FC2ブログ

Pure Digital Audio

デジタルオーディオ、ホーンスピーカー、真空管アンプによるピュアオーディオシステム

直感アンプ塾: 年末年始音の聞き比べの集大成

年末年始に色々聞き比べた集大成。

とにかく最大の成果は、真空管アンプは初段の真空管の種類や負荷電流を変えると大きく音が変わることを確認できたこと。まったく別のアンプだといっても良いくらい音が変わる。今後”直感アンプ塾”で、この差がどこから来るのか明らかに出来たらうれしい。。。

アンプの音の傾向2

しかも、電流をたくさん流せば良い音になると信じていたのだが、さにあらず。ほどほどの良い電流値が有ることがわかった。初段の6DJ8の負荷抵抗が10KΩの時が音が伸びやかで臨場感/空気感、ステージの大きさも最高だった。

これは新鮮な発見だった。この差はどこから生じるのだろう??

mullard-circuit2.gif


今後、”直感アンプ塾”を行うに当たり、比較基準がないと何をやっているのか判らなくなる恐れがあるので、リファレンスアンプを探していたが、年末に念願のBRYSTON 4B-STが手に入った。(軍資金が底をついたが)米国では最高の評価を得ているアンプ。いままでずっと探していたが、惜しくも入手できないことが数年続き、やっと今回ご縁があってリーズナブルなコストで入手できた。

4B-STは繊細さの極地だ。知的なクールビューティーって感じ。P7000はもう少し真空管アンプに近い楽しい感じの音。どちらも最高クラスだと思う。音楽を聞くならHAFLER P7000の方が楽しい感じだが、今回のリファレンスとしては4B-STがベターと判断。

今後は、BRYSTON 4B-STをリファレンスに、真空管アンプの伸びやかさと繊細さの両立を図る所存。

Bryston 4BST


  1. 2014/01/04(土) 23:36:05|
  2. 直感アンプ塾
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<直感アンプ塾: 回路の解析 その1 | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puredigital.jp/tb.php/909-446dfed5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cocoパパ

Author:cocoパパ
 30年前の本当に楽しかったオーディオを取り戻しませんか?自分でいろいろなことをやってみて、どんどん良い音を探していた楽しいオーディオを。最近は色々な技術がメーカーのノウハウになってしまって、ちっともオーディオがたのしくありません。自分で作り上げられる楽しいオーディオを取り戻しましょう。


また、
オーディオは総合技術・芸術だと思っています。スピーカー、アンプ、音源(PCやD/Aコンバータ)、電源、部屋、音楽など全てがうまく整って初めて良い音で鳴るようになります。一朝一夕に実現出来ることではありません。


つまりオーディオほどハードルの高い趣味は無いと思います。車と違い、いくらお金を出しても買ったとたんに良い音がでることはまずありません。いかに使いこなすかは買った人ががんばるしかありません。そんな事に役に立つノウハウを書いていけたらと思っています。
  
ここでは、私が知ったいろいろなノウハウを公開したいと思っています。

FC2カウンター

カテゴリ

DMX(デジタルミキサー) (33)
システム解説 (342)
アンプ (147)
真空管アンプ (109)
クロスオーバー (60)
スピーカー (87)
ノウハウの集大成 (37)
ポリシー (38)
電源回路/アイソレーション (66)
音の比較/技術解説 (45)
Voyage (23)
ケーブルなど (19)
その他 (42)
音楽ソース (15)
SDトランスポート (31)
再生ソフトなど (12)
ジッターについて (42)
アナログ (6)
独言 (5)
蓄音機 (6)
周波数特性測定 (8)
車 (2)
未分類 (19)
企画倒れシリーズ (2)
FireFace (9)
DAC (138)
直感アンプ塾 (28)
ヘッドホン (25)
ネットオーディオ (91)
クロック (48)

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード