FC2ブログ

Pure Digital Audio

デジタルオーディオ、ホーンスピーカー、真空管アンプによるピュアオーディオシステム

6DJ8三兄弟

ローノイズで有名な、AMPEREX製 "GLOBE LOGO" 8 point disk getter タイプの6DJ8を入手。ペアで5000円ほどなのでまあまあリーズナブル。これもオランダ製。テクトロオシロから抜いたものだそうで、測定器用の高精度バージョンだな。一番右のが 8 point disk getter タイプ。独特のディンプルの有るゲッターが見える。他はOリングゲッター。

6DJ8三兄弟

早速6DJ8三兄弟で比較してみた。音は 8 point disk getter タイプがダントツ良かった。

手持ちだったAMPEREX製と比べると分解能が2段階ほど素晴らしい。

PhilipsECGと比べると、分解能は同等に素晴らしい上、さらに中低域の歯切れ良さが加わって音の繊細さが一段階素晴らしい。PhilipsECGは、8 point disk getter タイプと比べると少しモッサリして聞こえる。

ナチュラルサウンドって感じ。分解能が高くてオンな感じなのだが、音の広がりと重厚感も良く、楽器の立体感もグー。今までで最高で私好みだ。

うーん、こんなに変わるんだね。びっくり。高級な真空管ってのは何が違うんだろう??
真空管交換はオペアンプ交換より遥かに楽しいね。

次に気になるのはテレフンケン製かなー?ペアで2万円近くするからちょっと無理だけどね。。。こいつで十分な気がする。


  1. 2014/03/11(火) 21:11:42|
  2. 真空管アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<真空管の制振リング | ホーム | BRYSTON 4B-ST vs MC368-BSE(2階建て電源)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puredigital.jp/tb.php/964-9b20a191
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cocoパパ

Author:cocoパパ
 30年前の本当に楽しかったオーディオを取り戻しませんか?自分でいろいろなことをやってみて、どんどん良い音を探していた楽しいオーディオを。最近は色々な技術がメーカーのノウハウになってしまって、ちっともオーディオがたのしくありません。自分で作り上げられる楽しいオーディオを取り戻しましょう。


また、
オーディオは総合技術・芸術だと思っています。スピーカー、アンプ、音源(PCやD/Aコンバータ)、電源、部屋、音楽など全てがうまく整って初めて良い音で鳴るようになります。一朝一夕に実現出来ることではありません。


つまりオーディオほどハードルの高い趣味は無いと思います。車と違い、いくらお金を出しても買ったとたんに良い音がでることはまずありません。いかに使いこなすかは買った人ががんばるしかありません。そんな事に役に立つノウハウを書いていけたらと思っています。
  
ここでは、私が知ったいろいろなノウハウを公開したいと思っています。

FC2カウンター

カテゴリ

システム解説 (297)
アンプ (141)
真空管アンプ (103)
クロスオーバー (60)
スピーカー (87)
ノウハウの集大成 (37)
ポリシー (38)
電源回路/アイソレーション (58)
音の比較/技術解説 (45)
Voyage (23)
ケーブルなど (19)
その他 (42)
音楽ソース (15)
SDトランスポート (29)
再生ソフトなど (12)
ジッターについて (42)
蓄音機 (6)
アナログ (6)
独言 (5)
周波数特性測定 (8)
車 (2)
未分類 (15)
企画倒れシリーズ (1)
FireFace (9)
DAC (118)
直感アンプ塾 (28)
ヘッドホン (24)
ネットオーディオ (91)
クロック (48)

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード