗で、ガリなどもほとんど無くとても良い状態。

音も素晴らしい。高音がとても綺麗で、中音は艶が有りかつメリハリが有るので聞いていて楽しい。真空管アンプに近い音だと思う。我が家の真空管アンプと較べると、空気感や立体感では真空管アンプが勝っているが、中高音のきれいさや色っぽさではこちらが上だ。

実はそれほど期待していなかったのだが意外だった。癖のない素直な音だと思う。僕は長岡鉄男さん系の好みなのかもしれない。(昔バックロードホーン作ったしね。。。)

今まで聞いたFETアンプの中でもベストだが、半導体アンプの中でも一二を争う出来だ。 今見ても、デザイン、機能や質感に何の不満もない。どうしてこんなに素敵なアンプを作れる会社が潰れちゃうのかね~。

問題点は、結構大きいのでラックに入らないことだ。困った。どうしよう。。。
他にもいくつか名器と言われる往年のパワーアンプを試してみるつもり。






  1. 2016/08/07(日) 11:58:10|
  2. アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トランジスタアンプと真空管アンプの技術の傾向

  1. 2014/04/28(月) 11:03:40|
  2. アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BRYSTON 4B-ST vs MC368-BSE(2階建て電源)

しばらく出張していたBRYSTON 4B-STが帰還したので、 最近改善著しいMC368-BSE(2階建てチョーク付電源)と比較してみた。

4BST+MC368.jpg

以前は、BRYSTON 4B-STが繊細さではるかに勝っていたが、今は驚くほど似た感じの音で、どちらも素晴らしい。ブラインドで聞いたら区別できそうもない。低域から高域までのフラット感、音の広がり、楽器の立体感、音のきれいさ、どれも甲乙付けがたい感じ。

うれしい。やっとここまで来たんだな。全段独立電源にすれば、いよいよ追い越せるかもしれない。
はっきり判ったのは、トランジスタアンプと真空管アンプで根源的な音の違いは無いって事と電源の重要さだね。


  1. 2014/03/09(日) 22:36:49|
  2. アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BRYSTON 4B-ST vs MC-368BSE

BRYSTON 4B-STの音は何度聞いてもドキッとする。凄くクールで繊細なのだ。今まで聞いたトランジスタアンプは中高域が粒だった感じがあって、それが我慢できなくて真空管アンプに走ったのだけれど、BRYSTON 4B-STにはその粒立ち感はまったく感じられない。むしろ、そのクールさにびっくりする。こんなトランジスタアンプはいままでまったく聞いたことが無かった。HAFLERは想定範囲内の音なのだけれど、それとはまったく異次元の音と言う感じがする。

今回たまたま縁があって手に入れることが出来たが、リファレンスとしては完璧だったと思う。ともすれば暴れがちな真空管アンプの音と完璧な好対照な音だったから。おかげでMC-368BSEを素晴らしい音に改造することが出来た。真空管アンプ同士で比較していたらとんでもない方向に行ってしまっていたに違いない。

リファレンスの重要さを思い知った。ありがたやありがたや。

アンプの音の傾向5


  1. 2014/01/21(火) 23:12:08|
  2. アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

MC368-BSE(改) vs BRYSTON 4B-ST

MC368-BSE(改)の回路や真空管を変更して随分改善したので、しばらくぶりにBRYSTON 4B-STと比較してみた。

MC368-BSE(改)が重厚な感じになり、4B-STもエージングをしてかなり伸びやかな感じになったので、音の傾向の差は驚くほど少なかった。

以前は4B-STを聞いてから真空管アンプを聞くと、荒っぽくて聞き続ける気にならなかったのだが、今回は荒いと言うよりは音の傾向の違いと言う感じ。目指すべき音の方向性は正しいと認識できた。音色的にはこの二つの中間くらいが欲しい感じ。

だが、繊細さや音の透明感ではまだ今一歩負けているようだ。BRYSTON 4B-STはかなり手ごわい。良いリファレンスを手に入れたものだ。

アンプの音の傾向4

Bryston 4BST
  1. 2014/01/13(月) 20:53:10|
  2. アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DACがうんと良くなったので再比較: MC368-BSE vs Hafler P7000 Diablo

DACのレベルがうんと上がったので、パワーアンプの評価基準が変わったように感じる。いままでは少し音が荒かったDACのせいで若干抑え気味の音のアンプが良い評価になっていた。今はその分ニュートラルな音のアンプが評価が良くなってきたと思う。

そこで再度、MC368-BSE(改) と Hafler P7000 Diablo の比較をしてみたが、MC368-BSEが中高音のハッとするキレイさや低音の歯切れ良さでは勝っていた。P7000もかなり良くて、ミッドバスが充実しているのでリアル感や臨場感たっぷりで非常にハイレベルだと思う。中高域はトランジスタアンプでは珍しい(はじめての?)滑らかな音。甲乙付けがたい感じ。

私は、MC368-BSE(最近ドライブ段の6SN7をSYLVANIA製に変えてより曇りの無い音になっている)を越えるアンプを探したいのだが、今のところこれに勝るアンプに出会えていない。なぜこのアンプが音が良いのか理由がさっぱり判らない。。。それが判らないとオリジナルアンプに手を付ける気になれない。。。真空管を交換することでかなり音が変えられることは認識してきた。これも真空管アンプのメリットだね。

mc368-bse.jpg


Hafler P7000

今まで聞いたトランジスタ(FET)アンプの中では最高。手元に置いておきたい数少ないトランジスタアンプだ。

中を見るとコンピュータ基板と間違えるような表面実装部品で、とてもオーディオアンプとは思えない基板。音を聞かなければ捨てたくなるような基板だ。

何か凄い部品を使っているわけではないし、この小さな基板に1ch分のアンプ回路はもちろん、電源回路、プロテクション回路、ファンコントロール回路まで含まれている。あえて特殊な点を挙げるなら、音を悪くする保護リレーは無く電子回路によるプロテクターであることくらいか?解説によるとドライブ段が優れているらしい。この基板でこの音を出す技術は凄いと思う。ファンの音がちょっと気になるので、9505が欲しいが。

残念ながらハフラーは今は営業していない。凄い会社ほど無くなる運命か。。。
比肩し得るアンプは、BRYSTONやCROWNの STUDIO RFEFERNCE 位かな。

P7000-2.jpg


  1. 2013/12/22(日) 01:16:16|
  2. アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

予想外の良音:Hafler P7000 Diablo

JBLの4733を売って少し利益が有ったので、どうしようかと考えていた。

最近、真空管アンプしか持っていなかったので、比較用にイイ感じのトランジスタアンプが欲しいなと思い探していたら、以前から気になっていたHaflerのP7000が安く出ていた。TEACの正規輸入品。

  Hafler P7000

P1500を以前に持っていたのだが、小型ながらくすみの無い爽やかな音が好印象だったので、最上位のP7000を聞いてみたかったから。





P7000.jpg

これが想像以上の良音。低域から高域までバランス良く出ているし、臨場感、空気感、ボーカルのフォーカスも良く、アタックもイイ感じなのに真空管アンプの様な滑らかな音。今まで聞いたトランジスタ(FET)アンプの中でピカイチだ。

伸びやかでかつ滑らかな音はトランジスタ(FET)アンプでは初めて聞いた。中高音の綺麗さ(キラリとする様な)は真空管アンプが上だが、ミッドバスの奥深さはこちらが上だ。このミッドバスはお手本になる。堂々とした雰囲気がMC368-BSEに似ている。

2WAYマルチの低音域にこれを使えば真空管アンプとの繋がりも良いだろう。試してみたくなった。

米国のアンプらしくシンプルな構造で、トランスの巻線から完全ツインモノ構成。好みだ。熱感知の可変速ファンが有るので少し音がするが、まあ我慢出来るレベル。

なかなかオークションにも出ないと思うが、超お勧めだ。9505というタイプが同クラスでファンの無いタイプの様なのでそちらの方が良いかな?
  1. 2013/12/16(月) 15:01:55|
  2. アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

パワーアンプをあれこれ改造中

真空管アンプをあれこれいじくって改造してみた。この2台は真空管はまったく違うが、回路構成はほとんど一緒。ビーム管の3極管結合で、ムラード型の3段構成の回路。初段が2パラなのも一緒。

幾つか改造を施して、2台とも今までで一番の音を出している。ヘッドホンでも惚れ惚れと聞き入ってしまう。

最初はかなり個性の違う2台だったが、今はほぼ同じ傾向の音になった。MC368の方が少し雄大さで勝っているかな。真空管自体の差(6550 vs KT90)はほとんど感じない。

A3700は30年以上前のアンプなのに、基本設計がしっかりしているので、ちょっと改良するといまでも音が通用するし、デザインも惚れ惚れするなー。いかにオーディオが進歩していないかがわかる。

真空管アンプ改善のコツが分かってきた。次に目指すべき音の方向性も見えてきた。

a3700-3.jpg

mc368-bse.jpg


  1. 2013/10/05(土) 22:35:06|
  2. アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

差動アンプの実験セット

このアンプ、中音が実に美しい。今までで最高だ。
重低音とチャンネルセパレーションなどでは他の大型アンプに敵わないけれど、中音はピカイチだ。
各楽器や声の音が混じらずにきっちり分離して聞こえる。なのでパーカッションやブラスのアタック音も素敵だし弦の音も凄くキレイ。空気感や奥行き感も見事。
若干NFBが掛かっているが、にもかかわらずこの澄んだ音は初めての経験。この音が今後の目指すべき中音だな。

真空管アンプはそれぞれ個性があって楽しめる。




完全差動アンプを設計して製作する予定だけれど、その参考回路として仕入れた。ムラード型のオーソドックスな差動回路で、大変参考になる。TANGOの中型トランスと幻の三極管とも言われる6RA8が使われているので音も凄く良い。

やはり良い部品の選定とオーソドックスな設計が重要だと思う。最近良く見かける音楽信号が流れる経路に半導体部品を多用する真空管アンプはどうも好かない。設計技術者の自己満足のように思われる。何のための真空管アンプなのだろう。変な回路を信号経路に入れるくらいなら質の良いトランスやコンデンサーを使ってシンプルな回路にした方が良いと思う。宗教的に受け入れられない感じ。



  1. 2013/09/20(金) 23:43:49|
  2. アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

cocoパパ

Author:cocoパパ
 30年前の本当に楽しかったオーディオを取り戻しませんか?自分でいろいろなことをやってみて、どんどん良い音を探していた楽しいオーディオを。最近は色々な技術がメーカーのノウハウになってしまって、ちっともオーディオがたのしくありません。自分で作り上げられる楽しいオーディオを取り戻しましょう。


また、
オーディオは総合技術・芸術だと思っています。スピーカー、アンプ、音源(PCやD/Aコンバータ)、電源、部屋、音楽など全てがうまく整って初めて良い音で鳴るようになります。一朝一夕に実現出来ることではありません。


つまりオーディオほどハードルの高い趣味は無いと思います。車と違い、いくらお金を出しても買ったとたんに良い音がでることはまずありません。いかに使いこなすかは買った人ががんばるしかありません。そんな事に役に立つノウハウを書いていけたらと思っています。
  
ここでは、私が知ったいろいろなノウハウを公開したいと思っています。

FC2カウンター

カテゴリ

システム解説 (295)
アンプ (141)
真空管アンプ (102)
クロスオーバー (60)
スピーカー (87)
ノウハウの集大成 (37)
ポリシー (38)
電源回路/アイソレーション (58)
音の比較/技術解説 (45)
Voyage (23)
ケーブルなど (19)
その他 (42)
音楽ソース (15)
SDトランスポート (29)
再生ソフトなど (12)
ジッターについて (42)
蓄音機 (6)
アナログ (6)
独言 (5)
周波数特性測定 (8)
車 (2)
未分類 (15)
企画倒れシリーズ (1)
FireFace (9)
DAC (116)
直感アンプ塾 (28)
ヘッドホン (24)
ネットオーディオ (91)
クロック (48)

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード