FC2ブログ

Pure Digital Audio

デジタルオーディオ、ホーンスピーカー、真空管アンプによるピュアオーディオシステム

ジッターに関する資料

こんな資料もありますね。

やはりFPGAなどのロジックデバイスのジッターは100ps単位のようだ。
これはFPGAの話だけれど、一般のロジック回路でも大差無いのではないかなー?

   特定の入力ジッタがある場合の CLKDLL/DCM 出力ジッタの計算方法

   Jitter: Variations in the Significant Instants of a Clock or Data Signal

以下はADCメーカーの話だが、

   高速ADCに対するクロック・ジッタの影響

  ”クロックを「低ジッタ」と呼ぶのは、ほとんど意味がなくなっています。なぜなら、この表現は別の事柄に関心をもつ人々に別の事柄を意味しているからです。プログラマブル・ロジックのメーカーにとっては、30psまたは50psでさえ低ジッタであると見なされるからです。”

と書いてある。これから見えてくるのは、DACやADCが低いジッターのクロックを要求するのに対し、外部ロジックがそれについていけていないと言う実態だろうか。これがそもそもオーディオでジッターが問題になる原因か?

私は今までジッター問題は、

   DDC(DAI) vs DAC

と言う構図かと思っていたが、そうでは無く、

   ロジック回路 vs DAC

の構図らしい。

ところで、ロジック回路でのジッター発生のメカニズムは下図の様な考え方なんだね。これにさらにノイズでスレッショルドレベルの変動が輪を掛ける。。。

jitter7.gif
  1. 2013/01/28(月) 10:57:46|
  2. ジッターについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<出力バッファにパスコン入れた | ホーム | ジッターとノイズは紙一重Ⅲ (ジッターの生い立ちと性質について その4)>>

コメント

rtm_iinoさま
やっとビデオが見れました。情報ありがとうございます。
後半のジッターの話ですよね。玉子のスケジュールの話は面白かった。。。v-221

一般論としては正しくて、DAC側のクロックをソース側に送れるならそれが一番と言ってますね。でもそれではソース側の機器をすべて買い換えなくてはいけないし。。。

最後はESSのコマーシャルでちょっと残念でしたが、我が家のDACもESSの9018ですけど、でもまだ外から来るBCLKの質で音が変わるから、この話はすべて信じる気にはなれないですねー。PLL(ジッタクリーナ)は完璧じゃないけど、ジッタを何分の一かには出来るのだと思います。

やっぱりFIFOでPC側のジッタをDACに伝えないようにするのが一番良いと思いますが。。。

  1. 2013/02/06(水) 15:24:09 |
  2. URL |
  3. cocoパパ #-
  4. [ 編集 ]

rtm_iino さん、ぼんさん
情報ありがとうございます。
見たいのですが、
今週忙しくて良く見れていません。
週末にみてみます。(^-^)/
  1. 2013/01/31(木) 08:21:47 |
  2. URL |
  3. Cocoパパ #-
  4. [ 編集 ]

Youtubeの進化

横ですが、、、rtm_iinoさんご紹介されているYoutube観てて、すごいことに気づきました。
Total viewカウンタの下の「文字起こし」というアイコンを押してみて下さい。音声が文字になってますよ! これで日本語に同時翻訳してくれれば・・・。 そのうち搭載されるでしょうね。
 でもでも、この手の技術系の話は下手に和訳すると意味不明になりますので、英語字幕で十分ですね(^^)
  1. 2013/01/30(水) 23:22:07 |
  2. URL |
  3. ぼん #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

CoCoパパさん

ESSのCTOのRMAFのビデオYoutube見ましたか?
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=JYjHKv2_OqQ
  1. 2013/01/30(水) 16:35:14 |
  2. URL |
  3. rtm_iino #-
  4. [ 編集 ]

高周波のA/Dとオーディオでは考え方が全く違います。
50GHzのサンプリングオシロのA/Dは1pS以下をサンプルしなくてはなりません。
30pSが大きいか小さいかは用途によるという話ですね。

ルビジウムにもジッターは残っています。
PLLで100MHzまで落とした後はDDSやCPLDを使っているからです。
それに時計用途なので目的も違います。

デジタルの階段状の波形をフィルター通して均して聞いているのですからあまり細かい事言っても仕方ないような気がします。
なぜならHDソースの大半は中身が入っていません。
  1. 2013/01/29(火) 09:26:47 |
  2. URL |
  3. rtm_iino #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puredigital.jp/tb.php/652-638c5fa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cocoパパ

Author:cocoパパ
 30年前の本当に楽しかったオーディオを取り戻しませんか?自分でいろいろなことをやってみて、どんどん良い音を探していた楽しいオーディオを。最近は色々な技術がメーカーのノウハウになってしまって、ちっともオーディオがたのしくありません。自分で作り上げられる楽しいオーディオを取り戻しましょう。


また、
オーディオは総合技術・芸術だと思っています。スピーカー、アンプ、音源(PCやD/Aコンバータ)、電源、部屋、音楽など全てがうまく整って初めて良い音で鳴るようになります。一朝一夕に実現出来ることではありません。


つまりオーディオほどハードルの高い趣味は無いと思います。車と違い、いくらお金を出しても買ったとたんに良い音がでることはまずありません。いかに使いこなすかは買った人ががんばるしかありません。そんな事に役に立つノウハウを書いていけたらと思っています。
  
ここでは、私が知ったいろいろなノウハウを公開したいと思っています。

FC2カウンター

カテゴリ

DMX(デジタルミキサー) (33)
システム解説 (342)
アンプ (147)
真空管アンプ (109)
クロスオーバー (60)
スピーカー (87)
ノウハウの集大成 (37)
ポリシー (38)
電源回路/アイソレーション (66)
音の比較/技術解説 (45)
Voyage (23)
ケーブルなど (19)
その他 (42)
音楽ソース (15)
SDトランスポート (31)
再生ソフトなど (12)
ジッターについて (42)
アナログ (6)
独言 (5)
蓄音機 (6)
周波数特性測定 (8)
車 (2)
未分類 (19)
企画倒れシリーズ (2)
FireFace (9)
DAC (138)
直感アンプ塾 (28)
ヘッドホン (25)
ネットオーディオ (91)
クロック (48)

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード