Pure Digital Audio

デジタルオーディオ、ホーンスピーカー、真空管アンプによるピュアオーディオシステム

いろいろ聞き比べ中

今の我が家の構成で一番音が良い組み合わせは図のようになるんだけど、No.1の音に聞きなれてしまうともうNo.2の音は聞く気にならなくなってしまう。No.1の組み合わせはディテールの再現が素晴らしいのだ。遠くの方で小さな音でなっている音がなんだかわからない音だったのが、はっきり音階や音色まで追えるようになる。最高に気持ち良い。

D-30 + 828X + DA-3000 + WordClock で徹底的にSPDIFのジッタをなくし、最後に無敵のPLLとアナログ回路を持つDAS-R1でD/Aするというのが良かったのでしょう。 44.1KHzに絞って、CD全盛時代の最大級の物量を持つ往年の名器を仕入れたという、ここまでは思惑どうり素晴らしい進化をしたと思う。

自作をするにしても基準になる音がないと何をしてるのかわからなくなってしまうので、今までと方向性を変えて基準になる音を手に入れる努力をした。

さて目標のレベルはクリアしたように思うので、次に何をするかなー。。。このレベルを自作で超えるのは相当物量をかけないと難しいと思う。やっぱり物量も重要だよ。

DAS-R1のツインリンクからワードクロックが(光で)出ているように思われるので、それも実験したいし、XTALの電源分離もしたいのだが、どこのXTALを変えればよいのか見当がつかない。D-30やDA-3000の電源強化もしてみたい。

自作系なら、DAIを高性能なものにしたいが、どうもピンとくるものがない。。。困ったもんだ。

DA-3000の改造が一番効果あるかなー。。。

ベストな構成2


  1. 2015/12/27(日) 00:41:05|
  2. システム解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今のデジタルオーディオ回路は時間軸(ジッター)に関しては100%アナログだってことだね。 | ホーム | MOTU: 828X で3WAYチャンネルデバイダー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puredigital.jp/tb.php/1245-05e0f33c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cocoパパ

Author:cocoパパ
 30年前の本当に楽しかったオーディオを取り戻しませんか?自分でいろいろなことをやってみて、どんどん良い音を探していた楽しいオーディオを。最近は色々な技術がメーカーのノウハウになってしまって、ちっともオーディオがたのしくありません。自分で作り上げられる楽しいオーディオを取り戻しましょう。


また、
オーディオは総合技術・芸術だと思っています。スピーカー、アンプ、音源(PCやD/Aコンバータ)、電源、部屋、音楽など全てがうまく整って初めて良い音で鳴るようになります。一朝一夕に実現出来ることではありません。


つまりオーディオほどハードルの高い趣味は無いと思います。車と違い、いくらお金を出しても買ったとたんに良い音がでることはまずありません。いかに使いこなすかは買った人ががんばるしかありません。そんな事に役に立つノウハウを書いていけたらと思っています。
  
ここでは、私が知ったいろいろなノウハウを公開したいと思っています。

FC2カウンター

カテゴリ

システム解説 (291)
アンプ (140)
真空管アンプ (99)
クロスオーバー (60)
スピーカー (87)
ノウハウの集大成 (37)
ポリシー (38)
電源回路/アイソレーション (58)
音の比較/技術解説 (45)
Voyage (23)
ケーブルなど (19)
その他 (40)
音楽ソース (15)
SDトランスポート (29)
再生ソフトなど (12)
ジッターについて (42)
蓄音機 (6)
アナログ (3)
独言 (5)
周波数特性測定 (8)
車 (2)
未分類 (15)
企画倒れシリーズ (1)
FireFace (9)
DAC (114)
直感アンプ塾 (28)
ヘッドホン (24)
ネットオーディオ (91)
クロック (48)

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード