FC2ブログ

Pure Digital Audio

デジタルオーディオ、ホーンスピーカー、真空管アンプによるピュアオーディオシステム

MC368BSEはなぜ音が良い?

全然関係ないが、真空管オーディオフェアをやっているので明日見に行ってみよう。

しばらくエージングしてみたが、やはりEL34PPアンプやA3700より、MC368BSE(改)の方が音の広がり、空気感が優れている。音のキレイさや楽器のリアル感などはほぼ同じなのだが、音の深みに関わる部分が違う。不思議だ。(EL34PPアンプとA3700ほほぼ同等の音になった)

なんでMC368BSE(改)がそんなに音が良いのだろうか?それを解明しないと先に進めないね。

MC368BSE(改)の回路図を見ても特に優れた部分は感じないし、むしろ貧弱な感じすらする。チョークトランスもないし、ファストリカバリーダイオードでもなく、DC点火でもない。回路もシンプルそのもの。トランスだって日本製と同等では有ってもそれ以上とは思えないし。。。

差が有るとすれば、フィルムコンがMKPタイプ(メタライズドポリプロピレン)で比較的大容量(0.47μF)なのと、電源の電解コンデンサにフィルムコンが抱かせて有るくらいか?うーん、この差か?

それともKT90が優秀なのか?そうは思えないなー。。。

MingDa のアンプは実に真面目に造ってあると思う。

mc368-bse-back.jpg
  1. 2013/10/13(日) 22:28:19|
  2. 真空管アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<真空管オーディオフェア | ホーム | 真空管アンプの改造開始>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puredigital.jp/tb.php/836-182c4f2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cocoパパ

Author:cocoパパ
 30年前の本当に楽しかったオーディオを取り戻しませんか?自分でいろいろなことをやってみて、どんどん良い音を探していた楽しいオーディオを。最近は色々な技術がメーカーのノウハウになってしまって、ちっともオーディオがたのしくありません。自分で作り上げられる楽しいオーディオを取り戻しましょう。


また、
オーディオは総合技術・芸術だと思っています。スピーカー、アンプ、音源(PCやD/Aコンバータ)、電源、部屋、音楽など全てがうまく整って初めて良い音で鳴るようになります。一朝一夕に実現出来ることではありません。


つまりオーディオほどハードルの高い趣味は無いと思います。車と違い、いくらお金を出しても買ったとたんに良い音がでることはまずありません。いかに使いこなすかは買った人ががんばるしかありません。そんな事に役に立つノウハウを書いていけたらと思っています。
  
ここでは、私が知ったいろいろなノウハウを公開したいと思っています。

FC2カウンター

カテゴリ

DMX (29)
システム解説 (315)
アンプ (146)
真空管アンプ (105)
クロスオーバー (60)
スピーカー (87)
ノウハウの集大成 (37)
ポリシー (38)
電源回路/アイソレーション (62)
音の比較/技術解説 (45)
Voyage (23)
ケーブルなど (19)
その他 (42)
音楽ソース (15)
SDトランスポート (31)
再生ソフトなど (12)
ジッターについて (42)
アナログ (6)
独言 (5)
蓄音機 (6)
周波数特性測定 (8)
車 (2)
未分類 (19)
企画倒れシリーズ (1)
FireFace (9)
DAC (120)
直感アンプ塾 (28)
ヘッドホン (24)
ネットオーディオ (91)
クロック (48)

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード