FC2ブログ

Pure Digital Audio

デジタルオーディオ、ホーンスピーカー、真空管アンプによるピュアオーディオシステム

スピーカー改良の方針

スピーカー改良の方針が大分見えてきた。

今の我が家のスピーカーの音を聞いていて思うのは、中音のクオリティーが一番大事だと言う事。
それをもっと良くしたいのだけれど、問題点は、

(1)中音ホーンが500Hzまでしか再生できない。あまり低い方を出そうとすると
   音が悪くなる。

(2)中音ホーン、高音ホーンが能率が高すぎてアンプを程良い音量レベルで鳴らせない

(3)ウーハー(38cm)は低音は良いけれど、中音を出すのは無理。  
   中音を出すと汚い音になる。

クロスオーバー周波数について考えると、ウーハーとのクロスは200?300Hzにしたい。

さてどうするか? こういうことを考えながら、スピーカーの歴史を眺めていた。

   Audio Helitage

良い例としてパイオニアさんを例に見てみると良くわかる。70?80年代は広帯域化を目指し、ウーハーは大きく、スコーカーはほどほどの大きさで(7cmくらいのドームが多い)、大中小の口径を取り混ぜた3WAYや4WAYにするパターンが多い。

しかしその後、それだと中域のクオリティーが良くないと気づき、小口径ウーハーやスコーカー中心の設計に変わっていく事が判る。14cmから20cm程度のウーハーやコーンスコーカーを中心にする事が多くなっていく。

最近の数百万円のハイエンドスピーカーもほぼもれなくその方向だ。
フルレンジに近いコーンスコーカーで中音を充実させ、不足する低音と高音を別のユニットで補っていくと言う考え方だろう。
昔、DiatoneのP610Aという美音で高名な16cm(ロクハン)フルレンジスピーカーユニットがあったが、長年かかってそこに戻っていったという感じか。 歴史は繰り返す、良い物は不変。。。

我が家の改良もその方向にする事にした。14cm?16cmのコーンスコーカーを準備しよう。

新品スピーカを買うことも考えたが、まずは中古で評判の良い2WAY小型スピーカーを買ってくることにした。その方がはるかに安い。

低音も70Hzくらいは十分出ているし、高音もウーハーが3?5KHzくらいまでは出している。
200Hzていどのクロスオーバーは十分可能。良い物を選べばいけそうな気がする。

もしそれでうまく行かないようなら、市販の14?16cmクラスのフルレンジスピーカーユニットを買ってきてそのエンクロージャーに取り付けよう。新品のエンクロージャーを買うより断然安い。

さっそく、Pioneerの "S?UK3"というスピーカーをオークションで手に入れた。6800円ほど。良い物だと思うが、人気が無いらしく低価格。まだ手元には来ていない。

s-uk3

気に入ったのは、設計者がイギリス人だということ、ネットワークがシンプルでウーハーの高域カットはしておらず入力端子に直結になっている、ツイーターはソフトドームでコンデンサーで低音をカットしているだけ、ウーハーが5KHzまで担当しているというほとんどフルレンジに近い構成で癖がなさそうな感じがすること。Netで調べるとなかなか評価の良いスピーカーだ。

ただ、ちょっと心配なのは、この手の小型スピーカーは広帯域化するために超低能率であり、音がどうしてもおとなしい傾向になると思う(唯一例外だなと感じられたのは米国のKLH社のスピーカー)。それが私の好みに合うかどうか。。。まあ、やってみてから考えよう。だめなら能率の高いフルレンジユニットに交換だ。

また、これとはまったく別の方法も考えている。それも面白そうだ。:-)


  1. 2010/11/03(水) 15:27:55|
  2. スピーカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<S-UK3をスコーカーに | ホーム | 我が家のスピーカーのどこを改良すべきか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puredigital.jp/tb.php/94-051f4f38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cocoパパ

Author:cocoパパ
 30年前の本当に楽しかったオーディオを取り戻しませんか?自分でいろいろなことをやってみて、どんどん良い音を探していた楽しいオーディオを。最近は色々な技術がメーカーのノウハウになってしまって、ちっともオーディオがたのしくありません。自分で作り上げられる楽しいオーディオを取り戻しましょう。


また、
オーディオは総合技術・芸術だと思っています。スピーカー、アンプ、音源(PCやD/Aコンバータ)、電源、部屋、音楽など全てがうまく整って初めて良い音で鳴るようになります。一朝一夕に実現出来ることではありません。


つまりオーディオほどハードルの高い趣味は無いと思います。車と違い、いくらお金を出しても買ったとたんに良い音がでることはまずありません。いかに使いこなすかは買った人ががんばるしかありません。そんな事に役に立つノウハウを書いていけたらと思っています。
  
ここでは、私が知ったいろいろなノウハウを公開したいと思っています。

FC2カウンター

カテゴリ

DMX(デジタルミキサー) (33)
システム解説 (343)
アンプ (147)
真空管アンプ (110)
クロスオーバー (60)
スピーカー (87)
ノウハウの集大成 (37)
ポリシー (38)
電源回路/アイソレーション (66)
音の比較/技術解説 (45)
Voyage (23)
ケーブルなど (19)
その他 (42)
音楽ソース (15)
SDトランスポート (31)
再生ソフトなど (12)
ジッターについて (42)
アナログ (6)
独言 (5)
蓄音機 (6)
周波数特性測定 (8)
車 (2)
未分類 (19)
企画倒れシリーズ (2)
FireFace (9)
DAC (138)
直感アンプ塾 (28)
ヘッドホン (25)
ネットオーディオ (91)
クロック (48)

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード