FC2ブログ

Pure Digital Audio

デジタルオーディオ、ホーンスピーカー、真空管アンプによるピュアオーディオシステム

スピーカーケーブル

スピーカーケーブルを変えるとやっぱりかなり音が変わる。感覚的には太くて重いケーブルの方がよさそうな感じがしてきた。どこかの記事にスピーカーケーブルの設計は構造設計が肝心だと書いてあった。ケーブル自体に外からの振動や電磁界的な影響からくる振動に対抗できるような耐震構造が大事なのでしょうね。

手に入れたケーブルはオークションで手に入れているので本物かはどうかわからない。

  中音用  CARDAS CROSS
  高音用  TRANSPARENT MUSICWAVE PLUS

どちらも新品の正規品なら10万円以上で、いくら中古でもちょっと怪しい。でも音を聞く限りケーブル自体は本物のようだ。ケーブル自体を怪しい方法で安く仕入れて、自分たちで加工して売っているのではないだろうか? 特にTRANSPARENTのケーブルは、本物なら中央にネットワークが入っているはずなのだが、それが無い構造だ(ますます怪しい)。。。 だが、このケーブルを高音に使うとバイオリンの音がすばらしくきれいになった。この音はほかのケーブルでは出なかった。CARDASの方は中音の質感や響きが美しく、臨場感がすばらしい。これもほかのケーブルでは出ない音だ。この2本を入れ替えるとあまり良い感じではなかった。ケーブルにも得意な帯域があるのか。。。マルチシステムというのは、スピーカーの得意な帯域を生かすだけでなく、アンプやケーブルの得意な帯域を生かすことなのだと認識した。

私としては、本物でも偽物でも安くて音がよければOKよ!!

今度は、CARDAS GOLDEN CROSS を手に入れたい。(2万円くらいで手に入るようだ)

cable

  1. 2010/02/18(木) 22:20:24|
  2. スピーカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<チャンネルデバイダー | ホーム | 業務用アンプにはまったわけ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puredigital.jp/tb.php/32-8d9b0e8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cocoパパ

Author:cocoパパ
 30年前の本当に楽しかったオーディオを取り戻しませんか?自分でいろいろなことをやってみて、どんどん良い音を探していた楽しいオーディオを。最近は色々な技術がメーカーのノウハウになってしまって、ちっともオーディオがたのしくありません。自分で作り上げられる楽しいオーディオを取り戻しましょう。


また、
オーディオは総合技術・芸術だと思っています。スピーカー、アンプ、音源(PCやD/Aコンバータ)、電源、部屋、音楽など全てがうまく整って初めて良い音で鳴るようになります。一朝一夕に実現出来ることではありません。


つまりオーディオほどハードルの高い趣味は無いと思います。車と違い、いくらお金を出しても買ったとたんに良い音がでることはまずありません。いかに使いこなすかは買った人ががんばるしかありません。そんな事に役に立つノウハウを書いていけたらと思っています。
  
ここでは、私が知ったいろいろなノウハウを公開したいと思っています。

FC2カウンター

カテゴリ

DMX(デジタルミキサー) (33)
システム解説 (329)
アンプ (147)
真空管アンプ (105)
クロスオーバー (60)
スピーカー (87)
ノウハウの集大成 (37)
ポリシー (38)
電源回路/アイソレーション (66)
音の比較/技術解説 (45)
Voyage (23)
ケーブルなど (19)
その他 (42)
音楽ソース (15)
SDトランスポート (31)
再生ソフトなど (12)
ジッターについて (42)
アナログ (6)
独言 (5)
蓄音機 (6)
周波数特性測定 (8)
車 (2)
未分類 (19)
企画倒れシリーズ (1)
FireFace (9)
DAC (134)
直感アンプ塾 (28)
ヘッドホン (25)
ネットオーディオ (91)
クロック (48)

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード