Pure Digital Audio

デジタルオーディオ、ホーンスピーカー、真空管アンプによるピュアオーディオシステム

DA3000 その後

いろいろわかってきた。

(1)ワイヤレスキーボードは使える。ただし、BlueTooth タイプはだめ。非BlueToothのキーボードのみ。だが、操作性の悪さはどうしようもない。嫌になった。

KBD.gif

フォルダ(アルバム)を移動して別の曲を再生するには、

  メニューボタンを押す、ブラウズをクリック、矢印ボタンを押す、数秒待つ、アルバムを選ぶ、
  エンターキーを押す、もう一度エンター、矢印ボタンで曲を選ぶ、再生ボタンを押す。

うーん、気が遠くなる。
基本的に簡易にフォルダを移動することを考慮していない。録音機だから同じフォルダにどんどん書いていくという思想のようだ。アルバムをチャカチャカ切り替えて聞くということは考えていない。

(2)USBメモリは使えたが音がひどい。無惨。

(3)USB接続の64GのSSDは認識されず。(2)によりやる気も失せた。

(4)手持ちのCFカードは認識されず。タイプⅢでないと駄目らしい。

結論として、32GバイトまでのSDカードで使うしかない様だ。残念。



等々、再生機としてはいかがなものか。(音は最高だが)

どうやら、NP-S2000のジッタクリーナとして使うのが一番良さそうだ。SDカードで再生するのと同等の音に改善され、操作性がよい。(音は若干劣る) ジッタクリーナとしてはかなりハイレベルだ。

うーん、困った。。。

まあ、もともとワードクロックの実験用に買ったのだから仕方ないか。。。本来の目的に近づいたか。

  1. 2015/11/10(火) 23:31:34|
  2. システム解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<DA3000の使い道 | ホーム | DA3000のリモコン>>

コメント

USBメモリもSSDもダメですか。。悲しいですね。
さすがにSDカードのみでの運用は面倒ですし...
なかなか都合の良いものって見つからないですよね(泣)
  1. 2015/11/11(水) 08:39:19 |
  2. URL |
  3. jun1120 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puredigital.jp/tb.php/1219-3b3f8aa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cocoパパ

Author:cocoパパ
 30年前の本当に楽しかったオーディオを取り戻しませんか?自分でいろいろなことをやってみて、どんどん良い音を探していた楽しいオーディオを。最近は色々な技術がメーカーのノウハウになってしまって、ちっともオーディオがたのしくありません。自分で作り上げられる楽しいオーディオを取り戻しましょう。


また、
オーディオは総合技術・芸術だと思っています。スピーカー、アンプ、音源(PCやD/Aコンバータ)、電源、部屋、音楽など全てがうまく整って初めて良い音で鳴るようになります。一朝一夕に実現出来ることではありません。


つまりオーディオほどハードルの高い趣味は無いと思います。車と違い、いくらお金を出しても買ったとたんに良い音がでることはまずありません。いかに使いこなすかは買った人ががんばるしかありません。そんな事に役に立つノウハウを書いていけたらと思っています。
  
ここでは、私が知ったいろいろなノウハウを公開したいと思っています。

FC2カウンター

カテゴリ

システム解説 (291)
アンプ (140)
真空管アンプ (99)
クロスオーバー (60)
スピーカー (87)
ノウハウの集大成 (37)
ポリシー (38)
電源回路/アイソレーション (58)
音の比較/技術解説 (45)
Voyage (23)
ケーブルなど (19)
その他 (40)
音楽ソース (15)
SDトランスポート (29)
再生ソフトなど (12)
ジッターについて (42)
蓄音機 (6)
アナログ (3)
独言 (5)
周波数特性測定 (8)
車 (2)
未分類 (15)
企画倒れシリーズ (1)
FireFace (9)
DAC (114)
直感アンプ塾 (28)
ヘッドホン (24)
ネットオーディオ (91)
クロック (48)

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード