FC2ブログ

Pure Digital Audio

デジタルオーディオ、ホーンスピーカー、真空管アンプによるピュアオーディオシステム

来年もよろしく! 真空管の聞き較べ その2

本年は色々お世話になりました。
また来年もよろしくお願いします。

Cocoパパ



さて、出力管をKT90に変更して聞き較べを継続。

はっきり見えてきたのは、

  (1) KT-90はハッキリクッキリ系、KT-120はどっしり系。どちらも個性が楽しめる。
  (2) FullMusicの12AX7はかなり敏感な球のようで、良い面もあるがナーバスな感じ。(ノイズも拾いやすい)
  (3) 12AX7LPS(Sovtek)は癖が無くてよい感じ。(ノイズも拾いにくい)
  (4) ドライバーはFullMusicの6SN7が癖が無く、クリアで広帯域で使いやすい。
  (5) 初段には低電圧で電流を流せる6DJ8が音がシルキーで良い。

ということ。

KT-90.jpg 



組み合わせ5: ベースはMingDaのMC368-BSE
  出力管: KT-90 (Jinvina)
  ドライバー管: 6SN7 (FullMusic)
  初段: 12AX7 (FullMusic)
 
  非常に明瞭な音で、曇りの無さは一番。だがちょっと高域寄りな音。
  もうすこし穏やかな方が良いな。

組み合わせ6: ベースはMingDaのMC368-BSE
  出力管: KT-90 (Jinvina)
  ドライバー管: 6SN7 (FullMusic)
  初段: 12AX7LPS (Sovtek)

  これが一番バランスが良い感じ。中低域は文句なし。高域が今一歩キレイさが欲しい。
  やっぱり初段は6DJ8の方が良いようだな。

ここまでやって、初段は低電圧大電流の6DJ8の方が良いことを確信したので、MC368-BSE を改造した。

組み合わせ7: ベースはMingDaのMC368-BSE
  出力管: KT-90 (Jinvina)
  ドライバー管: 6SN7 (FullMusic)
  初段: 6DJ8 (Amperex)

  文句無い音になった。中高域の滑らかさが素晴らしい。
  手持ち部品で改造したので、もう少し低音側を改善できるように思う。KT-120との組み合わせも
  期待できる。
 
 EL34
プッシュプル
組み合わせ
組み合わせ
組み合わせ
高音のキレイさ、滑らかさ◎ 〇 〇+
透明感(背景の静かさ)
楽器のディテール(リニアなDレンジ)〇 ◎ 
奥行き感、空気感(空間表現)〇 
低域の歯切れ良さ、充実感〇 
音像(ステージ)の迫力(音の厚み)◎ 
音のメリハリ指数(-5~+5)+2


  1. 2013/12/31(火) 19:46:26|
  2. 真空管アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<真空管の聞き較べ その3 | ホーム | 真空管の聞き較べ>>

コメント

正昭さん
今年はかなり劇的に変化しました。v-221
また来年もよろしくおねがいしまーす!
  1. 2013/12/31(火) 21:42:11 |
  2. URL |
  3. Cocoパパ #-
  4. [ 編集 ]

実験が進んでいますね

素晴らしいDACをお世話頂き有り難う御座いました。

来年が「良い実験結果が得られる」年になりますように!
  1. 2013/12/31(火) 21:02:43 |
  2. URL |
  3. 正昭 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puredigital.jp/tb.php/904-fb685a6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cocoパパ

Author:cocoパパ
 30年前の本当に楽しかったオーディオを取り戻しませんか?自分でいろいろなことをやってみて、どんどん良い音を探していた楽しいオーディオを。最近は色々な技術がメーカーのノウハウになってしまって、ちっともオーディオがたのしくありません。自分で作り上げられる楽しいオーディオを取り戻しましょう。


また、
オーディオは総合技術・芸術だと思っています。スピーカー、アンプ、音源(PCやD/Aコンバータ)、電源、部屋、音楽など全てがうまく整って初めて良い音で鳴るようになります。一朝一夕に実現出来ることではありません。


つまりオーディオほどハードルの高い趣味は無いと思います。車と違い、いくらお金を出しても買ったとたんに良い音がでることはまずありません。いかに使いこなすかは買った人ががんばるしかありません。そんな事に役に立つノウハウを書いていけたらと思っています。
  
ここでは、私が知ったいろいろなノウハウを公開したいと思っています。

FC2カウンター

カテゴリ

DMX (21)
システム解説 (306)
アンプ (146)
真空管アンプ (103)
クロスオーバー (60)
スピーカー (87)
ノウハウの集大成 (37)
ポリシー (38)
電源回路/アイソレーション (60)
音の比較/技術解説 (45)
Voyage (23)
ケーブルなど (19)
その他 (42)
音楽ソース (15)
SDトランスポート (29)
再生ソフトなど (12)
ジッターについて (42)
アナログ (6)
独言 (5)
蓄音機 (6)
周波数特性測定 (8)
車 (2)
未分類 (18)
企画倒れシリーズ (1)
FireFace (9)
DAC (120)
直感アンプ塾 (28)
ヘッドホン (24)
ネットオーディオ (91)
クロック (48)

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード