Pure Digital Audio

デジタルオーディオ、ホーンスピーカー、真空管アンプによるピュアオーディオシステム

FastCopy 2.11 を試してみた。

tsdoctor さんのコメントにあった、書き込みソフト:FastCopy 2.11 を試してみた。

  FastCopy

fastcopy.gif

聞いて驚いた。凄くハデハデで元気の良い音になった。

信じられん。SDカードにデータを書く書き込みソフトで、SDプレーヤーの音が変わるなんて。。。

オカルトだ。あー、もう何も信じられん。。。

確かに、これと比べると Rewrite data 1.05 の音はおとなしく聞こえる。
(私はRewrite dataの方が好きだが)


  1. 2015/01/07(水) 14:22:18|
  2. 音の比較/技術解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13
<<これがほしくなってきた。 | ホーム | 大発見!: SDカードやHDDの音楽ファイルのデータを改善してくれる: Rewrite data 1.05>>

コメント

USB Audio を変更して、試聴環境を
Win7 + EMU0404 USB + foobar2000 + MDR-7506 にしてみましたが、HDD 上では Rewrite 前後の音の違いは私にはやはりわかりませんでした。
耳が悪いだけの話かもしれませんが...
  1. 2015/01/09(金) 22:55:46 |
  2. URL |
  3. kei #-
  4. [ 編集 ]

ver.1.11がリリースされました。マニュアルには、効果は徐々に薄れて行くので再度Rewrite dataを適用することが推奨されています。
  1. 2015/01/09(金) 20:21:20 |
  2. URL |
  3. MINORISUKE #Vq2IlZO6
  4. [ 編集 ]

WindowsのコマンドプロンプトからDOSのCOPYコマンドで
HDドライブからSDカードにコピーしてみました。
悪くは無いです。
手軽さから「Rewrite Data」「CDリッピングでSDカード書込み」
音は「DOSのコピーコマンド」の3方法での音の違いは微妙で
私の耳では判断が難しいです。
  1. 2015/01/09(金) 15:30:24 |
  2. URL |
  3. tsdoctor #-
  4. [ 編集 ]

失礼しました。表現の仕方がまずかったようで
リッピングソフトの保存先をSDカードに変更しただけです。
「RipAudiCO アプリケーション」や「Exact Audio Copy」
WAV、MP3、WMA、ORG 変換と気楽に使える「RipAudiCO アプリケーション」がメインです。
疲れたので、一休みします。(^^ゞ
これから秋葉に改造部品の購入に行ってきます。
やはり、DC-DCコンバートは音が悪いので諦めました。
  1. 2015/01/09(金) 08:55:13 |
  2. URL |
  3. tsdoctor #-
  4. [ 編集 ]

tsdoctor さん
へー、そういう方法がありましたか。。。
直接リッピングとはどうやるのでしょう?
  1. 2015/01/08(木) 22:33:47 |
  2. URL |
  3. Cocoぱぱ #-
  4. [ 編集 ]

CDリッピングで直接SDカードに書込んでみて比較してみました。

結果)
1「Rewrite Data」で変換:無難な方法
2「CDリッピング」で直接 SDカードに書込み:「Rewrite Data」と遜色ない?
3「FastCopy」でSDカードにコピー:一寸うるさい
4「エクスプローラー」でSDカードにコピー:悪い音が直ぐわかる

無難なのは「Rewrite Data」と言う結果ですが、CDリッピング直SDカードも選択
  1. 2015/01/08(木) 10:41:52 |
  2. URL |
  3. tsdoctor #-
  4. [ 編集 ]

keiさん、解析よろしくお願いいたします。
FastCopyもAPI使用ですか、ますますわからなくなります。
PCの性能で変わる? こりゃーオカルトだね。。。
  1. 2015/01/08(木) 09:25:03 |
  2. URL |
  3. tsdoctor #-
  4. [ 編集 ]

いやいや、これ以上は推測するしかないです。
Win 版と linux 版で効果が同じなのかどうかもわかりませんし。

でも、FAT のアロケーションから推測した、「コピーして元ファイルを消しているらしい」というのは当たっていたのかと思います。それくらいですね。

そもそも、私は再生環境がないので音を聞いていないのです。(SD カードプレイヤーという意味では)

それも申し訳ないと思い、Win7 + US-144mkII + (Lilith || foobar2000) + MDR-7506 という簡易環境でHDD上の音楽を聴き比べてみましたが、私には差がわかりませんでした...(HDD 上での Rewrite 前後)
  1. 2015/01/08(木) 00:16:09 |
  2. URL |
  3. kei #-
  4. [ 編集 ]

Keiさん
楽しみにしています。:-)
  1. 2015/01/07(水) 22:07:24 |
  2. URL |
  3. Cocoぱぱ #-
  4. [ 編集 ]

こんな感じです。

strace のログは長いので、関係すると判断したものだけ残して他は削除しています。// で注釈をつけています。

% ls src/ dst/
dst/:
src/:
fo
% cat src/fo
abcd
% strace ./rewrite -r -s ./src/ -d ./dst/
// src ファイルをオープン
open("./src/fo", O_RDONLY|O_LARGEFILE) = 3
// dst テンポラリファイルを生成
open("./dst/787241316989", O_RDWR|O_CREAT|O_TRUNC|O_LARGEFILE, 0666) = 4
// src から読み出し
read(3, "abcd\n", 131072) = 5
read(3, "", 126976) = 0
read(3, "", 131072) = 0
// dst テンポラリファイルの先頭にシーク
_llseek(4, 0, [0], SEEK_CUR) = 0
read(3, "", 131072) = 0
// dst テンポラリファイルに書き込み
write(4, "abcd\n", 5) = 5
// dst テンポラリファイルをクローズ
close(4) = 0
// dst テンポラリファイル を再度リードモードでオープン
open("./dst/787241316989", O_RDONLY|O_LARGEFILE) = 4
// src ファイルの先頭にシーク
_llseek(3, 0, [0], SEEK_SET) = 0
// dst テンポラリファイルを読み出し
read(4, "abcd\n", 131072) = 5
// dst テンポラリファイルを読み出し、でももう空っぽ
read(4, "", 126976) = 0
// src ファイルを読み出し
read(3, "abcd\n", 131072) = 5
read(3, "", 126976) = 0
// dst テンポラリファイルを読み出し、でももう空っぽ
read(4, "", 131072) = 0
read(4, "", 131072) = 0
// src, dst テンポラリファイルをクローズ
close(3) = 0
close(4) = 0
// dst テンポラリファイルを dst ファイルにリネーム
rename("./dst/787241316989", "./dst/fo") = 0
  1. 2015/01/07(水) 21:38:36 |
  2. URL |
  3. kei #N/7Pc.D2
  4. [ 編集 ]

FastCopyのソースを見る限り、書き込みの本体は Win API の WriteFile()ですね。

Rewritedata の Linux 版(バイナリ)が公開されているので strace の結果を眺めているところです。
後ほど時間が取れたらわかったことを書きます。
  1. 2015/01/07(水) 20:49:13 |
  2. URL |
  3. kei #N/7Pc.D2
  4. [ 編集 ]

デジタルICには「0と1」を決める電圧範囲があり、3.3VのICでは
0は0.8V以下、1は2.0以上とかと各ICの規格で定められております。
(スレッシュホールド電圧とも呼ばれている)
また、CPU周辺のデータバスにも、命令におけるデータ移動にも(Bitデータ)の
波形に遅延や立上がりや立下りの劣化が生じ、Bitデータ幅(データ保持時間)も変化。

OSのキャッシュによる影響(読書きやマルチスレッドなどゴッチャ)があり
Rewrite Dataは、HDやOSのキャッシュを無効にして、独自の読書き別々の
個別キャッシュで処理しているようです。
WindowsのAPIやOSのキャッシュを利用しないソフトがよさそうな感じです。
私は、Windowsの標準ソフトは信用していません(OS自体、DLLも)
(デジタルでも波形がふらつく要因は結構あります)

以上の内容が書込みソフトでどう変化するのかヒントになるのか?
(オカルト的な要素なので、あまり考えすぎるとハマりそうで疲れます
  1. 2015/01/07(水) 18:29:05 |
  2. URL |
  3. tsdoctor #-
  4. [ 編集 ]

私もDSD64音源をJRMC20+JPLAYで比較してみました。Rewrite dataの方が静寂さ、深みの点で好みでした。
  1. 2015/01/07(水) 17:46:58 |
  2. URL |
  3. MINORISUKE #Vq2IlZO6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puredigital.jp/tb.php/1088-e799c84f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cocoパパ

Author:cocoパパ
 30年前の本当に楽しかったオーディオを取り戻しませんか?自分でいろいろなことをやってみて、どんどん良い音を探していた楽しいオーディオを。最近は色々な技術がメーカーのノウハウになってしまって、ちっともオーディオがたのしくありません。自分で作り上げられる楽しいオーディオを取り戻しましょう。


また、
オーディオは総合技術・芸術だと思っています。スピーカー、アンプ、音源(PCやD/Aコンバータ)、電源、部屋、音楽など全てがうまく整って初めて良い音で鳴るようになります。一朝一夕に実現出来ることではありません。


つまりオーディオほどハードルの高い趣味は無いと思います。車と違い、いくらお金を出しても買ったとたんに良い音がでることはまずありません。いかに使いこなすかは買った人ががんばるしかありません。そんな事に役に立つノウハウを書いていけたらと思っています。
  
ここでは、私が知ったいろいろなノウハウを公開したいと思っています。

FC2カウンター

カテゴリ

システム解説 (294)
アンプ (140)
真空管アンプ (99)
クロスオーバー (60)
スピーカー (87)
ノウハウの集大成 (37)
ポリシー (38)
電源回路/アイソレーション (58)
音の比較/技術解説 (45)
Voyage (23)
ケーブルなど (19)
その他 (41)
音楽ソース (15)
SDトランスポート (29)
再生ソフトなど (12)
ジッターについて (42)
蓄音機 (6)
アナログ (4)
独言 (5)
周波数特性測定 (8)
車 (2)
未分類 (15)
企画倒れシリーズ (1)
FireFace (9)
DAC (116)
直感アンプ塾 (28)
ヘッドホン (24)
ネットオーディオ (91)
クロック (48)

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード