FC2ブログ

Pure Digital Audio

デジタルオーディオ、ホーンスピーカー、真空管アンプによるピュアオーディオシステム

私はホーンスピーカーが好きだ。

XR4001

私はホーンスピーカーの音が大好きなのだ。あのパリパリとした中音がたまらない。ボーカルやサックスの音にしびれる。だが、今現在挫折している理由がある。

主に下記の3つである。

(1)良い中音ホーンがなかなか手に入らない
(2)ホーンスピーカーの能率が高すぎるので、繋ぐアンプのゲインが高すぎる。
(3)チャンデバの質で音が決まってしまう。

(1)に関して、一般的な中音ホーンのドライバー(JBL:2440など)を使うと低音とのクロス周波数はがんばって下げても500Hzが限界だ。だが、ウーハー(38cmなど)の音を聞いてみると、500Hzは高すぎる。200Hzが理想だと思う。そう考えると、だいぶ昔のJBLのスピーカーが中低音に20~30cmくらいのコーンスピーカーを使っていた理由がわかってくる。これの対策としては、中低音用にコーンスピーカー+ホーンという組み合わせが必要だと思えてくる。

(2)に関して、ホーンスピーカーは能率が115dBもある。低音のウーハーより20dB近く高いことになる。なので、アンプにホーンスピーカーを直結すると能率が高すぎてノイズは聞こえちゃうし、アンプをうんと小さな音でしか駆動できないから、リニアリティーも悪いだろう。これの対策としてはオートトランスを入れてゲインを下げるという手があるらしい。

(3)はどうしようもないなー。ASHLYのXR4001はまあまあ音が良いほうだと思うが、それでも通さない場合と比べると若干だが音が悪くなる。スピーカーをLCのネットワークを使ってデバイディングするのとどっちが良いかの選択ですね。

(1)と(2)に関しては、MartinのRS800では対策されていることがわかった。しかも低音をホーンにして能率を5dB上げて中音や高音のホーンとのバランスをとるようにしている。完璧な設計ではないか。

うーん、それを知ってまたムズムズとホーンスピーカーへの憧れがうずいてきた。。。


  1. 2011/12/12(月) 00:43:23|
  2. スピーカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<VRS800を手配した。 | ホーム | DSDについての疑問(なき王女のためのパヴァーヌ/L.A.4)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puredigital.jp/tb.php/333-46592f81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cocoパパ

Author:cocoパパ
 30年前の本当に楽しかったオーディオを取り戻しませんか?自分でいろいろなことをやってみて、どんどん良い音を探していた楽しいオーディオを。最近は色々な技術がメーカーのノウハウになってしまって、ちっともオーディオがたのしくありません。自分で作り上げられる楽しいオーディオを取り戻しましょう。


また、
オーディオは総合技術・芸術だと思っています。スピーカー、アンプ、音源(PCやD/Aコンバータ)、電源、部屋、音楽など全てがうまく整って初めて良い音で鳴るようになります。一朝一夕に実現出来ることではありません。


つまりオーディオほどハードルの高い趣味は無いと思います。車と違い、いくらお金を出しても買ったとたんに良い音がでることはまずありません。いかに使いこなすかは買った人ががんばるしかありません。そんな事に役に立つノウハウを書いていけたらと思っています。
  
ここでは、私が知ったいろいろなノウハウを公開したいと思っています。

FC2カウンター

カテゴリ

DMX(デジタルミキサー) (33)
システム解説 (347)
アンプ (147)
真空管アンプ (112)
クロスオーバー (60)
スピーカー (87)
ノウハウの集大成 (37)
ポリシー (38)
電源回路/アイソレーション (66)
音の比較/技術解説 (45)
Voyage (23)
ケーブルなど (19)
その他 (42)
音楽ソース (15)
SDトランスポート (31)
再生ソフトなど (12)
ジッターについて (42)
アナログ (6)
独言 (5)
蓄音機 (6)
周波数特性測定 (8)
車 (2)
未分類 (19)
企画倒れシリーズ (2)
FireFace (9)
DAC (138)
直感アンプ塾 (28)
ヘッドホン (25)
ネットオーディオ (91)
クロック (48)

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード