FC2ブログ

Pure Digital Audio

デジタルオーディオ、ホーンスピーカー、真空管アンプによるピュアオーディオシステム

クロスオーバーが難しい

いま、わが家のシステムの最大の課題はスピーカーのクロスオーバーをどうするかだ。

スピーカーが基本的にマルチ2WAY専用だから、どうにかして帯域カットしてあげないといけない。
低域にはチャンデバを使ってもあまり気にならないが、アンプと直結したいがために中音ユニットに低域を入れてしまうのはやっぱり気になる。(破損は避けたい。今のところ問題なさそうだが。。。)

block9

どうにかして低域をカットしてやろうと考えている。

スピーカー側にコンデンサを入れてカットしようかと考えたが、計算すると200μFくらい必要で、そうなると電解以外ありえないので没。

チャンデバを使ってローカットすると、明らかに中高音の鮮度が落ちるのでだめだ。D/Aコンバーターで色々頑張ってやってきた事が全て台無しになる。中高音にチャンデバをかますにはよほどレベルの高いチャンデバでないと無理だが、そんな物は有り得ないね。

中高音アンプの入力側にコンデンサを入れてローカットするなら、M-509の入力インピーダンスが実測45KΩ位だったので、0.02μFくらいのコンデンサーを入れれば200Hzくらいでのカットになるので、これなら良いコンデンサも手に入りそう。0.01μFをたくさん買っておけば色々実験できそうだね。これしかなさそう。

だけど困っちゃうのが、そうするとヘッドホンで聞くときに低域カットで聞こえちゃうんだよねー。さて困ったなー。。。

スイッチでコンデンサーの有り無しを切り替えるか? ON/OFF可能の低域カットボックスでも作るか? でもボックスを余分にかますのは信号経路が長くなって嫌だねー。。。

LM3886ヘッドホンアンプを復活させるか?久しぶりにLM3886ヘッドホンアンプも聞いてみたけど、やっぱりM-509のヘッドホンアンプには敵わない。特に低音がモターッとした感じに聞こえる。電源のせいでしょうね。巨大な電源にすれば良くなるかも。

あちらを立てればこちらが立たずだねー。。。
  1. 2011/12/23(金) 22:20:58|
  2. システム解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ケーブルクロスオーバー製作 | ホーム | VRS800に合わせたシステムセッティング>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puredigital.jp/tb.php/341-8bc21520
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cocoパパ

Author:cocoパパ
 30年前の本当に楽しかったオーディオを取り戻しませんか?自分でいろいろなことをやってみて、どんどん良い音を探していた楽しいオーディオを。最近は色々な技術がメーカーのノウハウになってしまって、ちっともオーディオがたのしくありません。自分で作り上げられる楽しいオーディオを取り戻しましょう。


また、
オーディオは総合技術・芸術だと思っています。スピーカー、アンプ、音源(PCやD/Aコンバータ)、電源、部屋、音楽など全てがうまく整って初めて良い音で鳴るようになります。一朝一夕に実現出来ることではありません。


つまりオーディオほどハードルの高い趣味は無いと思います。車と違い、いくらお金を出しても買ったとたんに良い音がでることはまずありません。いかに使いこなすかは買った人ががんばるしかありません。そんな事に役に立つノウハウを書いていけたらと思っています。
  
ここでは、私が知ったいろいろなノウハウを公開したいと思っています。

FC2カウンター

カテゴリ

DMX(デジタルミキサー) (33)
システム解説 (347)
アンプ (147)
真空管アンプ (112)
クロスオーバー (60)
スピーカー (87)
ノウハウの集大成 (37)
ポリシー (38)
電源回路/アイソレーション (66)
音の比較/技術解説 (45)
Voyage (23)
ケーブルなど (19)
その他 (42)
音楽ソース (15)
SDトランスポート (31)
再生ソフトなど (12)
ジッターについて (42)
アナログ (6)
独言 (5)
蓄音機 (6)
周波数特性測定 (8)
車 (2)
未分類 (19)
企画倒れシリーズ (2)
FireFace (9)
DAC (138)
直感アンプ塾 (28)
ヘッドホン (25)
ネットオーディオ (91)
クロック (48)

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード