Pure Digital Audio

デジタルオーディオ、ホーンスピーカー、真空管アンプによるピュアオーディオシステム

10MHzクロックモジュールの音の比較: OCXOとルビジウム

低インピーダンスの大容量バッテリーも調達完了し、10MHzクロックのケーブルを5C2Vに入れ換えて、やっとOCXOとルビジウムを比較する環境が出来た。

さらに、OCXOは基板に実装して配線をスッキリさせて精度が上がるようにした。



実験してみると、まず10MHzクロックのケーブルによる音の違いに驚いた。

千石で買ったSMAに付いている細いケーブルと3C2V、5C2Vを比較したが、すごい差だ。SMAに付いている細いケーブルは全体にもたついた音でひどいもんだ。SMAだからもっと良いのかと思ったが、がっかりだ。3C2Vの音は窮屈な感じ。5C2Vはのびのびしていてダイナミックでキレイな音。これでやっとルビジウムがマトモに鳴るようになった。

さてクロックモジュールの音の比較だが、
OCXOもルビジウムも大容量バッテリー直結で駆動。SWD-CL10には、一番音が良いスーパーレギュレーターで電源供給。

OCXOもルビジウムもどちらも素晴らしい音だ。のびのびしていてとてもキレイ。どちらも今までで最高の音を奏でてくれる。

それでも、比較すると以前から思っていたとうりで、OCXOは直接音が豊富で分解能が高くハッキリクッキリな音、ルビジウムは間接音が豊かで、音の深さ、空気感や立体感が素晴らしい。

さらに、高域のキレイさはルビジウムが上、低域のソリッドさはOCXOが上。
大きな音が正確に出ているのはOCXO、小さい音が正確に出ているのはルビジウムって感じだ。

どちらが良いとも言い難い(捨て難い)が、私はルビジウムの方が好みだ。(かなり贅沢な選択だが)

OCXOとルビジウムの音を比較するなら、電源とケーブルに細心の注意を払わないと比較にならない。クロックのケーブルに何十万円もかける人の気持ちが少しわかった。

試しにルビジウムの電源を安定化電源直結にすると低域がアマアマになり中音が濁る。中低域のノイズが影響するのかねー??


  1. 2016/03/06(日) 19:38:05|
  2. クロック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<LTspice で電源シミュレーションのお勉強中 | ホーム | ルビジウム用に 14.8V LiPo バッテリー購入>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puredigital.jp/tb.php/1294-87a8e9b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cocoパパ

Author:cocoパパ
 30年前の本当に楽しかったオーディオを取り戻しませんか?自分でいろいろなことをやってみて、どんどん良い音を探していた楽しいオーディオを。最近は色々な技術がメーカーのノウハウになってしまって、ちっともオーディオがたのしくありません。自分で作り上げられる楽しいオーディオを取り戻しましょう。


また、
オーディオは総合技術・芸術だと思っています。スピーカー、アンプ、音源(PCやD/Aコンバータ)、電源、部屋、音楽など全てがうまく整って初めて良い音で鳴るようになります。一朝一夕に実現出来ることではありません。


つまりオーディオほどハードルの高い趣味は無いと思います。車と違い、いくらお金を出しても買ったとたんに良い音がでることはまずありません。いかに使いこなすかは買った人ががんばるしかありません。そんな事に役に立つノウハウを書いていけたらと思っています。
  
ここでは、私が知ったいろいろなノウハウを公開したいと思っています。

FC2カウンター

カテゴリ

システム解説 (294)
アンプ (140)
真空管アンプ (99)
クロスオーバー (60)
スピーカー (87)
ノウハウの集大成 (37)
ポリシー (38)
電源回路/アイソレーション (58)
音の比較/技術解説 (45)
Voyage (23)
ケーブルなど (19)
その他 (41)
音楽ソース (15)
SDトランスポート (29)
再生ソフトなど (12)
ジッターについて (42)
蓄音機 (6)
アナログ (4)
独言 (5)
周波数特性測定 (8)
車 (2)
未分類 (15)
企画倒れシリーズ (1)
FireFace (9)
DAC (116)
直感アンプ塾 (28)
ヘッドホン (24)
ネットオーディオ (91)
クロック (48)

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード