FC2ブログ

Pure Digital Audio

デジタルオーディオ、ホーンスピーカー、真空管アンプによるピュアオーディオシステム

Ashly

Ashlyのパワーアンプ:FTX-2001 Series3 を手に入れた。
プロ音響用アンプでありながら、大変きれいでクリアなディテールを聞かせてくれるすばらしいアンプ。CROWNともPEAVYともQSCともHAFLERとも違う素晴らしい鳴りっぷり。音がきれいでありながらディテールをはっきり聴かせてくれる。PEAVYの熱い感じの明瞭さやQSCのぶ厚い感じのきれいさとは正反対な、クールで知的に鳴る素敵なプロ用アンプは初めての経験。不思議なことにこのアンプで音楽を聴くと音楽以外のいろいろな音(ミュージシャンのうなり声とか、楽器を叩く音など)がはっきり聞こえてくる。びっくりだ。QSCやPEAVEYのアンプの音を聞いたときもたまげたが、このアンプの音にもびっくりだ。傾向の違いはあれ、トップクラスの音であることは間違いない。


ashly-front

ashly

ただ、我が家のようなマルチ化したJBLのホーンシステムとは相性がどうかなー? スピーカー自体の音がクールだからアンプは少し暖かめの音のほうが良い感じがする。だからJBLのアンプはQSCやUREIのOEMなんだよね。。。Ashlyのアンプは質の良いソフトドームシステムとかを鳴らしたらすごくきれいな音が出そうな気がする。

このクラスの音をオーディオアンプに求めたら50万円では効かないだろう。。。CROWNの様にあまり知られていないけれど(私もつい最近知りましたが)、同クラスのクラウンのアンプよりははるかに良いと思う。CROWNで相手になるのはMacroTechかStudioReferenceクラスでしょう。やはり業務用アンプのコストパフォーマンスはすごい。いろいろなアンプがあるけれど、それぞれ個性があるのがまたすごい事だと思う。

当面は我が家のヘッドホンアンプ兼予備機として利用予定。JBLのMPA600(QSC社のEX1600)とその座を争う事になるなー。QSCのぶ厚いきれいな音をとるか、Ashlyのクールできれいな音をとるか、、、素敵な悩みだ。。。

  1. 2010/02/28(日) 23:12:48|
  2. アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<YAMAHA PC2002M | ホーム | 私を感動させてくれたアンプたち>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puredigital.jp/tb.php/37-a3214d90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cocoパパ

Author:cocoパパ
 30年前の本当に楽しかったオーディオを取り戻しませんか?自分でいろいろなことをやってみて、どんどん良い音を探していた楽しいオーディオを。最近は色々な技術がメーカーのノウハウになってしまって、ちっともオーディオがたのしくありません。自分で作り上げられる楽しいオーディオを取り戻しましょう。


また、
オーディオは総合技術・芸術だと思っています。スピーカー、アンプ、音源(PCやD/Aコンバータ)、電源、部屋、音楽など全てがうまく整って初めて良い音で鳴るようになります。一朝一夕に実現出来ることではありません。


つまりオーディオほどハードルの高い趣味は無いと思います。車と違い、いくらお金を出しても買ったとたんに良い音がでることはまずありません。いかに使いこなすかは買った人ががんばるしかありません。そんな事に役に立つノウハウを書いていけたらと思っています。
  
ここでは、私が知ったいろいろなノウハウを公開したいと思っています。

FC2カウンター

カテゴリ

DMX (29)
システム解説 (315)
アンプ (146)
真空管アンプ (105)
クロスオーバー (60)
スピーカー (87)
ノウハウの集大成 (37)
ポリシー (38)
電源回路/アイソレーション (62)
音の比較/技術解説 (45)
Voyage (23)
ケーブルなど (19)
その他 (42)
音楽ソース (15)
SDトランスポート (31)
再生ソフトなど (12)
ジッターについて (42)
アナログ (6)
独言 (5)
蓄音機 (6)
周波数特性測定 (8)
車 (2)
未分類 (19)
企画倒れシリーズ (1)
FireFace (9)
DAC (120)
直感アンプ塾 (28)
ヘッドホン (24)
ネットオーディオ (91)
クロック (48)

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード