FC2ブログ

Pure Digital Audio

デジタルオーディオ、ホーンスピーカー、真空管アンプによるピュアオーディオシステム

やっと次の目標が見えた!

ここのところ次に何をやるか見えなくて困っていたが、やっと見えた。

パワーアンプで評判の良い、LM3886というICが在る。高級なパワーアンプの内部回路に使われていて、いろいろな方が記事を書いている優れもの。4Ωで68Wも出せるパワーアンプで定評があるが、その回路はパワーOPアンプだ。普通のOPアンプと同じく差動入力を持つから、ゲイン調節も出来るし、反転増幅、非反転増幅も自由に構成できる。私はパワーアンプとしても興味があるが、むしろヘッドホンアンプや、D/Aコンバーターのバッファーにこれを使ってみたいと思う。D/Aコンバーターのバッファーアンプとして余裕でライントランスを駆動してくれそうに思うし、ヘッドホンアンプに使えばゲインを落としてS/N良く直結に出来るね。

下図のパワーアンプをとりあえず手配した。(オークションで14800円)明日には来るだろう。楽しみだ。まずはヘッドホンアンプとして聞いてみて、電源回路やゲインなどいじくった後に、D/Aコンバーターのバッファーに使ってみたい。私は±15Vの電圧増幅のOPアンプに限界を感じている。(すぐ発振したり、音が不安定な感じがする)LM3886がそれを打破してくれるような気がする。(このOPアンプは±42Vもかけられるしスピーカーも駆動できるのだから、すごい!)

LM3886

LM3886の仕様

LM3886-3

チップが大きいので半田付けもしやすそうだ。1個780円で売っている。まあまあ安い。楽しみになってきた。


DA-blaock(3886)

LM3886はユニティーゲインが無理そうだから、上図はむりかな。。。? I/Vは抵抗でも良いように思いますが。。。まあ、色々やってみましょう!

  1. 2011/07/04(月) 21:58:51|
  2. システム解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<LM3886のアンプが来た | ホーム | アナログアンプを極めたい!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puredigital.jp/tb.php/238-70109e54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cocoパパ

Author:cocoパパ
 30年前の本当に楽しかったオーディオを取り戻しませんか?自分でいろいろなことをやってみて、どんどん良い音を探していた楽しいオーディオを。最近は色々な技術がメーカーのノウハウになってしまって、ちっともオーディオがたのしくありません。自分で作り上げられる楽しいオーディオを取り戻しましょう。


また、
オーディオは総合技術・芸術だと思っています。スピーカー、アンプ、音源(PCやD/Aコンバータ)、電源、部屋、音楽など全てがうまく整って初めて良い音で鳴るようになります。一朝一夕に実現出来ることではありません。


つまりオーディオほどハードルの高い趣味は無いと思います。車と違い、いくらお金を出しても買ったとたんに良い音がでることはまずありません。いかに使いこなすかは買った人ががんばるしかありません。そんな事に役に立つノウハウを書いていけたらと思っています。
  
ここでは、私が知ったいろいろなノウハウを公開したいと思っています。

FC2カウンター

カテゴリ

DMX (25)
システム解説 (314)
アンプ (146)
真空管アンプ (105)
クロスオーバー (60)
スピーカー (87)
ノウハウの集大成 (37)
ポリシー (38)
電源回路/アイソレーション (60)
音の比較/技術解説 (45)
Voyage (23)
ケーブルなど (19)
その他 (42)
音楽ソース (15)
SDトランスポート (31)
再生ソフトなど (12)
ジッターについて (42)
アナログ (6)
独言 (5)
蓄音機 (6)
周波数特性測定 (8)
車 (2)
未分類 (18)
企画倒れシリーズ (1)
FireFace (9)
DAC (120)
直感アンプ塾 (28)
ヘッドホン (24)
ネットオーディオ (91)
クロック (48)

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード