Pure Digital Audio

デジタルオーディオ、ホーンスピーカー、真空管アンプによるピュアオーディオシステム

気合いが。。。

看病中だった我が家の愛犬ココが日曜日朝に亡くなってしまいました。なんだかやる気が出ない今日この頃です。




  1. 2014/06/23(月) 20:41:21|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今だに納得のいかない音質の差

長年オーディオをやってきて、今だにその原因を理解できない音質の差がある。

(1)電源ケーブルによる音質の差

(2)アンプなどの電源トランスが大きく重い方が音が良い理由

(3)ジッターによる音質劣化はなぜ耳に聞こえ易いのか(歪率は耳はほとんど検知できないのに)

など

恐らく、グランドの質が影響しているのだと思う。グランドとは何かを良く考える必要がありそうだ。

Power-cable.jpg

  1. 2014/06/17(火) 21:14:14|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今後の課題

今後の課題

(1)良いヘッドホンを購入
(2)DACをもう一台作ってマルチに
(3)DAC直結アンプ製作
(4)中高域のネットワーク(N7000)をメンテナンスしてマルチに
(5)パワー管聴き比べ

まずはお金のかからないところで、今週末は(4)(5)をやろう。

アンプのレベルが随分上がったので、スピーカーももう少し良くしたくなってきた。
まずはネットワークの整備。マルチにも再度取り組もう。

N7000.gif

パワー管は、KTー90、KTー120、EL34、6L6がある。キチンと評価出来そうだ。楽しみ。
バイアス調整が面倒くさい。

  1. 2014/05/29(木) 22:02:26|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今後の改善テーマ

さて、真空管アンプの改善が随分進んで、音の響きや広がり、楽器の立体感など本当に素晴らしくなった。
その後真空管も色々入れ替えて試してみたが、今の組み合わせが一番だった。

電源の分離効果は凄いものがある。率直なところ、1電源の真空管アンプを聞いてももう感動しないだろう。

だがだんだんにその音に慣れてくると、もっと高みを目指したくなるもので、困ったものだ。
音の雄大さでは勝っているが、音の繊細さだけは、まだBRYSTONに負けているような気がする。

何が原因かは皆目検討もつかないが、今後も色々やってみるしかないだろう。

改善案としては、

 (1)初段とドライバー段の電源分離: R-COREトランスが在庫切れなので製造待ち。

mullard-circuit8.gif

 (2)整流回路(ダイオード)にファインメットビーズを入れる

 (3)初段をSRPPに??

 (4)初段も完全バランス回路化し、DACチップのバランス出力を直結(オフセット電圧対応)

 (5)中間トランスを入れて結合コンデンサーを無くす

くらいかな? 電気的にはすぐにでもやりたいのだが、なかなかメカ的に手強い改善ばかりだな。。。


  1. 2014/03/04(火) 23:20:53|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メリークリスマス!!

シャンパンとケーキで、今日の使い込みを誤魔化そう。





KT120 巨大で素敵。(^。^)
  1. 2013/12/24(火) 18:29:08|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祝!18万カウント!

たまたま18万カウントをゲット!
嬉しい。かないまるさんのWebの100万カウントを見て凄いなと思ったもんだが、だいぶそれに近づいてきた。もう少し頑張ろう!

18万カウント
  1. 2013/12/05(木) 22:15:07|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

真空管オーディオフェアの巻頭言

真空管オーディオフェアのパンフレットの巻頭言を株式会社マックトンの松本健治郎氏が書かれているのだけれど、その中で、

『次に重要なのはバイアス回路ですが、カソードに大きな抵抗値を入れる自己バイアスは電子の流れが遅延するため、音の切れ込みや抜けが悪くなります。』

と明瞭に書いてあった。

フェアの巻頭言にこういう事が書いてあるのも驚きだが、本当に真空管アンプが好きな方なんだなと変な感動の仕方をした。これを見ただけで、入場料500円払って良かった。

EL34PPアンプの臨場感、空気感が悪いのは自己バイアスのせいの様だ。
一応念のため、結合コンデンサを別の物(なかなかキレイなドイツメーカーのコンデンサー)にして、電源回路にもフィルムコンを加えてみたが、音のキレイさや楽器のリアル感などはさらに良くなったが、臨場感、空気感がイマイチなのは変わらなかった。

これで自己バイアスではダメだと結論付けてよかろう。

それにしても高級な結合コンデンサはSPECの物もAMTRANSの物も5000円前後しているが、いずれ使ってみたい。それらをどう使うか考えないとね。シャーシの中で半田付けするのはどうもはばかられる。。。真空管のようにシャーシの上に見せるようにして交換したいくらいだね。真空管より高価なコンデンサーをどう扱うか。。。

film-con.jpg


  1. 2013/10/14(月) 22:50:44|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

真空管オーディオフェア

楽しく見学はしてきたけど、おじいさんばかりがいる感じがいけないね。頑固者達の自己満足な集まりという感じを受けてしまう。

真空管は最高のデバイスって感じを出さないとねー。。。

こういうオーディオフェアに行って音を聞いても、アンプや機材の良し悪しなんてさっぱり分からなくて、結局スピーカーの良し悪ししか分からない。聞く気にもならない音がほとんど。だが唯一、PARC オーディオの8cmウッドコーンフルレンジが信じられない様なキレイで迫力有る音を出していた。ボーカルや臨場感が素晴らしい。一番良い音だと思った。



それ以外は、やっぱりタンノイがイイとか目的と関係ない感想を持って帰ってきた。真空管アンプは外観を誇示するばかりで、それらしい音は聞けなかったし、音の良いCDソースを売っているのに、安物CDプレーヤーで聞かされても買う気しないし。。。なんのための集まりなんだろう? 真空管マニアには音というより懐古的な雰囲気を味わっていらっしゃる方が多い事も実感した。(あまり長い時間居たわけでも無いので、悪しからず)

部品の販売してたのは面白かった。ソケットに端子が付いたこれはなかなかそそられる。ソケット周りのラグ端子が要らなくなる。

SPECさんの高級な結合用オイルコンデンサもあった。一本5000円。真空管より高いね。良さそうだなー。





  1. 2013/10/14(月) 17:21:11|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祝! 16万カウント達成!

たまたまBlogを見たらピッタリ16万カウントでした。
嬉しくてキャプチャーしちゃいました。

16万

いつも見ていただきありがとうございます。

よくも続いたものだと思います。
今後も自分の興味の有ることだけやっていきますので、よろしくお願いします。

cocoパパ
  1. 2013/09/08(日) 15:54:53|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

デジタルオシロ(Tek:2440)

デジタルオシロの良いのが欲しいなーと思ってオークションを見ていたのだが、ちょっと良いものだと5万円くらいが相場かなと思っていたら、Tektronicsの2440がなんと1万円で出ていた。まさか1万円では落札できないだろうと思ったが、入札してそのまま忘れていたら、なんと落札できてしまった。

”セルフテストはOKで、波形は確認したがジャンク扱い”という微妙な表現に皆さんビビッてしまったようだ。

テストしたら、まったく問題ないみたい。うれしい!!これ昔某社で働いていたころに使っていた物と同じ。すばらしく高性能で使いやすい機材だと思う。自動で校正もしてくれるから手間要らず。帯域300MHzで500MS/Sだから今でも十分使える。当時225万円だって。こんな機材を家で持てるなんて良い時代だ。FETプローブが欲しくなっちゃう。今まで使っていたオシロとは桁違いの性能。

難点はCRTなので発熱があるのとファンがうるさいくらいかな。
良いプローブを持っていないので手配した。

tek2440.jpg

環境は整った感じですね。


  1. 2013/06/20(木) 21:35:55|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

最近の音の好み、今後の課題

FireFace UFX の音はかなりハッキリクッキリ系なので、ホーンの駆動ch(中高域)にはライントランスを入れた。(以前は低高域とも入れていた)トランスはTAMURAのTD-2。

実に滑らかな音になる。クラシックの弦の音に惚れ惚れする。FireFace だけだと音は繊細なんだけどホーンとの組み合わせが少しきつい感じ。レベルもホーンは超高能率なので1/4(ー12dB)で丁度良い。トランスでラインレベルを落とすと音の密度が上がる気がする。

クロスオーバーをFireFace UFX にして、明らかに中低域のメリハリが良くなった。私は機能的にはこの簡易クロスオーバーで十分だし、シンプルな構成になった分、音も良くなったと思う。

次は、AIT LABOの超絶DAを聞いてみたいね。FireFace を使えば外付けDAでマルチも可能なので、試してみたくなる。(^-^)/

block36.gif
  1. 2013/05/30(木) 15:21:44|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

オーディオ部屋

部屋が変わってシステムを少し変えてみたけれど、結果的に音が悪くなった。その理由を考えてみた。原因は機材の置き位置と絶縁トランスにあるようだ。

今までは機材の配置は配線がなるべくすっきりするようにスピーカーの中央に置き、最短で結べるような配置にしていた。今回あえて違う置き方をしてみたが、位置的にもすっきりしなかったし、音もやっぱり悪かった。これはすぐにもとの配置に戻した。私の経験ではアンプ類やデジタル機器はすべて30cm以上は離さないと音が悪いと思う。だからラックマウントは最悪だと思う。理想はオープンエアな機材を床に平置きでダラーンと置くスタイルだと思うが凄く面積が必要で家庭ではなかなか難しいので、3次元的に離して置いている。これは振動以上に重要なファクターだと思う。

それと、今まで200Vから絶縁トランスで100Vに落とした電源でPCやディスプレーを使っていたが、今回は100Vのコンセントに直に繋いでみた。これもダメだった。やっぱりノイズが特に大きいデジタル系には絶縁トランスは必須なんだと実感。新しい部屋だと少し電源配線がメンドクサイのだがしかたない、再度絶縁トランスを入れよう。

Trans1.jpg



  1. 2013/02/03(日) 21:46:58|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オーディオ部屋が移動して良くなったけど、しっくりこない

オーディオ部屋が良い部屋(広くなったし、壁もしっかりして鳴きが減った)に移動できたんだけど、まだ電源周りとかがしっくり来ないなー。
いままで築いてきたものが崩れちゃったみたいで、良くするのに少し時間かかりそうだ。前の構造に近づけよう。
あわてずにゆっくりやろう。慌てるとろくなことが無い。。。


  1. 2013/02/02(土) 23:53:15|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご連絡

メールをいただいた方へ。

すいませんが、返信メールしたのですが帰って来てしまいました。
アドレスが違っているようです。再度ご連絡いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

Cocoパパ
  1. 2012/07/05(木) 13:30:52|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オーディオマニアの分類

オーディオマニアのBlogやWebを見ていて思うのは、いくつかの種類に分類できるなーということ。

(1)デジタル技術派
(2)アナログ技術派
(3)スピーカー追求派
(4)音を追求する派

意外に多いのが(1)と(2)で、技術は凄いんだけど使っている機材を見ると??な事も多い。
技術に関する興味が優先で、良い音を追求するのではないのだなと思うこともしばしば。。。

(3)はスピーカ(超アナログ)に関する興味が優先の方

私は(4)のつもりで、手段としてデジタルが好きだけど、デジタルが絶対だとは思っていない。
目標としてはオーディオ道を極めたい。(お金はないが。。。)

技術にこだわりを持ちすぎると道を誤ると思っている。音が良いなら理屈は要らない。怪しい理屈は大嫌い。

まあ、人それぞれだからどうでもよいことだが。


  1. 2012/06/12(火) 21:54:15|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

cocoパパ

Author:cocoパパ
 30年前の本当に楽しかったオーディオを取り戻しませんか?自分でいろいろなことをやってみて、どんどん良い音を探していた楽しいオーディオを。最近は色々な技術がメーカーのノウハウになってしまって、ちっともオーディオがたのしくありません。自分で作り上げられる楽しいオーディオを取り戻しましょう。


また、
オーディオは総合技術・芸術だと思っています。スピーカー、アンプ、音源(PCやD/Aコンバータ)、電源、部屋、音楽など全てがうまく整って初めて良い音で鳴るようになります。一朝一夕に実現出来ることではありません。


つまりオーディオほどハードルの高い趣味は無いと思います。車と違い、いくらお金を出しても買ったとたんに良い音がでることはまずありません。いかに使いこなすかは買った人ががんばるしかありません。そんな事に役に立つノウハウを書いていけたらと思っています。
  
ここでは、私が知ったいろいろなノウハウを公開したいと思っています。

FC2カウンター

カテゴリ

システム解説 (295)
アンプ (141)
真空管アンプ (102)
クロスオーバー (60)
スピーカー (87)
ノウハウの集大成 (37)
ポリシー (38)
電源回路/アイソレーション (58)
音の比較/技術解説 (45)
Voyage (23)
ケーブルなど (19)
その他 (42)
音楽ソース (15)
SDトランスポート (29)
再生ソフトなど (12)
ジッターについて (42)
蓄音機 (6)
アナログ (6)
独言 (5)
周波数特性測定 (8)
車 (2)
未分類 (15)
企画倒れシリーズ (1)
FireFace (9)
DAC (116)
直感アンプ塾 (28)
ヘッドホン (24)
ネットオーディオ (91)
クロック (48)

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード