Pure Digital Audio

デジタルオーディオ、ホーンスピーカー、真空管アンプによるピュアオーディオシステム

SSDのNAS + 電池駆動は素晴らしい!

一晩エージングして再度聞いてみたが、SSDに換装したNASは素晴らしい音を出してくれている。今までで最高だ。

なんでSSDの評判が悪いのか不思議に思ったが、その理由もわかった。試しにNASの電源を電池からACアダプターに変えてみたら酷く劣化した音になった。要するにSSDは電源の影響をHDDより受けやすいんだね。HDDと較べてSSDに悪い評価を与える人は電源の質が悪い人で、良い評価を与える人は電源の質が良い人なんだよ。

この実験でさらに判ってきたことがある。SDカードやSSDなどの内部がランダムアクセスメモリーになっているデバイスをオーディオなどのシーケンシャルデータに使う時は、電源の質に気を付けないといけないってこと。アドレスバスとデータバスがいっぺんに数十ビット変化するメモリーチップは電源の影響を受けやすく、それから作られるシリアルデータに大きなジッターを与えるのだろう。HDDはヘッドはシークするけど、データの読み出し自体は回転するディスクからの1ビットシリアルの連続アクセスだから性質が異なり、電源の質が多少悪くてもシリアルデータにジッターを与え難いのだろう。(あれ?でもバッファメモリが 64Mあるか、、、)HDDによる音の差もそれに由来すると考えられる。

今後試したいのは、今回使ったSSDは2008年ころの物で、結構古い。容量も小さく当時としては速かったようだが今となっては半分くらいの速さのようだ。今時の高速SSDとどっちが音が良いのか?チップのノイズの出し方、フラッシュメモリコントローラーの性能、SSDドライブの電源周りの能力、などいろいろな要素が考えられるから、まだまだ実験できそうだ。SSDの電源にバッテリーを直結するってのも面白そう。電源は5V(2.5インチ)と3.3V(1.8インチ)とあるようだ。コンデンサーアレーも効くかもね。:-)

  Intel SSD X25-M SSDSA2MH080G1HP 80GB

  IntelのSSDの記事

SSD.jpg

20151005234750302.jpg

  1. 2015/10/06(火) 23:16:31|
  2. ネットオーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<NAS をばらして実験中 | ホーム | RockDiskNext をSSDに換装した。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puredigital.jp/tb.php/1194-e06ed813
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cocoパパ

Author:cocoパパ
 30年前の本当に楽しかったオーディオを取り戻しませんか?自分でいろいろなことをやってみて、どんどん良い音を探していた楽しいオーディオを。最近は色々な技術がメーカーのノウハウになってしまって、ちっともオーディオがたのしくありません。自分で作り上げられる楽しいオーディオを取り戻しましょう。


また、
オーディオは総合技術・芸術だと思っています。スピーカー、アンプ、音源(PCやD/Aコンバータ)、電源、部屋、音楽など全てがうまく整って初めて良い音で鳴るようになります。一朝一夕に実現出来ることではありません。


つまりオーディオほどハードルの高い趣味は無いと思います。車と違い、いくらお金を出しても買ったとたんに良い音がでることはまずありません。いかに使いこなすかは買った人ががんばるしかありません。そんな事に役に立つノウハウを書いていけたらと思っています。
  
ここでは、私が知ったいろいろなノウハウを公開したいと思っています。

FC2カウンター

カテゴリ

システム解説 (294)
アンプ (140)
真空管アンプ (99)
クロスオーバー (60)
スピーカー (87)
ノウハウの集大成 (37)
ポリシー (38)
電源回路/アイソレーション (58)
音の比較/技術解説 (45)
Voyage (23)
ケーブルなど (19)
その他 (41)
音楽ソース (15)
SDトランスポート (29)
再生ソフトなど (12)
ジッターについて (42)
蓄音機 (6)
アナログ (4)
独言 (5)
周波数特性測定 (8)
車 (2)
未分類 (15)
企画倒れシリーズ (1)
FireFace (9)
DAC (116)
直感アンプ塾 (28)
ヘッドホン (24)
ネットオーディオ (91)
クロック (48)

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード