Pure Digital Audio

デジタルオーディオ、ホーンスピーカー、真空管アンプによるピュアオーディオシステム

ヘッドホン用分圧回路

一般的な低インピーダンスヘッドホン(高能率)を、一般的なパワーアンプ(高ゲイン)につなぐには、どうしても出力側に分圧回路が必要になる。もし分圧しないで直結すると高ゲインなのでノイズが大きすぎてとても荒っぽい音になってしまう。

高インピーダンスのヘッドホン(低能率)なら直結でも問題ないが、私の知る限り低インピーダンス型のほうが音の制動力が強くて良い様に感じている。

一般に市販されているヘッドホンアンプはその辺は考えられている(低ゲインでインピーダンスの影響を受けにくい回路)のであろうが、いかんせん小型で軽量なものが多い。私はパワーアンプの音は重量に比例すると思っているので、やはり一般の重量級パワーアンプを使うしか考えられない。

私は今まで抵抗で分圧していて、下記の方法ならかなりよい音が得られていた。
しかしそれでも直結の場合に比べると音の伸びやかさが失われる傾向があり、対策が必要だなと思っていた。

一般のアンプにヘッドホン

最近やっとそれの対策を思いついた。スピーカー用のトランス式アッテネーターを使う方法。下記の方から購入することにした。特性も良いようだし、大きさも結構大きいので、低域特性も良いのではないかと思う。ただ、本来の用途と違うので、ちょっと心配なところもあるが。まあ、いずれにしてもスピーカーにも良いアッテネーターが必要だったので、そっちで使っても良いし、とにかく実験だ。明日には届くそうなので、どうなるか楽しみだ。

    ネットワーク用アッテネータ

これを使えば、ヘッドホンに直列に抵抗が入らないから音が繊細になり、低域の歯切れが良くなるるのではないかと期待している。


  1. 2014/08/27(水) 22:58:24|
  2. ヘッドホン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<トランス式アッテネーター | ホーム | AKG K812>>

コメント

ARITO@伊吹南麓さま
こんばんは。書き込みありがとうございます。
つないで鳴らしてみましたが、特に問題なく低域から高域まで鳴っています。記事にしたとうりで若干おとなしめですが、聞きやすい音です。エージングでもう少しメリハリのある音に変わるような気もします。
  1. 2014/08/28(木) 22:31:28 |
  2. URL |
  3. Cocoぱぱ #-
  4. [ 編集 ]

初めまして

大竹さんより情報いただいて、拝見しております。
お買い上げいただきましたアッテネータトランスの
設計者です。 
 
このような使い方は全く想定してはいませんでしたが、
10V/20Hzを入力した場合で、真空管用OPT
でしたら定格の磁束密度くらいですので、コアの
飽和までには余裕があります。 この時、減衰量が
-19dBのタップを使った場合でも35Ωのヘッド
フォンでしたら約36mW(約1.12V)の入力と
計算できますので、恐らく問題無いのではないかと
思います。
音質は、ご満足いただけるかどうか不安ですが...
  1. 2014/08/28(木) 16:12:52 |
  2. URL |
  3. ARITO@伊吹南麓 #OpsRyiRw
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puredigital.jp/tb.php/1032-1f71996d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cocoパパ

Author:cocoパパ
 30年前の本当に楽しかったオーディオを取り戻しませんか?自分でいろいろなことをやってみて、どんどん良い音を探していた楽しいオーディオを。最近は色々な技術がメーカーのノウハウになってしまって、ちっともオーディオがたのしくありません。自分で作り上げられる楽しいオーディオを取り戻しましょう。


また、
オーディオは総合技術・芸術だと思っています。スピーカー、アンプ、音源(PCやD/Aコンバータ)、電源、部屋、音楽など全てがうまく整って初めて良い音で鳴るようになります。一朝一夕に実現出来ることではありません。


つまりオーディオほどハードルの高い趣味は無いと思います。車と違い、いくらお金を出しても買ったとたんに良い音がでることはまずありません。いかに使いこなすかは買った人ががんばるしかありません。そんな事に役に立つノウハウを書いていけたらと思っています。
  
ここでは、私が知ったいろいろなノウハウを公開したいと思っています。

FC2カウンター

カテゴリ

システム解説 (294)
アンプ (140)
真空管アンプ (99)
クロスオーバー (60)
スピーカー (87)
ノウハウの集大成 (37)
ポリシー (38)
電源回路/アイソレーション (58)
音の比較/技術解説 (45)
Voyage (23)
ケーブルなど (19)
その他 (41)
音楽ソース (15)
SDトランスポート (29)
再生ソフトなど (12)
ジッターについて (42)
蓄音機 (6)
アナログ (4)
独言 (5)
周波数特性測定 (8)
車 (2)
未分類 (15)
企画倒れシリーズ (1)
FireFace (9)
DAC (116)
直感アンプ塾 (28)
ヘッドホン (24)
ネットオーディオ (91)
クロック (48)

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード