FC2ブログ

Pure Digital Audio

デジタルオーディオ、ホーンスピーカー、真空管アンプによるピュアオーディオシステム

電源TAPの音質比較(古いテーマですいません。。。)

秋葉原のオヤイデをウロウロしていたら、すばらしい電源TAP用のBOXを見つけた。肉厚ですばらしく重たいTAP用のBOX!!Panasonic製でDFZ3222K1と言う型番だそうな。

  鋳鉄製溶融亜鉛メッキ、2連露出スイッチボックス
  WN1318 
  ケーブルクランプ:FGA26-16B

tap3
早速購入。上の全部品で5600円。まあまあの値段ですか。コンセントは定番のWN1318。
今回は、ケーブルはBeldenの最高級極太ケーブルでTAPを作ってみた。このケーブルはもちろん縒り線仕様。

目的は、VVF2.6のTAPとの音質比較。

tap1

tap2

重さも重くがっちりしていて素晴らしい外観!!どう見てもこちらの方がオーディオ的に美しい外観だ。。きっとこっちの方が音が良いに違いない。しかし一抹の不安もあった。。。もしかしてVVFの方が良い??

さて実際繋いで聞いてみた。B2301Lのヘッドホンアンプの電源を両方の電源TAPに繋ぎ変えて聞いてみて驚いた。VVFの方が音がしっとりして深みもあり美しい音だ。Beldenの極太ケーブルの方は壁コンセントに挿した時と同じ音で、少し荒れていて音の深みが無い。。。

どう聞き比べてもVVF2.6のTAPに繋いだ方が美しい音だ。 うーん、衝撃的。

考えようによっては、Beldenの方は音を変化させないと言うことかも知れないけど、でもVVF2.6の音のきれいさはなんとも魅力的だ。。。

試しに、D/Aコンバーターの電源をこれらのTAPに繋いでみた。これに関してはBeldenに繋いだ方が音が瑞々しくて良かった。こうなると機器の音の傾向と電源ケーブルの音の傾向のバランスの問題だね。システム的にはこれでずいぶん音のレベルが上がった。

この手のオーディオケーブルに関しては、下記のWebに記述があった。参考になる。

  自作電源ケーブル


  1. 2011/02/19(土) 21:15:41|
  2. ケーブルなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オーディオで使える安くて良い電源ケーブル | ホーム | UDIF7発売開始!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puredigital.jp/tb.php/180-f9b02d6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cocoパパ

Author:cocoパパ
 30年前の本当に楽しかったオーディオを取り戻しませんか?自分でいろいろなことをやってみて、どんどん良い音を探していた楽しいオーディオを。最近は色々な技術がメーカーのノウハウになってしまって、ちっともオーディオがたのしくありません。自分で作り上げられる楽しいオーディオを取り戻しましょう。


また、
オーディオは総合技術・芸術だと思っています。スピーカー、アンプ、音源(PCやD/Aコンバータ)、電源、部屋、音楽など全てがうまく整って初めて良い音で鳴るようになります。一朝一夕に実現出来ることではありません。


つまりオーディオほどハードルの高い趣味は無いと思います。車と違い、いくらお金を出しても買ったとたんに良い音がでることはまずありません。いかに使いこなすかは買った人ががんばるしかありません。そんな事に役に立つノウハウを書いていけたらと思っています。
  
ここでは、私が知ったいろいろなノウハウを公開したいと思っています。

FC2カウンター

カテゴリ

DMX(デジタルミキサー) (33)
システム解説 (333)
アンプ (147)
真空管アンプ (109)
クロスオーバー (60)
スピーカー (87)
ノウハウの集大成 (37)
ポリシー (38)
電源回路/アイソレーション (66)
音の比較/技術解説 (45)
Voyage (23)
ケーブルなど (19)
その他 (42)
音楽ソース (15)
SDトランスポート (31)
再生ソフトなど (12)
ジッターについて (42)
アナログ (6)
独言 (5)
蓄音機 (6)
周波数特性測定 (8)
車 (2)
未分類 (19)
企画倒れシリーズ (1)
FireFace (9)
DAC (137)
直感アンプ塾 (28)
ヘッドホン (25)
ネットオーディオ (91)
クロック (48)

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード