FC2ブログ

Pure Digital Audio

デジタルオーディオ、ホーンスピーカー、真空管アンプによるピュアオーディオシステム

TPS7A4700 電源基板

なるほど。出力に5個の10μFの積層セラミックが使われている。こりゃ交換しないとダメだな。

入力側にも10μF50Vの怪しいの(C2)があるな。これも取りましょう。C3(1μF)はノイズ低減用だそうな。これも交換か?

TPS7A4700-2


  1. 2014/04/15(火) 23:11:25|
  2. DAC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<TPS7A4700 電源基板改造 | ホーム | 電源完成>>

コメント

Neu さん
こんにちは。コメントありがとうございます。
はい、発振するかもしれないですね。その時は対策を考えますが、私の経験では発振したことはないですね。デバイス屋さんは全ての回路で安定動作する必要があるので、もっとも安定な回路にしますが、私は私の回路で発振しなければOKなので、やってみてから考える事にしています。もし発振していれば、聞けば直ぐにわかりますから。また、私は ’’能動素子は音を悪くするから、極力使わないかなるべく離して使う” と言うポリシーでシンプルなオーディオを心がけて楽しんでいます。ですので、コンデンサアレーが電池で、安定化回路はそれの充電器と思っています。ですので、コンデンサアレーはDAC回路寄りにないと意味がないのです。実際、音も良いと思っています。私はプロのオーディオ屋さんではないので、フレキシブルな発想で考えています。(^-^)/
  1. 2014/04/16(水) 12:37:25 |
  2. URL |
  3. Cocoパパ #-
  4. [ 編集 ]

発振するかもです

入力、出力のセラコンを取ると発振するかもです。安定動作に必要だから付いているんです。データーシートを見てみてください。
基本的にはデジタル用のレギュレーターはデバイス近傍に配置して高周波ノイズを効率よく吸収させます。そのためには高周波特性の良い小容量のコンデンサーを使います。積層セラがお嫌いでしたら他にあまり選択肢はないですね。あと電解のコンデンサーアレイを入れるならレギュレーターの一次側が良いと思います。
  1. 2014/04/16(水) 01:05:49 |
  2. URL |
  3. Neu #EGTCt1XI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puredigital.jp/tb.php/983-401c4ce6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cocoパパ

Author:cocoパパ
 30年前の本当に楽しかったオーディオを取り戻しませんか?自分でいろいろなことをやってみて、どんどん良い音を探していた楽しいオーディオを。最近は色々な技術がメーカーのノウハウになってしまって、ちっともオーディオがたのしくありません。自分で作り上げられる楽しいオーディオを取り戻しましょう。


また、
オーディオは総合技術・芸術だと思っています。スピーカー、アンプ、音源(PCやD/Aコンバータ)、電源、部屋、音楽など全てがうまく整って初めて良い音で鳴るようになります。一朝一夕に実現出来ることではありません。


つまりオーディオほどハードルの高い趣味は無いと思います。車と違い、いくらお金を出しても買ったとたんに良い音がでることはまずありません。いかに使いこなすかは買った人ががんばるしかありません。そんな事に役に立つノウハウを書いていけたらと思っています。
  
ここでは、私が知ったいろいろなノウハウを公開したいと思っています。

FC2カウンター

カテゴリ

システム解説 (297)
アンプ (141)
真空管アンプ (103)
クロスオーバー (60)
スピーカー (87)
ノウハウの集大成 (37)
ポリシー (38)
電源回路/アイソレーション (58)
音の比較/技術解説 (45)
Voyage (23)
ケーブルなど (19)
その他 (42)
音楽ソース (15)
SDトランスポート (29)
再生ソフトなど (12)
ジッターについて (42)
蓄音機 (6)
アナログ (6)
独言 (5)
周波数特性測定 (8)
車 (2)
未分類 (15)
企画倒れシリーズ (1)
FireFace (9)
DAC (118)
直感アンプ塾 (28)
ヘッドホン (24)
ネットオーディオ (91)
クロック (48)

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード