FC2ブログ

Pure Digital Audio

デジタルオーディオ、ホーンスピーカー、真空管アンプによるピュアオーディオシステム

D/Aコンバーターの評価項目

D/Aコンバーターを評価するときに何が重要か考えてみた。

(1)アナログ要素

  D/Aコンバーターチップ以降のアナログ回路や、電源回路、シールドなどアナログに
  関する要素。

  判りやすい例として、MHDT社のHAVANAはバッファ回路に真空管を使っている。
  また、スイッチング式のACアダプターを使っている物などは論外でしょう。。。

(2)D/Aコンバーターチップのコンバージョン方式

  デルタシグマ方式や1ビット式はチップの生産コストを安く出来るが、音はいまいちだという
  話がある。D/A変換自体に時間軸の要素が加わっているかららしい。

  そうではないR2R式など単純な構造のチップの方が音が良いらしい。ただしそういうチップは
  抵抗値の調整にレーザートリミングが必要で、コストが高くなる。バーブラウンのチップ
  PCM56やPCM1704が音が良いと有名。

(3)オーバーサンプリング

  標準的なD/Aコンバーターは8倍オーバーサンプリングの物がほとんどだが、
  ノンオーバーサンプリングの方がよいという話がある。PCM56はノンオーバーサンプリング。
  (要するに非常に古く原始的D/Aコンバーターチップだという事) PCM1704は
  8倍オーバーサンプリング。
  オーバーサンプリングするとローパスフィルターが簡易ですむためコストが安くなる。

  MHDTのHAVANAはノンオーバーサンプリングで、バッファーを真空管にしてフィルターしている。

(4)DAI回路

  SPDIF信号をD/Aコンバータチップが受け付けられるI2Sなどの信号に変換。
  SPDIF信号はデータ信号だけなので、そこから同期のためのクロック信号も生成。

  この回路でSPDIF信号のジッターが抑えられるかがキーポイント。
  クリスタルのCS8416やTIのDIR9001が有名。

  CSシリーズは192KHzまで対応だが水晶振動子を持たないフリーラン型のPLLだから
  私はあまり信用できない。入力信号にジッターがあってもそれに追従してしまうのではないか?
  基準となる水晶振動子を持たないのだからそうなるしかないはず。

  DIR9001は水晶が付けられる。スペック上ジッターが50PS以下だから良いという話があるが
  私はそれは信用していない。もしDIR9001が水晶振動子の周波数を元に元信号に
  ジッターがあってもジッターを補正するように働いて出力を出すなら素晴らしい設計だと思う。
  もしそうでないなら、リクロックなどしてI2S信号を生成するべき。高級なD/Aコンバーターは
  そうしている。DIR9001は96KHzまで入力信号に対応。

  こんな回路もあるようだ。

(5)PCのUSB端子からD/Aコンバータに繋ぐまで

  最近はD/Aコンバータ自体がUSB回路を持つ例が増えている。だが問題はその内部回路が
  デジタル信号のジッターを抑えるようにきちんと設計してあるかどうか??
  非常に怪しいと思う。そういう意味でUSB回路内臓のD/Aコンバーターを買うのは危険だ。
  一部のD/AコンバーターはD/AするクロックをSPDIF信号によらずに持っている。
  そういうものでないと危ない。

  D/Aコンバーターに同期用のワードクロックを入力できればすべての回路がそれに
  同期して動くからジッターの問題は無いはず。だが、数百万円単位のものもあり。
  私はそんな法外なコストをかけるのは間違っていると思うし、きちんと設計すれば
  そんな必要はないはず。

  残念ながらHAVANAのUSBインターフェースはあまり音が良い物ではない。
  したがって、SPDIF入力を使う。hiFace EVOを使ってSPDIF信号を
  作りHAVANAに入力すると素晴らしい音で鳴る様になった。
  残念ながら内部でリクロックしたりはしていないようだ。


MHDT社のHAVANAは極力複雑な方式をとらず、シンプルな(原始的)方法で
解決する方法をとっている。私は好きだし、音も良いと思う。

  1. 2010/11/23(火) 22:21:36|
  2. システム解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<D/Aコンバーター研究 | ホーム | D/Aコンバーターについて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puredigital.jp/tb.php/106-65aad153
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cocoパパ

Author:cocoパパ
 30年前の本当に楽しかったオーディオを取り戻しませんか?自分でいろいろなことをやってみて、どんどん良い音を探していた楽しいオーディオを。最近は色々な技術がメーカーのノウハウになってしまって、ちっともオーディオがたのしくありません。自分で作り上げられる楽しいオーディオを取り戻しましょう。


また、
オーディオは総合技術・芸術だと思っています。スピーカー、アンプ、音源(PCやD/Aコンバータ)、電源、部屋、音楽など全てがうまく整って初めて良い音で鳴るようになります。一朝一夕に実現出来ることではありません。


つまりオーディオほどハードルの高い趣味は無いと思います。車と違い、いくらお金を出しても買ったとたんに良い音がでることはまずありません。いかに使いこなすかは買った人ががんばるしかありません。そんな事に役に立つノウハウを書いていけたらと思っています。
  
ここでは、私が知ったいろいろなノウハウを公開したいと思っています。

FC2カウンター

カテゴリ

DMX(デジタルミキサー) (33)
システム解説 (332)
アンプ (147)
真空管アンプ (109)
クロスオーバー (60)
スピーカー (87)
ノウハウの集大成 (37)
ポリシー (38)
電源回路/アイソレーション (66)
音の比較/技術解説 (45)
Voyage (23)
ケーブルなど (19)
その他 (42)
音楽ソース (15)
SDトランスポート (31)
再生ソフトなど (12)
ジッターについて (42)
アナログ (6)
独言 (5)
蓄音機 (6)
周波数特性測定 (8)
車 (2)
未分類 (19)
企画倒れシリーズ (1)
FireFace (9)
DAC (137)
直感アンプ塾 (28)
ヘッドホン (25)
ネットオーディオ (91)
クロック (48)

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード