FC2ブログ

Pure Digital Audio

デジタルオーディオ、ホーンスピーカー、真空管アンプによるピュアオーディオシステム

オーディオアンプの右派と左派と中道

SRP-P500

SRP-P500-2

M-509(OPアンプ交換)が来てから我が家のアンプの価値観がかなり変わってしまったんだけど、相変わらず存在感があるのがこのSRP-P500だ。プロ用のアンプだけれどスタジオ用なのでかなりオーディオアンプに近い音だ。いままでプロ用のアンプをたくさん聞いてきたけれど、PA用のアンプは総じて音が元気で中音の通りが良いように作ってある物が多い。例えばPeaveyのCS-800XやFOSTEXの600などが代表的で、とても元気ハツラツで曇りの無い音。だがオーディオ用としては少し荒削りな感じはする。

それに比べるとSRP-P500は分解能も良いが重厚な暖かみのある音を奏でてくれる。このルックスもたまらない。プロ用のアンプの最高峰の一つではないかな。(ちなみにファンは低速化したのでほとんど音はしない)

一方、M-509(OPアンプ交換)はすごく高分解で繊細な音で、ここまできれいな音が鳴るのかとびっくりする。聞こえ方は少し違うが、どちらもとてもハイレベルだと思う。

オーディオって自分では道の真ん中を走っているつもりでも、いつの間にか右や左に寄ってしまう事があって、それを直すには色々な音を聞いて修正していくしかないよね。政治とおんなじで、右派と左派がいるから中道があるって感じか。SRP-P500はまさにハイレベルな中道って感じ。面白いもんだ。

あとプロ用アンプでぜひ聞いてみたいのは、AMCRONのStudio Referenceシリーズだね。
どんな音なのかなー。。。


  1. 2011/11/08(火) 22:43:53|
  2. アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ホームページを新しくしました。PCオーディオの基礎解説開始。 | ホーム | 名演奏盤、名録音盤、HiFi録音盤>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puredigital.jp/tb.php/318-5ab4eb32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cocoパパ

Author:cocoパパ
 30年前の本当に楽しかったオーディオを取り戻しませんか?自分でいろいろなことをやってみて、どんどん良い音を探していた楽しいオーディオを。最近は色々な技術がメーカーのノウハウになってしまって、ちっともオーディオがたのしくありません。自分で作り上げられる楽しいオーディオを取り戻しましょう。


また、
オーディオは総合技術・芸術だと思っています。スピーカー、アンプ、音源(PCやD/Aコンバータ)、電源、部屋、音楽など全てがうまく整って初めて良い音で鳴るようになります。一朝一夕に実現出来ることではありません。


つまりオーディオほどハードルの高い趣味は無いと思います。車と違い、いくらお金を出しても買ったとたんに良い音がでることはまずありません。いかに使いこなすかは買った人ががんばるしかありません。そんな事に役に立つノウハウを書いていけたらと思っています。
  
ここでは、私が知ったいろいろなノウハウを公開したいと思っています。

FC2カウンター

カテゴリ

DMX (23)
システム解説 (312)
アンプ (146)
真空管アンプ (105)
クロスオーバー (60)
スピーカー (87)
ノウハウの集大成 (37)
ポリシー (38)
電源回路/アイソレーション (60)
音の比較/技術解説 (45)
Voyage (23)
ケーブルなど (19)
その他 (42)
音楽ソース (15)
SDトランスポート (29)
再生ソフトなど (12)
ジッターについて (42)
アナログ (6)
独言 (5)
蓄音機 (6)
周波数特性測定 (8)
車 (2)
未分類 (18)
企画倒れシリーズ (1)
FireFace (9)
DAC (120)
直感アンプ塾 (28)
ヘッドホン (24)
ネットオーディオ (91)
クロック (48)

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード