FC2ブログ

Pure Digital Audio

デジタルオーディオ、ホーンスピーカー、真空管アンプによるピュアオーディオシステム

SPDIF接続のHAVANAとI2S接続のMi?Take DACの音はどっちが良い?

block
hiFace Evo からはSPDIF、I2Sと他の出力が同時に出ているので、数台のD/Aコンバーターを同時に稼動できる。

DAC
CN201がI2S信号のコネクタ(5ピン)で、D/A変換チップがそのすぐ近くでよかった。

I2S接続したこの小さなD/AコンバーターボードとSPDIF接続したHAVANAとどっちが音が良いのか聞き比べて見た。

I2S接続の方は、大変クリアーで一点の曇りも無い感じ。音の奥行き感がすごいし、音楽の背景の音の静かさがこれまたすごい。今までに聴いた事のない音だ。さすがに安価でまだエージングも済んでいないD/Aコンバーター基板なので若干音が荒い感じはするが、ほんのわずかなレベルだ。これは電源回路やI/V変換回路のOPアンプを改良すれば改善されるだろう。それがあってもこちらの方がトータルで素晴らしく良く感じる。手持ちの楽曲に改めて聞き入ってしまった。

HAVANAの方は真空管バッファーのせいかD/Dコンバーターの特性かわからないが、すこしだけ柔らかい感じの音だ。SPDIFで繋いでいる事を考えると素晴らしい出来だと思う。内部のSPDIF ---> I2S変換回路が素晴らしいのだろう。音のクリアさでは負けているが、味わい深さはある。hiFace EvoからHAVANAにI2Sで繋ぐ事ができたらもっと素晴らしいだろうと思う。

今後、Mi?Take D/A変換基板の改善点として考えられるのは、

(1)電源回路を改善

(2)OPアンプを定番で音が良いと評判のOPA627に変更

(3)抵抗やコンデンサーを高級なタイプに

などが考えられる。


  1. 2010/11/28(日) 09:59:06|
  2. システム解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<SPDIF信号とI2S信号について | ホーム | さらばSPDIF!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puredigital.jp/tb.php/111-12dba6c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cocoパパ

Author:cocoパパ
 30年前の本当に楽しかったオーディオを取り戻しませんか?自分でいろいろなことをやってみて、どんどん良い音を探していた楽しいオーディオを。最近は色々な技術がメーカーのノウハウになってしまって、ちっともオーディオがたのしくありません。自分で作り上げられる楽しいオーディオを取り戻しましょう。


また、
オーディオは総合技術・芸術だと思っています。スピーカー、アンプ、音源(PCやD/Aコンバータ)、電源、部屋、音楽など全てがうまく整って初めて良い音で鳴るようになります。一朝一夕に実現出来ることではありません。


つまりオーディオほどハードルの高い趣味は無いと思います。車と違い、いくらお金を出しても買ったとたんに良い音がでることはまずありません。いかに使いこなすかは買った人ががんばるしかありません。そんな事に役に立つノウハウを書いていけたらと思っています。
  
ここでは、私が知ったいろいろなノウハウを公開したいと思っています。

FC2カウンター

カテゴリ

DMX(デジタルミキサー) (33)
システム解説 (347)
アンプ (147)
真空管アンプ (112)
クロスオーバー (60)
スピーカー (87)
ノウハウの集大成 (37)
ポリシー (38)
電源回路/アイソレーション (66)
音の比較/技術解説 (45)
Voyage (23)
ケーブルなど (19)
その他 (42)
音楽ソース (15)
SDトランスポート (31)
再生ソフトなど (12)
ジッターについて (42)
アナログ (6)
独言 (5)
蓄音機 (6)
周波数特性測定 (8)
車 (2)
未分類 (19)
企画倒れシリーズ (2)
FireFace (9)
DAC (138)
直感アンプ塾 (28)
ヘッドホン (25)
ネットオーディオ (91)
クロック (48)

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード