FC2ブログ

Pure Digital Audio

デジタルオーディオ、ホーンスピーカー、真空管アンプによるピュアオーディオシステム

4733のF特測定その後&F特測定のノウハウ

連休中にだいぶ鳴らして、4733も馴染んできた。ブーミーだった低音がタイトな感じになり、イコライザーも少なくて済むようになった。これぐらいが普通だよね。

4733+EQ-5.gif

4733-EQ4.gif


ところで、
F特の測定の仕方は、皆さんどうやられているのか知らないが、わたしはだいぶノウハウを得てきた。

下図が我が家で4733を1個(ウーハーのみ)鳴らし、スピーカーの前方1mの距離でマイクを固定して測った時の特性。無響室ではないから、コーン紙から出た音、ダクトから出た音、あちこちで反射した音が干渉しあって消しあうのでとんでもないピーク・ディップができる。しかもこのピーク・ディップはマイクを少し動かすと大きく変化(特に中低域)する。原理的には当たり前だよね。しかし、これではまったく実態を表してはいないし測定の意味が無い。ピーク・ディップがスピーカーの特性によるものなのか部屋の特性によるものなのか区別しないといけない。測定の仕方に、幾つかの課題が有ることがわかる。

(1)低域は部屋の空気全体をうまく駆動するためのスイートスポット(詳しくはかないまるさんのWebをご覧ください)があり、1個のスピーカーでは場所を選ばないとうまく鳴らせない。2個なら部屋全体の低音をうまく駆動し易い。

(2)低域は、部屋の特性などの干渉によるピークディップを避けて平均化した測定をしないと意味が無い。

(3)中高域については、各スピーカーの指向性が激しいので、マイクをどのスピーカーの直前に置くかで特性がまったく変わる。これも平均化した測定をしないと意味が無い。

これについてどうやって対処しているかは、次回に。

4733RightOnly1mFix.gif


  1. 2013/05/07(火) 00:40:13|
  2. 周波数特性測定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アナログ改善の奥の手登場 | ホーム | デジタルクロスオーバー: RCD-84>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puredigital.jp/tb.php/723-3821398c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cocoパパ

Author:cocoパパ
 30年前の本当に楽しかったオーディオを取り戻しませんか?自分でいろいろなことをやってみて、どんどん良い音を探していた楽しいオーディオを。最近は色々な技術がメーカーのノウハウになってしまって、ちっともオーディオがたのしくありません。自分で作り上げられる楽しいオーディオを取り戻しましょう。


また、
オーディオは総合技術・芸術だと思っています。スピーカー、アンプ、音源(PCやD/Aコンバータ)、電源、部屋、音楽など全てがうまく整って初めて良い音で鳴るようになります。一朝一夕に実現出来ることではありません。


つまりオーディオほどハードルの高い趣味は無いと思います。車と違い、いくらお金を出しても買ったとたんに良い音がでることはまずありません。いかに使いこなすかは買った人ががんばるしかありません。そんな事に役に立つノウハウを書いていけたらと思っています。
  
ここでは、私が知ったいろいろなノウハウを公開したいと思っています。

FC2カウンター

カテゴリ

DMX(デジタルミキサー) (33)
システム解説 (347)
アンプ (147)
真空管アンプ (112)
クロスオーバー (60)
スピーカー (87)
ノウハウの集大成 (37)
ポリシー (38)
電源回路/アイソレーション (66)
音の比較/技術解説 (45)
Voyage (23)
ケーブルなど (19)
その他 (42)
音楽ソース (15)
SDトランスポート (31)
再生ソフトなど (12)
ジッターについて (42)
アナログ (6)
独言 (5)
蓄音機 (6)
周波数特性測定 (8)
車 (2)
未分類 (19)
企画倒れシリーズ (2)
FireFace (9)
DAC (138)
直感アンプ塾 (28)
ヘッドホン (25)
ネットオーディオ (91)
クロック (48)

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード