Pure Digital Audio

デジタルオーディオ、ホーンスピーカー、真空管アンプによるピュアオーディオシステム

電源グランドの改善策のまとめ

一般的なシングルボード回路の電源はこうなっている。
なので、グランドをベタなプレーンにして流れる電流の影響を抑えるようにしなさいというのが一般的なノウハウである。

シングルボードのグランド

しかし、いくらグランドをベタにしたって信号グランドと電源グランドがコモンになっていて多数の回路の電流が流れたらまずいんでないの?

やっぱ、信号グランドと電源グランドは極力分離しないと。。。

電源Gndの改善策

この方式の扱いやすい点は、電源グランドの引き回しがあまり太い線でなくても良いし、長い距離を引っ張っても影響が少ないようだ。電源回路のグランドがフロートしてるから、大きなグランドループになることがないからでしょう。

さらに電源電流が信号グランドに影響するのを極力避けるためには、各段の電源インピーダンスを極力下げる必要があるから、コンデンサーアレーが有効なんじゃないかな。

また、信号の伝送が差動になっていて、グランドとは関係が無い様にすれば音が良くなるように考えられるが、実際やってみると良くないね。ジッターに対しては逆効果だからだと思う。

オーディオメーカーはこんな電源には出来ないでしょうから、アマチュアの出番ですね。

いままで、色々なOPアンプの音を試してみて、全く期待していないんだけど、この電源方式でOPアンプ一個一個に完全分離の電源を備えれば音が変わるかもね。。。音の良いOPアンプと言うのは実は電源の影響を受け難いOPアンプなのかもしれない。


  1. 2014/11/24(月) 00:43:19|
  2. DAC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<MingDa MC368-BSEの抵抗をRSN2S、RSN1Sに交換 | ホーム | 真空管アンプの抵抗交換>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puredigital.jp/tb.php/1072-6a1b12a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cocoパパ

Author:cocoパパ
 30年前の本当に楽しかったオーディオを取り戻しませんか?自分でいろいろなことをやってみて、どんどん良い音を探していた楽しいオーディオを。最近は色々な技術がメーカーのノウハウになってしまって、ちっともオーディオがたのしくありません。自分で作り上げられる楽しいオーディオを取り戻しましょう。


また、
オーディオは総合技術・芸術だと思っています。スピーカー、アンプ、音源(PCやD/Aコンバータ)、電源、部屋、音楽など全てがうまく整って初めて良い音で鳴るようになります。一朝一夕に実現出来ることではありません。


つまりオーディオほどハードルの高い趣味は無いと思います。車と違い、いくらお金を出しても買ったとたんに良い音がでることはまずありません。いかに使いこなすかは買った人ががんばるしかありません。そんな事に役に立つノウハウを書いていけたらと思っています。
  
ここでは、私が知ったいろいろなノウハウを公開したいと思っています。

FC2カウンター

カテゴリ

システム解説 (291)
アンプ (140)
真空管アンプ (99)
クロスオーバー (60)
スピーカー (87)
ノウハウの集大成 (37)
ポリシー (38)
電源回路/アイソレーション (58)
音の比較/技術解説 (45)
Voyage (23)
ケーブルなど (19)
その他 (40)
音楽ソース (15)
SDトランスポート (29)
再生ソフトなど (12)
ジッターについて (42)
蓄音機 (6)
アナログ (3)
独言 (5)
周波数特性測定 (8)
車 (2)
未分類 (15)
企画倒れシリーズ (1)
FireFace (9)
DAC (114)
直感アンプ塾 (28)
ヘッドホン (24)
ネットオーディオ (91)
クロック (48)

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード