FC2ブログ

Pure Digital Audio

デジタルオーディオ、ホーンスピーカー、真空管アンプによるピュアオーディオシステム

極太電源ケーブル聞き比べ

 power

調子に乗って電源ケーブルを3種仕入れてみた。 (オークションで調べれば、業者さんはすぐ見つかります)
  種類特徴
赤いケーブルLINN
K800
良く抑制されたやわらかいきれいな音。バイオリンの音が妖艶。低音が少しもたつく。
黒いケーブルMonster
Power Line400
中庸な良い感じの音。低音の歯切れも良く、高音も良く聞こえる。大変クリアで音がきれいに広がって聞こえる。標準になる音。LM3886アンプと組み合わせるとちょうど良い感じ。これがもう少し艶っぽい音を出してくれたらもう最高!
青いケーブルXLO Reference2
Type 10A
はっきりくっきり系の音。アンプによっては派手すぎるが、KSA-80Bに使うと抑えぎみ音を補って良い感じにしてくれる。

意図したわけではなかったのだが、3種が見事な対比を見せてくれた。

感心したのは、赤いケーブルは端子は銅製、黒いケーブルは真鍮製、青いケーブルは銀メッキ。 音の個性と見事にマッチした選択だ。オークションで仕入れたので、正直怪しいと思っていたが、(ケーブルが本物かどうかは怪しいですけどね。。。LINNのK800というケーブルが存在するのかどうか怪しい。。。)このケーブルの業者さんは相当オーディオのことがわかっていると見た。

アンプと組み合わせるケーブルを選ぶことでかなり音が調整できるね。だが、電源ケーブルに何百万円もかける人もいるらしいけど、そこまでは必要ないと思うなー。それよりは何十円~何百円のコンデンサーを変えたほうが変化は大きいと思う。

  1. 2011/08/28(日) 21:55:18|
  2. ケーブルなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<D/Dコンバータ使いこなし(電源の絶縁) | ホーム | PCオーディオの常識と迷信>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puredigital.jp/tb.php/269-3a1bf100
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cocoパパ

Author:cocoパパ
 30年前の本当に楽しかったオーディオを取り戻しませんか?自分でいろいろなことをやってみて、どんどん良い音を探していた楽しいオーディオを。最近は色々な技術がメーカーのノウハウになってしまって、ちっともオーディオがたのしくありません。自分で作り上げられる楽しいオーディオを取り戻しましょう。


また、
オーディオは総合技術・芸術だと思っています。スピーカー、アンプ、音源(PCやD/Aコンバータ)、電源、部屋、音楽など全てがうまく整って初めて良い音で鳴るようになります。一朝一夕に実現出来ることではありません。


つまりオーディオほどハードルの高い趣味は無いと思います。車と違い、いくらお金を出しても買ったとたんに良い音がでることはまずありません。いかに使いこなすかは買った人ががんばるしかありません。そんな事に役に立つノウハウを書いていけたらと思っています。
  
ここでは、私が知ったいろいろなノウハウを公開したいと思っています。

FC2カウンター

カテゴリ

DMX(デジタルミキサー) (33)
システム解説 (347)
アンプ (147)
真空管アンプ (112)
クロスオーバー (60)
スピーカー (87)
ノウハウの集大成 (37)
ポリシー (38)
電源回路/アイソレーション (66)
音の比較/技術解説 (45)
Voyage (23)
ケーブルなど (19)
その他 (42)
音楽ソース (15)
SDトランスポート (31)
再生ソフトなど (12)
ジッターについて (42)
アナログ (6)
独言 (5)
蓄音機 (6)
周波数特性測定 (8)
車 (2)
未分類 (19)
企画倒れシリーズ (2)
FireFace (9)
DAC (138)
直感アンプ塾 (28)
ヘッドホン (25)
ネットオーディオ (91)
クロック (48)

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード