FC2ブログ

Pure Digital Audio

デジタルオーディオ、ホーンスピーカー、真空管アンプによるピュアオーディオシステム

3種のD/Aコンバーターの比較試聴

DAの比較試聴

WZ-DM35+TD-2の音がどのレベルなのか気になって、家に3つあるD/Aコンバーターを比較試聴してみた。

(1)PCM1792による自作完全ツインモノ構成D/Aコンバータ
(2)RAMSA製スピーカープロセッサ:WZ-DM35
(3)MHDT社製HAVANA:ノンオーバーサンプリング+真空管バッファD/Aコンバータ

比較に当たって音量をきっちりあわせて、その差が比較に影響しないようにした。幸い、ライントランスでレベルを合わせているので調整幅は僅か。

まったく違うD/Aだが、周波数レンジやダイナミックさ、空気感・奥行き感などの音の出方はほとんど区別が付かず、びっくりするほど似ている。私の好みで選んで残った3機種だからでしょう。負荷抵抗値も適切な様でよかった。

それでも、音の差が判りやすいソースを探してよくよく聞き込んでみると少し違いがみえてきた。

それぞれの楽器の音の周りの分離の度合いが違う。一番解りやすかったのはユリアフィッシャーのバイオリンだった。各弦の音が交じり合って聞こえるか、分離して聞こえるか。

その点で一番良かったのは(1)で、次に良かったのは(2)だがその差はほんのわずか。(3)はもう少し差が有った。

ちょっと安心した。一番手間ひまかけたD/Aが一番良かったので。それとWZ-DM35とTD-2の組み合わせが予想以上に良かったこと。TD-2はまだエージング中なのでまだ良くなる可能性もあり、(1)と(2)はほぼ同じといってよい。やはりTD-2は素晴らしいトランスだ。コストパフォーマンス抜群。

ますます次のテーマを何にするかが解らなくなった。WZ-DM35より良いスピーカープロセッサは得られそうもない。
  1. 2012/05/03(木) 15:32:54|
  2. システム解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<次のテーマとWZ-DM35+TD-2 のエージング その後 | ホーム | 4ch パッシブプリのエージングその後>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puredigital.jp/tb.php/454-401abb2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cocoパパ

Author:cocoパパ
 30年前の本当に楽しかったオーディオを取り戻しませんか?自分でいろいろなことをやってみて、どんどん良い音を探していた楽しいオーディオを。最近は色々な技術がメーカーのノウハウになってしまって、ちっともオーディオがたのしくありません。自分で作り上げられる楽しいオーディオを取り戻しましょう。


また、
オーディオは総合技術・芸術だと思っています。スピーカー、アンプ、音源(PCやD/Aコンバータ)、電源、部屋、音楽など全てがうまく整って初めて良い音で鳴るようになります。一朝一夕に実現出来ることではありません。


つまりオーディオほどハードルの高い趣味は無いと思います。車と違い、いくらお金を出しても買ったとたんに良い音がでることはまずありません。いかに使いこなすかは買った人ががんばるしかありません。そんな事に役に立つノウハウを書いていけたらと思っています。
  
ここでは、私が知ったいろいろなノウハウを公開したいと思っています。

FC2カウンター

カテゴリ

DMX(デジタルミキサー) (33)
システム解説 (347)
アンプ (147)
真空管アンプ (112)
クロスオーバー (60)
スピーカー (87)
ノウハウの集大成 (37)
ポリシー (38)
電源回路/アイソレーション (66)
音の比較/技術解説 (45)
Voyage (23)
ケーブルなど (19)
その他 (42)
音楽ソース (15)
SDトランスポート (31)
再生ソフトなど (12)
ジッターについて (42)
アナログ (6)
独言 (5)
蓄音機 (6)
周波数特性測定 (8)
車 (2)
未分類 (19)
企画倒れシリーズ (2)
FireFace (9)
DAC (138)
直感アンプ塾 (28)
ヘッドホン (25)
ネットオーディオ (91)
クロック (48)

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード