FC2ブログ

Pure Digital Audio

デジタルオーディオ、ホーンスピーカー、真空管アンプによるピュアオーディオシステム

真空管アンプ改善プロジェクト

本格的に真空管アンプの改善に取り組もうと思う。
これをやらないとオリジナル回路を作っても判断基準が無いから自己満足に終わるだけで意味が無いことに気が付いた。

今我が家で最高に音が良い ”MC368-BSE改”と2番目の ”EL34PP”の音の違いを突き詰めて、同じレベルまで改善すること。 EL34PPは音の滑らかさが少し劣るんだよね。その理由が知りたい。

トランスなどの主要部品は同じレベルだと思うんだよね。。。何か回路的な差が在るのだと思うのだが。

mc368-bse.jpg

fc2blog_20131026235244377.jpg

まず2台の差が何があるか考えてみた。

  MC-368BSE        EL34PP
回路方式ムラード型ムラード型
出力トランスオリジナルTANGO FW-100-5K
出力管KT90EL34
3結YesYes
バイアス/プレート電流固定/40mA固定/40mA
位相反転6SN76FQ7
初段12AX7 2パラ12AU7 2パラ
結合コンデンサオリジナルASC
チョークトランス無しTANGO
整流方式両波倍電圧
整流ダイオードノーマルファストリカバリ
シャーシアルミ
重量35Kg25Kg
部品配置手(直)配線ラグ板

うーん、あまり差を感じ無い。。。(もちろん部品は違うがレベル差があるようには感じない。)

この中で、差があるとすれば、手(直)配線と鉄シャーシかな?重いのは良いことだよね。S/NはむしろEL34PPの方が良いのだが、私の経験だとS/Nが良いと音が良いかというとそうでもないと思う。 グランド引き回しを変えて試してみるかな。ちょっと気になる部分がある。

それと電源周りにファインメットビーズを入れてノイズを抑えてみるか。それが最初かな。。。


  1. 2013/12/10(火) 23:50:03|
  2. 真空管アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<真空管アンプ改善プロジェクト: NFBによる音の差が判った | ホーム | ファインメットビーズの効果: 出来れば避けて通りたいソース>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puredigital.jp/tb.php/888-dc8c8ece
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cocoパパ

Author:cocoパパ
 30年前の本当に楽しかったオーディオを取り戻しませんか?自分でいろいろなことをやってみて、どんどん良い音を探していた楽しいオーディオを。最近は色々な技術がメーカーのノウハウになってしまって、ちっともオーディオがたのしくありません。自分で作り上げられる楽しいオーディオを取り戻しましょう。


また、
オーディオは総合技術・芸術だと思っています。スピーカー、アンプ、音源(PCやD/Aコンバータ)、電源、部屋、音楽など全てがうまく整って初めて良い音で鳴るようになります。一朝一夕に実現出来ることではありません。


つまりオーディオほどハードルの高い趣味は無いと思います。車と違い、いくらお金を出しても買ったとたんに良い音がでることはまずありません。いかに使いこなすかは買った人ががんばるしかありません。そんな事に役に立つノウハウを書いていけたらと思っています。
  
ここでは、私が知ったいろいろなノウハウを公開したいと思っています。

FC2カウンター

カテゴリ

DMX(デジタルミキサー) (33)
システム解説 (318)
アンプ (146)
真空管アンプ (105)
クロスオーバー (60)
スピーカー (87)
ノウハウの集大成 (37)
ポリシー (38)
電源回路/アイソレーション (66)
音の比較/技術解説 (45)
Voyage (23)
ケーブルなど (19)
その他 (42)
音楽ソース (15)
SDトランスポート (31)
再生ソフトなど (12)
ジッターについて (42)
アナログ (6)
独言 (5)
蓄音機 (6)
周波数特性測定 (8)
車 (2)
未分類 (18)
企画倒れシリーズ (1)
FireFace (9)
DAC (126)
直感アンプ塾 (28)
ヘッドホン (24)
ネットオーディオ (91)
クロック (48)

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード