FC2ブログ

Pure Digital Audio

デジタルオーディオ、ホーンスピーカー、真空管アンプによるピュアオーディオシステム

スピーカー改善にとりかかろう!

S-UK3-stack2 

block2

スピーカーの改善が暗礁に乗り上げているので、基本に立ち返ることにした。 もともとの発想は感じの良いフルレンジスピーカーをスタックして臨場感のよさと空気の駆動力の良さを引き出し、足りない低域をサブウーハーで補おうという発想だったので、まずは基本に戻すことにした。

  (1)3WAYマルチで駆動していたのを、フルレンジスピーカー(スタック)+サブウーハー
     に戻す

  (2)スピーカーの置き方を写真のように変えた。前の置き方だと耳の位置で音が大きく変わって
     気持ち悪かった。大きなホールとかなら前の置き方の方がよいのかもしれないが、
     我が家の小さな部屋では位相の関係で耳の位置で音が変化してしまう。この方がよい。

  (3)フルレンジをSRP-P500でダイレクトに駆動(チャンデバを通さず)、
     低域をFOSTEX600で駆動。低域のカットオフは今のところ200Hzで良いみたい。

これでかなり良くなった。やはりフルレンジにチャンデバを通すと良くは無いんだねー。。。
音の純度が随分良くなった。不純な音が出なくなった感じ。実にきれいな音だ。アンプとスピーカーを直結するフルレンジ+サブウーハーという最初の構想は正しかったといえよう。(今思うと、チャンデバを入れて3WAYにしたのが不純だったなー。。。)

それでもS-UK3の特徴なのだろうが、かなり大人しめの音。クラシックには良い感じだが、ちょっと大人しすぎだなー。。。ホーンスピーカーの音が懐かしい感じ。もう少しパリパリ感が出て欲しいなー。。。何とかならんだろうか???

この程度のチャンデバならパッシブのCR式で十分かな。
スピーカーケーブルを色々試したり、これを基準に改善していこう!



  1. 2011/08/31(水) 22:24:14|
  2. スピーカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<PCとオーディオ機器を繋ぐと音が悪くなる理由 | ホーム | D/Dコンバータ使いこなし(電源の絶縁)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puredigital.jp/tb.php/270-cb1e4d35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cocoパパ

Author:cocoパパ
 30年前の本当に楽しかったオーディオを取り戻しませんか?自分でいろいろなことをやってみて、どんどん良い音を探していた楽しいオーディオを。最近は色々な技術がメーカーのノウハウになってしまって、ちっともオーディオがたのしくありません。自分で作り上げられる楽しいオーディオを取り戻しましょう。


また、
オーディオは総合技術・芸術だと思っています。スピーカー、アンプ、音源(PCやD/Aコンバータ)、電源、部屋、音楽など全てがうまく整って初めて良い音で鳴るようになります。一朝一夕に実現出来ることではありません。


つまりオーディオほどハードルの高い趣味は無いと思います。車と違い、いくらお金を出しても買ったとたんに良い音がでることはまずありません。いかに使いこなすかは買った人ががんばるしかありません。そんな事に役に立つノウハウを書いていけたらと思っています。
  
ここでは、私が知ったいろいろなノウハウを公開したいと思っています。

FC2カウンター

カテゴリ

DMX (23)
システム解説 (312)
アンプ (146)
真空管アンプ (105)
クロスオーバー (60)
スピーカー (87)
ノウハウの集大成 (37)
ポリシー (38)
電源回路/アイソレーション (60)
音の比較/技術解説 (45)
Voyage (23)
ケーブルなど (19)
その他 (42)
音楽ソース (15)
SDトランスポート (29)
再生ソフトなど (12)
ジッターについて (42)
アナログ (6)
独言 (5)
蓄音機 (6)
周波数特性測定 (8)
車 (2)
未分類 (18)
企画倒れシリーズ (1)
FireFace (9)
DAC (120)
直感アンプ塾 (28)
ヘッドホン (24)
ネットオーディオ (91)
クロック (48)

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード