FC2ブログ

Pure Digital Audio

デジタルオーディオ、ホーンスピーカー、真空管アンプによるピュアオーディオシステム

真空管アンプの音の改善

A3700の部品を色々交換して音の変化を楽しんでいる。

真空管、トランス、コンデンサー、抵抗など色々試すべき部品があって楽しい。
今日は1箇所の小容量ケミコンにPPSDコンを抱かせると素晴らしく音が良くなることが判った。高音のキレイさがまるで別物。300Bのアンプとは少し個性は違うが、甲乙付けがたい高音のきれいさになった。

この調子でプッシュプルアンプを極限まで改善してみよう。ここで得たノウハウをDAC用の真空管バッファに活かす。

真空管やトランスや回路方式は問題なさそうなので、まずは電源用の高耐圧ファストリカバリダイオードを発注した。1500V3A。

究極の低ノイズ整流素子:整流管もやってみるか?? R-COREトランスも試したい。。。
システマティックに部品交換を楽しめるようなメカ構造を作れないものか。。。

a3700-2.jpg
  1. 2013/10/03(木) 00:27:13|
  2. 真空管アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<真空管アンプ vs トランジスタアンプ | ホーム | FN1242基板+真空管バッファ+ライントランス>>

コメント

LUXのA3700もかなり素敵です。
ちょっと手を入れるとどんどんよくなります。いまの部品やノウハウでいじくってやると当時より良くなりそうですね。基本的な真空管やトランスはまったく問題ないようなので。LPレコードもったいなかったですね。v-12
  1. 2013/10/04(金) 01:03:02 |
  2. URL |
  3. cocoパパ #-
  4. [ 編集 ]

真空管アンプは改造しやすいので楽しめますよね。
今思えば、大学時代に所有していたLUXMAN MQ60を手放してしまったのを後悔しています。(50CA10)
あの頃はアナログからデジタルへの移行期で、200枚くらいのLPをゴミで処分したのも悔やまれます。こういう経験があるといろいろなものを捨てられなくなってしまうのですよねぇ...
  1. 2013/10/04(金) 00:42:15 |
  2. URL |
  3. kei #N/7Pc.D2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puredigital.jp/tb.php/828-8442facd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cocoパパ

Author:cocoパパ
 30年前の本当に楽しかったオーディオを取り戻しませんか?自分でいろいろなことをやってみて、どんどん良い音を探していた楽しいオーディオを。最近は色々な技術がメーカーのノウハウになってしまって、ちっともオーディオがたのしくありません。自分で作り上げられる楽しいオーディオを取り戻しましょう。


また、
オーディオは総合技術・芸術だと思っています。スピーカー、アンプ、音源(PCやD/Aコンバータ)、電源、部屋、音楽など全てがうまく整って初めて良い音で鳴るようになります。一朝一夕に実現出来ることではありません。


つまりオーディオほどハードルの高い趣味は無いと思います。車と違い、いくらお金を出しても買ったとたんに良い音がでることはまずありません。いかに使いこなすかは買った人ががんばるしかありません。そんな事に役に立つノウハウを書いていけたらと思っています。
  
ここでは、私が知ったいろいろなノウハウを公開したいと思っています。

FC2カウンター

カテゴリ

DMX(デジタルミキサー) (33)
システム解説 (347)
アンプ (147)
真空管アンプ (112)
クロスオーバー (60)
スピーカー (87)
ノウハウの集大成 (37)
ポリシー (38)
電源回路/アイソレーション (66)
音の比較/技術解説 (45)
Voyage (23)
ケーブルなど (19)
その他 (42)
音楽ソース (15)
SDトランスポート (31)
再生ソフトなど (12)
ジッターについて (42)
アナログ (6)
独言 (5)
蓄音機 (6)
周波数特性測定 (8)
車 (2)
未分類 (19)
企画倒れシリーズ (2)
FireFace (9)
DAC (138)
直感アンプ塾 (28)
ヘッドホン (25)
ネットオーディオ (91)
クロック (48)

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード