FC2ブログ

Pure Digital Audio

デジタルオーディオ、ホーンスピーカー、真空管アンプによるピュアオーディオシステム

4733が来た

オークションで落札した4733が来た。(安かった!)
スペースファクターも良いし、外観は私の好みだ。こういう”ワイルドだぜー”な感じが好きだ。

広帯域で音のエネルギー感が凄い。ユニットの状態はとても良い。

だが、音は結構癖がある。理由はわからないが低域の100~200Hz当たりに凄いピークがあるようだった。とても我慢できないモガモガした音なので、スピーカープロセッサのイコライザーを利用することに。いろいろ試した結果、下図のようにイコライザーするととても素直なF特になり、聞いた感じも良い。(リスニングポジションで測定しているので、高域はだら下がりになる。)今回は周波数特性ソフトでF特を測りながらやった。

今回わかったこと。

(1)ダブルウーハーは基本的には素敵だと思う。音のエネルギー感が凄いし外観もカッコいい!
(2)4733の低域は結構癖がある。エンクロージャの特性か?(ネットワークは使わずユニットに直接配線しているのだが)
(3)イコライザーを使ってF特が平坦になる様にすると、聞いた感じも良い感じになる。
(4)イコライザーは周波数特性測定ソフトと組んで使わないと耳だけで調整するのは不可能だ
(5)イコライジングのコツは周波数特性を延ばす様に使うのではなく、ピークを抑えるようにすると自然に帯域が延びる。(イコライザーでプラスするのではなくマイナスする感じ)
(6)4733内臓の中高音ユニットを仮にツイーターに使っているが、ツイーターとしてはイマイチだ。やはり075が最高だ。高域が繊細になると全帯域の音がきれいになったように感じる。075を使った3WAYは必須かな。。。
(7)PA用で側板は斜めになっているので、容積は思ったより小さいようだ。もう少し容積を大きくしてバスレフを素直な特性にしたい

とりあえずは納得のいくレベルの音だが、まだユニットの性能を活かしきっているとは思えない。これをベースにオリジナルエンクロージャを作らないとダメそうだ。

4733+2350.jpg

4733+EQ-2.gif

4733-EQ.gif


  1. 2013/05/01(水) 20:08:57|
  2. スピーカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<F特測定とイコライジング | ホーム | LVC125 発注>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puredigital.jp/tb.php/717-a40b9f67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cocoパパ

Author:cocoパパ
 30年前の本当に楽しかったオーディオを取り戻しませんか?自分でいろいろなことをやってみて、どんどん良い音を探していた楽しいオーディオを。最近は色々な技術がメーカーのノウハウになってしまって、ちっともオーディオがたのしくありません。自分で作り上げられる楽しいオーディオを取り戻しましょう。


また、
オーディオは総合技術・芸術だと思っています。スピーカー、アンプ、音源(PCやD/Aコンバータ)、電源、部屋、音楽など全てがうまく整って初めて良い音で鳴るようになります。一朝一夕に実現出来ることではありません。


つまりオーディオほどハードルの高い趣味は無いと思います。車と違い、いくらお金を出しても買ったとたんに良い音がでることはまずありません。いかに使いこなすかは買った人ががんばるしかありません。そんな事に役に立つノウハウを書いていけたらと思っています。
  
ここでは、私が知ったいろいろなノウハウを公開したいと思っています。

FC2カウンター

カテゴリ

DMX(デジタルミキサー) (33)
システム解説 (346)
アンプ (147)
真空管アンプ (112)
クロスオーバー (60)
スピーカー (87)
ノウハウの集大成 (37)
ポリシー (38)
電源回路/アイソレーション (66)
音の比較/技術解説 (45)
Voyage (23)
ケーブルなど (19)
その他 (42)
音楽ソース (15)
SDトランスポート (31)
再生ソフトなど (12)
ジッターについて (42)
アナログ (6)
独言 (5)
蓄音機 (6)
周波数特性測定 (8)
車 (2)
未分類 (19)
企画倒れシリーズ (2)
FireFace (9)
DAC (138)
直感アンプ塾 (28)
ヘッドホン (25)
ネットオーディオ (91)
クロック (48)

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード