FC2ブログ

Pure Digital Audio

デジタルオーディオ、ホーンスピーカー、真空管アンプによるピュアオーディオシステム

聞きやすいソースと良い音のソース

先日来、色々とソースを増やして聞いているが、わかってくるのは、

音楽ソースには

  ”聞きやすいソース”と”良い音のソース”

があり、どうも前者の方が一般的に受けが良いらしい  ということ。

先日ご紹介した”Fourplay”や”Emilie-claire Barlow”

などはまさに聞きやすいソースだと思う。センスも良く、音楽的には私も大好きだ。

一方で、かないまるさんが紹介するソースは、素晴らしく音がよいソースが多いが、機材が貧弱だとひどい音に聞こえる。その最たる物が、下記のソースだと思う。

mahya

これは凄く良い音が入っているのだが、貧弱な機材だととてもうるさい音になってしまう。
(コンプレッサーをあまり使っていない日本的な緻密なソースともいえるか)

一方で、ジャシンタやシェルビーリンは音も良いが、そこそこの機材でもわりと良い音で聞ける聞きやすいソースでもある。(米国流の広く受けいれられやすい聞きやすいソースともいえるか)

ShelbyLynn

Jachinta

聞きやすいソースに共通しているのは、コンプレッサーをうまく使い、刺激的な音を抑えて小さな音をすくい上げて聞きやすいレンジにすることと、とてもきれいなホールトーンを加えてあることだ。

”Fourplay”や”Emilie-claire Barlow”

はその点ではうまく出来た聞きやすいソースだが、音自体のきめ細かさやきれいさと奥深さはジャシンタやシェルビーリンには及ばない。

  1. 2011/10/05(水) 21:40:05|
  2. 音楽ソース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ONKYO M-509 パワーアンプを手に入れた。。。 | ホーム | なるべくシンプルに。部品を減らしていく。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puredigital.jp/tb.php/288-def711af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cocoパパ

Author:cocoパパ
 30年前の本当に楽しかったオーディオを取り戻しませんか?自分でいろいろなことをやってみて、どんどん良い音を探していた楽しいオーディオを。最近は色々な技術がメーカーのノウハウになってしまって、ちっともオーディオがたのしくありません。自分で作り上げられる楽しいオーディオを取り戻しましょう。


また、
オーディオは総合技術・芸術だと思っています。スピーカー、アンプ、音源(PCやD/Aコンバータ)、電源、部屋、音楽など全てがうまく整って初めて良い音で鳴るようになります。一朝一夕に実現出来ることではありません。


つまりオーディオほどハードルの高い趣味は無いと思います。車と違い、いくらお金を出しても買ったとたんに良い音がでることはまずありません。いかに使いこなすかは買った人ががんばるしかありません。そんな事に役に立つノウハウを書いていけたらと思っています。
  
ここでは、私が知ったいろいろなノウハウを公開したいと思っています。

FC2カウンター

カテゴリ

DMX(デジタルミキサー) (33)
システム解説 (336)
アンプ (147)
真空管アンプ (109)
クロスオーバー (60)
スピーカー (87)
ノウハウの集大成 (37)
ポリシー (38)
電源回路/アイソレーション (66)
音の比較/技術解説 (45)
Voyage (23)
ケーブルなど (19)
その他 (42)
音楽ソース (15)
SDトランスポート (31)
再生ソフトなど (12)
ジッターについて (42)
アナログ (6)
独言 (5)
蓄音機 (6)
周波数特性測定 (8)
車 (2)
未分類 (19)
企画倒れシリーズ (1)
FireFace (9)
DAC (137)
直感アンプ塾 (28)
ヘッドホン (25)
ネットオーディオ (91)
クロック (48)

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード